<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お菓子】今までで一番残念なお菓子を頂いた日

いつのお話かは、シークレットにしておきますm(__)m

私は今まで「不味い」という表現を極力控えて来ました。
自分の料理であったり、嫁の料理であったり、特別親しい友人が一か八かで作ったものであったり、そういう時は面白くする為にわざと使ったりしますが、一般のお店の食べ物や売り物に対して「不味い」と言ったことは(もしかすると有ったかも知れませんが)ほとんど無いと思います。

しかし…

今回ご紹介するお菓子にはビックリしました(ハッキリ言うと何かバレる心配が有りますので「お菓子」とだけ書きます)。
これはお客さん(某市の地主)から頂いたもので、多分どなたかから頂いた物の横流し(この辺では販売していなくて、通販だとしても日にちが間に合わないという理由によります)。
本当はちゃんと美味しくて、このお客さんが温度管理もせずにずっと起きっぱなしにしておいた可能性も有るということは、付け加えておかなければいけませんね(;^_^

出来ればブログでは、「美味しかった」というお話だけしたいんですけど(笑)
今回はちょっと我慢の限界が来てしまいまして…
お菓子なのに、サクッともパリッともせず、噛むとモサーッとして、味が薄い。
最初から最後まで何のインパクトも無く、ただ口中の水分を持って行き、飲み込みたくないんだけど、かと言ってこのまま口に入れておくのは勘弁して欲しいし、最終手段として目の前に有る何でもいいから水分で流し込むという…とにかく「良い部分」を探しても見付からなかったわけですね。

そのお菓子が、こちら。

とてもじゃないけど食べられないお菓子

いや~もぉ~これ以上は載せられませんm(__)m
昔「冷蔵庫の嫌な臭いが染みついていて食べられなかったマカロニサラダ」っていうお話をしましたけど、今回はそれ以上に見たら解っちゃいますので。

こういう、格好だけ(見栄え重視)の商品が普通に売られているんですね。
確かに安いんですよ。
安くて箱が大きくて包装が美しい。
でも美味しくない(×_×;)
行く行くこんな商品ばっかりになったら、正直頂く側は良い気はしませんよねぇ。

うちのような貧相な会社でも、景気の良い時はお中元・お歳暮が二桁来ていたわけです。
ほとんどがコーヒーでした(値引率がいいから)。
私も子供達もコーヒーは飲みませんし、嫁一人がたまに飲むだけですから、なかなか減りません。
その頃は、半分以上処分していました。
勿体ないけれど、私がコーヒーを頂いてもゴミになっちゃうんですよね(^-^;

それが数年続き、本当に勿体ないと思ったので、私は正直に先方に言いました。
「うちはコーヒーを飲まないですし、毎回送って頂く負担も大きいと思いますので、次回からお中元・お歳暮は結構です」と。
嫌味なんかで言っているんじゃないんです。
捨てるのは本当に勿体ないし、うちの会社が仕事を出しているからといって、毎年2度も贈り物を贈って来るのは向こうも辛いです。

私は、出した仕事をきちんと仕上げてくれればそれで良いわけで、送り先が使うかどうかの品物を送るなんて、逆の立場だったら面倒ですよ。
「その分、見積りを下げて出しますので、宜しくお願いします」と言うでしょう。
その方が先方も有難いはず。
そこで、「お前のとこはお中元もよこさないのか」なんて言って来るチンケな会社とはお付き合いしたくないです。
どうせ先々トラブルになるに決まっていますからね。

年賀状も、止めようという風潮になって来ていますね。
この際、お中元・お歳暮も止めたら良いのではないでしょうか。
2回分で、5000円×2=10000(税抜)を贈り物に掛けるならば、その分安く仕事をするようにすれば元請け側も現金で得をするわけですから、その方が良いはず。
食べるか食べないか、使うか使わないか解らないものを送り付けるのはナンセンスでしょう。

これだけギフト商品のレベルが落ちて来ているのですから、こういう考えも「アリ」じゃないでしょうかねぇ。
もしかすると本当は質が落ちていなくて、送る側の知識が乏しいだけかも知れませんけど。

贈り物って難しいなぁ~って思います。
関連記事


| 和菓子・洋菓子 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/970-86c23f06

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>