<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【我が家の食卓】釣った魚で晩ご飯

先日、娘が釣りに行って来ました。
若いくせに(?)釣り好きでございまして、小さい頃「手始めに」とハゼ釣りに連れて行ったわけですが、ハマったのはお兄でも、勿論インドアな嫁でもなく、娘。
その後娘と二人でボート釣りなんかもしまして、仕事の関係で空いている時間が合わなくなり、それっきりになっていました。

一時期は釣りにも懲りましてね。
父の前の家を整理する時に、「もうやる機会は無いかな」と釣り道具をほとんど処分しまして、今はルアー用の竿が2本有るだけです。
釣りが好きな人にしか解らないかも知れませんが、何が面白いったって、魚が釣れるのが面白い(当たり前だ)。
魚が餌に食い付いた時に上手く合わせ、のったらバレないように手元まで持ってくる。
書くのは簡単だけど、これが結構難しい。
その難しい作業を難無くこなし、良い型をゲットした時の感動は忘れられないでしょうね。

えぇ、私はまだ良い型を釣り上げたことが有りません(爆)

だって、私が好きなのは「サヨリ釣り」ですから(笑)
大きくても30センチ位、最大で40センチ程度ですからね。
それでも釣り味はいいんですよ。
あんなホッソホソの体でも結構引きますしね。
ま、もう釣りに行く機会も無いでしょうから、このお話はこの辺で止めますが。

そんな釣り好きな娘が、鯵を釣って来ました。
おまけで、鯖も。
というか、おまけの方が型が良かったりして(40センチオーバー)。
鯖はシメサバと鯖味噌にし、今回は鯵のさばき方を娘に伝授することにしました。
「伝授」ったって、私は誰にも教えてもらったことがなく、自己流ですけどね。

まず私が説明しながらおろして、その後娘にやらせます。
包丁の持ち方がなってない(笑)
鯵切り包丁は磨いだばっかりなので、鯵も切れるけど指も切れます。
左手の添え方も一緒に伝授(^^;

おろしたら、まず娘に刺身で食べさせる。
私もついでに食べる。
をぉっ!
鯵の味が濃厚で美味しい!!(≧∀≦*)
さすが数時間前に釣り上げた魚ですねぇ。
身がしっかりしていて、噛み応えが有ります。

そいつを使いまして、まずはなめろう。

釣った魚で晩ご飯
娘作 鯵のなめろう

ま、初めて作ったにしちゃ~まあまあな出来でしょうか。
ノロノロ作っていると身が温まっちゃいますからね。
チャチャッと作らなきゃなりません。

しかし…
「料理は味見が大切」
と、言ってしまった為に、娘の味見が多すぎる(;^_^A
3分の1は味見で無くなったんじゃないだろうか…

そして我が家定番の、鯵の南蛮漬け。

釣った魚で晩ご飯
娘と私共作(ほとんど私) 鯵の南蛮漬け

嫁もよく南蛮漬けをやるんですが、スーパーから小アジを買って来て頭ごと作るもんで、食べるところがほとんど無いのが悲しいんですね(かと言って、中型は高くて手が出ないし)。
「良く揚げ」で作るんで頭ごと食べられるにしても、鯵の頭なんかそんなにたくさん食べたいもんじゃありません。
海老の頭ならまだしも、鯵の頭は…
ということで今回は贅沢に、身だけの南蛮漬けにしてみました。
これだと母も食べられるかも知れないのでね(^^)

結局、魚嫌いの母は食べやがりませんでしたけど(ーー;)

本当は息子も食べに来るはずだったんだけど、急な出張が入って来られず。
翌日、残しておいた鯖の味噌煮を食べましたとさ。
めでたし、めでたし。

「もっと色々な料理を」なんて考えも有ったんですけどね。
また行くらしいし、初回なので定番が良いかなと。

料理好きにとって、食材が豊富に有るというのは嬉しいものです。
見ただけでニヤニヤしますもの。

「こいつをどうやって酒のお供にしてやろうか」
これしか考えていません(マテ

皆様、肝臓を大切にm(__)m






「釣る」のもいいけど、たまには「釣られる」のもいいです。

Twitterで仲良くさせて頂いている「がりがりまこりんさん」の、昼食に蕎麦を食べたというツイートを拝見しまして、モーレツに蕎麦が食べたくなりました。
完全に釣られましたよ、アタクシ(^^;

昼食 - 肉つけそば

帰宅して、豚肉・玉ねぎ・エノキ・おまけのお麩でつけだれを作り、蕎麦を2人前頂きます。
「大盛禁止令」が出ているので、大盛は止めて2人前にしました。

え?
2人前の方が多いんじゃないかって?

それはそのお店によりますでしょう \(--;)ナンデヤネン
関連記事

| 我が家の食卓 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/943-3c2c7ebe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>