<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【パン】石窯パン工房サンメリー柏酒井根店

数年前に周囲のお店(マツキヨ等)と一緒に出来てから、宿題のままでした。

石窯パン工房サンメリー柏酒井根店

開店して間もなく、嫁と娘が奥のレストランに行きまして。
帰ってから感想を聞くと「うん、普通に美味しかった」とのこと。
嫁はパン好きですから、そこを差し引くと「中」の枠内なんだな~と把握し、そう把握してしまったが為に宿題のまま。
というか、「石釜パン」というのがあちこちに有りすぎて、入ろうっていう気にならないというのが本当のところです。
美味しいんでしょうけど、そのお店が出来すぎると気持ちが萎えて来ません?
あ、私だけですか(^^;

16時過ぎで、パンはほとんど有りません。
確かここって19時まででしたよね?
この後のお客さん、ほとんど買うものが無いんですけど…(;^_^A

石窯パン工房サンメリー柏酒井根店

お酒のお供的なパンと、母の好きなクリームパンを購入したかったので、このチョイス。
クリームパンは残っていましたが、焼き加減が強めで硬かったので購入しませんでした(母が好きなのはフワフワ系)。
残っているパンを見て感じたのは、全体的に値段が高いということ。
見た目と値段を比べると、我が家的には最低でも10円程度高い。
食べると20円程度高い感じがします。
というのも。

このベーコンエピ、ほとんどベーコンが入っていないんですよ。
思っていた半分程度です。
ひとかたまりに極小さなベーコンが2枚だけ(この表現で解ります?)。
パンはほとんどのお店で同じものを買うので、どうしても比較するようになっちゃうんですけどね。
こんなにベーコンが入っていないベーコンエピは初めてかも知れませんねぇ。
上から見てもベーコンがほとんど見えてないんだもの(T_T)

それと、端の部分のベーコンも無ければチーズもない部分ですが、パンに味が有れば無問題なんですけど、他店に比べて味が薄いような気がするんですよねぇ。
これ、いつ焼いたパンなんでしょうか。
焼きたてを頂けば違うんでしょうけど、時間が経ったものはちょっと我が家には辛かったような気がします。
もう少しスパイスでも利いていれば頂けたとは思うのですが。

あと、いつの間にか奥のレストランが「星乃珈琲店」になっていますね。
これも良く見る名前です。
石釜系列と何か関係有るのかも知れませんね。

【石窯パン工房サンメリー 柏酒井根店】
住所 千葉県柏市酒井根2-2-2
電話 04-7175-7531
時間 8時~19時
定休日 無休
駐車場 有り




母にクリームパンを購入するつもりだったので、石窯パン工房の帰りにベーカリーモールへ。

石窯パン工房サンメリー柏酒井根店

同じ時間で、こちらのクリームパンはフワフワ(o^_^o)

あ、これはお店の考え方によりますので、良い・悪いではないということを書いておきますね。
焼き加減が強めのお店も有れば、私の好きな焼き色弱めのお店も有ります。
これは「どういうパンを提供するか」というお店側の考え方ですので、好みな方をお客さん側が選択すれば良い話だと思います。
ですから、ドイツパンを目指すZopfさんは好きですが、そっち系は買わずにフワフワのパンだけを選択します。
ハード系でないパンも美味しいからです。
ハード系しか作らないというお店には行きません。
パン生地が美味しく感じないお店には行きません。
自分が好きだと思えるお店をチョイスすれば良いと思っています。

しかし相変わらずベーカリーモールは余るほど焼きますねぇ(笑)
くわまん店長さん(嫁がそう呼んでいます)が、作りすぎの方なんでしょうか。
私、そういう「やりすぎ」の人って大好きです(^^)

いつものパンを購入。
いつも通り美味しかったです(≧∇≦)b

【ベーカリーモール-Bakery MALL】
住所 千葉県松戸市小金原6-5-22(小金原商店街内)
電話 047-342-9928
時間 9時~19時30分
定休日 日曜・祝日







最近のニュースをいくつか。

≫覚醒剤所持容疑:ASKA容疑者を逮捕

「火の無い所に煙は立たぬ」と申しまして。
今まで名前が出たのに捕まらなかった芸能人も含めて、そういうことだと思っています(想像)。
捕まってホッとしたんでしょうねぇ。
本心では、いつバレるかとビクビクしている生活から開放されたいと思っているらしいですから。
隠し通せるはずが無いですもんね。
大昔、何度か覚醒剤常習者と同席する機会が有りまして。
独特な臭いがするんですよ(特に口臭)。
嗅覚が優れている人には耐えられないような臭いが。

あれだけ素晴らしい曲を作り、そして歌って来たのですから、こんな事で台無しにするのは勿体ないです。
罪を償い、数年後にはすっかり立ち直った顔を見せて欲しいなぁ~と思います。
辛いでしょうけど、頑張って下さいm(__)m

そして、もうひとつはこれです。

≫「美味しんぼ」掲載に至ったワケ「雁屋氏の考え 世に問う意義ある」

美味しんぼ、途中まで買っていました。
「これは凄い人が出て来たなぁ」と思いましてね。
ここまで『食』に関して影響力の有る漫画って、他に無かったんじゃないでしょうか。
漫画にしては切り口が斬新だったと思います。
雁屋さんのエッセイも買って呼んでいました。

で、何巻からでしょうか、読み続けるうちに段々とその切り口に「?」と思うようになって来ました。
雁屋さんの主張には疑問点が多い。
あ、これ、極めて個人的な感想ですからね。
信じている人はそれで良いと思いますので。

今回の話でも、「数年間独自に調べたので嘘偽りでは無い」と言っています。
美味しんぼって昔からそうでした。
鋭い切り口は良いのですが、それが誰かの迷惑になるように話でも、平気で書く。
その根拠が曖昧でも、自分が信じていることは書く。
それが良さでも有りますから、それはそれでいいんですが。

『買ってはいけない』という本に出て来る人達と何ら変わらないと言いますか、ストレートに言いますと偏りすぎている感がするんです。
ちなみに私は『買ってはいけない』も『「買ってはいけない」は買ってはいけない』も、その他食の安全性に関する本は興味が有って結構読んだつもりですが、読めば読むほどこの世の中に安全なものは無い気がしてきますし、安全だと言われているものだけをチョイスして生きるには、私の倍は稼がないと生活が出来ません。
それに、あの本のように危険なものばかりだったとするならば、貧乏暮らしが長かった我が家の人間はとっくに死んでいます。
両親4人共70歳過ぎて健在なんて有り得ないですから。

そういう理由も有りますが、もっとガッカリしたのがテレビ番組。
もう少し清潔そうな人なのかと思いきや、髭を蓄え、その喋り方も私の想像していた感じではなく、ラーメンを作っていたんですけど、その出来映えも(個人的には)美味しそうなものでは無かったんですね。
それを見て、どうやら私は雁屋さんという人を勝手に想像上で自分の好みの方向に膨らませすぎてしまったらしいということに気付いたわけです。
そこは私が悪い。

彼の発言は、思想的と言いますか、宗教に近いような感じがしたのも、美味しんぼを買わなくなったひとつの理由ですねぇ。
「体に悪いものが入っていなければ、それは美味しい」という彼の意見に、私は同調出来なかったということです。

「美味しいと思う」や「イマイチだった」は、個人の好みですから仕方のないこと。
しかし「安全かどうか」に関しては、結論が出そうで出ないことなんです。
「液体の入った試験管に指示薬を入れて、酸性・アルカリ性を調べる」と言うならば、それはハッキリとした結論が出るでしょう。
しかし、「人体に対してどういう影響が出るか」なんていうことは、まず人体がハッキリと解明されていませんし、影響が有るとすればそれは人によって違うし年齢によっても違うわけで、そういう曖昧なものをネタにして議論をするなり答えを出すというのは無理と言って良いと思うんです。
逆に言うと、そこをネタにして「これは体に悪い」という言い方をするのは、誰にでも簡単に出来ることだと言えますね。
誰も「こうだから違う」と反論出来ないわけですから。

元々反権力主義だったり、思想的考え方が好きな方のようですから、そういう極端な意見の主張は当然と言えば当然なのかも知れません。
私はそういうことに全く興味が有りませんし、「安く・美味しく」がモットーですから、特別に作ったものを特別高い値段で購入するなんていうことは出来ませんし、しようとも思いません。
そんなものを追い求めたら、外食なんて出来なくなりますから。
「安全な食べ物のお店」は有っても、そこに行って高いお金を出して食べるなんて私の収入では不可能(そこにこだわったら安く出来るはずがないですもん)。
値段ばっかり気になって食べた気がしないから、精神衛生上良くないです(笑)

私は昨年カップラーメンを週4回ほど食べて体を壊しました。
じゃあ、カップラーメンは体に悪いのか。
カップラーメンが体に悪いのではなく(若干の悪影響は有っても)、それを毎日食べるということが悪いんだと私は思うんですよ。
今回は実験的にそうしたわけで、普通の食生活でカップラーメンを週4回以上食べる人はそれほど多くないでしょう。
私は、月に数回食べる分には特別な問題は無いと思っています。
しかし安全志向の人達というのは、「そんなにいっぺんに摂取しないでしょう?」というような数値を出して「これは害が有る」と言う。

「体に害が有る」じゃなくて、「美味しかった」や「自分の口には合わなかった」というコメントだけにしておけばいいのに、それじゃあジャーナリストとしてお金にならないんでしょうねぇ(^^;
関連記事

| パン・ケーキ | 22:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まあほら、所詮日レスだしw)

サフランだのパン・デ・モルデだの、みんな石窯は「しっとり」「必要以上に水分が蒸散しない」ともっともなこと書いてますけど、そんな石窯パン食べたことありません一度も。みんなバサッバサで味がない。と言うか最中の皮。



と言うか所詮スピリッツだし。20年前から読む漫画一本もない雑誌だったのに、未だにあったことのほうがびっくりw)
炎上商法でしか無いんだから、発行禁止にすればいいのに。

| trv | 2014/05/20 22:06 | URI |

Re: trvさんへ

> まあほら、所詮日レスだしw)

結局そこなんでしょうねぇ。
五右衛門も一度行っただけで、もう行くことないでしょうし…
最近よく「星乃珈琲店」見ますけど、ここの石釜パン工房も「オープン時は自分でやっていたレストランの売上げが悪いので星乃珈琲店に依託した」っていう話なんでしょうか。
私は「珈琲」と聞いただけで胃が悪くなりそうなので、もう名前だけでアウトなんですけどね(^-^;

> サフランだのパン・デ・モルデだの、みんな石窯は「しっとり」「必要以上に水分が蒸散しない」ともっともなこと書いてますけど、そんな石窯パン食べたことありません一度も。みんなバサッバサで味がない。と言うか最中の皮。

あ、石釜パンって本来はパサパサになるものなんですね?
じゃあ今流行のお店って…
ということは、以前北小金駅前に有ったパン屋さんが石釜だったら、それが正解ということなんですねぇ。
奥が深いです。

> 炎上商法でしか無いんだから、発行禁止にすればいいのに。

「極端なことを書く」というのが美味しんぼのウリですから、そこが無くなっちゃったらファン減るんでしょうね。
私はどうも、あの極端さが鼻に付いてしまいまして…それで買うのを止めてしまったんですけど。
それと、あの方のエッセイに載っている作り方で作ったラーメンがあまりにも口に合わなかったので、そこも気になりました。
檀太郎さん親子のように、レシピ通り作るとちゃんと美味しいって感じるものでないと、信用出来ないタイプなんですよ> 自分。

いくら濃く出汁を取っても、あのラーメンは無理でしたねぇ…

| たいちょ | 2014/05/21 10:18 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/922-fe6eda6a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。