<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】最近の回転寿司ランキング

(私個人の評価ですので話半分以下でお読み下さい)

「回転寿司はちょっと間を置きます」とはいえ、娘が来たら必ず回転寿司だし、両親が行きたいと言えば連れて行くし、どこか遠出をして回転寿司のお店しか入る所が無ければ入るし…
ということで、多分普通の人よりは食べています(笑)

「ランキング」なんていうのは性に合わないんですが、行く度に更新するほどの時間は現在無いので、楽な方法を取らせて頂きましたm(__)m

では早速百円寿司トップ3を(評価は極めて個人的なものです)。

【無添くら寿司】
相変わらずどの店舗に行ってもクオリティが一緒で、当たり外れが有りません。
「すしやの天丼」「イベリコ豚丼」や、ラーメンの種類も豊富に有り、サブメニューの楽しさを考えれば満足のラインナップ。
とにかく現在の百円寿司で一番ブレが少ないのがくら寿司ですね。
炙りもの等、ちゃんとした温度で出て来るので安心出来ます。
仕事が平均的に丁寧で接客も◎。

【北陸富山回転寿司かいおう】
県内3店舗と、まだ店舗数は少ないんですが、昼時に近くを通ったら入ってしまうと思います。
全体的なクオリティが(百円寿司としては)高く、今までハズレた日は有りません。
今の百円寿司で私が「イワシ」を食べるのはこの店だけ。
富山ならではの個性的なネタが有るのも特徴で、他の百円寿司と比べてネタが大きい皿が多いです。
ラーメンのレベルはちょっと落ちますが、メインではないので無問題。
近くに出来たら一番多く行くお店になりそうです。

以上の2店が同率一位です。

【魚卸回転寿司ダイマル水産】
一時は「(×_×;)」というほど落ちたものの、現在は元のレベルに戻りました。
タッチパネルが下の位置に有るのも嬉しいです(上部のタッチパネルは疲れます)。
個性的なネタも多いのですが、一時よりネタ数が減ったような気がします。
百円皿とその上の価格の皿の、どちらをメインにしたら良いのか考えあぐねているような気がします。
4月に系列店「磯のがってん寿司三郷店」に行った時には非常にガッカリしたので、このままどっち付かずの状況が続けばランク外にもなるという、現在微妙な位置だと思います(何とか三位ですが、上位との差はちょっと大きめ)。

ここからはランク外です m(__)m

【スシロー】
スシローが一位になる前までイチオシで応援していましたが、現在はランク外となっています。
とにかく店舗によって、日によっての当たり外れが激しく、一位になってからはハッキリと解るくらいネタが小さくなりました。
エビフライロール等のお気に入りメニューが無くなり、葛飾店で〆さばを残してから暫く間を置こうと思いましたが、両親の希望で(テレビ番組で絶品だと取り上げられた為)唯一ハズレ日の少ない松戸八ヶ崎店に本日行きました所、大きくハズレを引いてしまいましたので、残念ですが暫く足が向かないと思います。
ある時期から〆さばのクオリティがモーレツに落ちたのが悔しかったです。

【はま寿司】
こちらも当たり外れが激しいお店ですが、はま寿司松戸高塚新田店がオープンした頃は非常に安定していて、仕事も丁寧、接客もベスト、他店に無いネタが有るとお気に入りでした。
それから数ヶ月の間色々な方面で利用していたんですけど、ある時期からネタも仕事も下がり始め、4/26に行った松戸高塚新田店の接客には「?」と首を傾げる所が有りましたので、こちらも残念ですが暫く足が向かないと思います。

【かっぱ寿司】
回転寿司のハシリということで、昔は良く通っていました。
しかし他店があちこちに開店してからというもの、かっぱ寿司のクオリティが寂しく感じるようになってしまい、昨年食品以外のものが混入していた件で店長及び本部の対応に「?」と感じてしまった為余計に足が向かなくなり、今は年に1回程度になっています。
最終訪問日は14年2月22日。

【魚べい】
ここは評価が難しいです。
いわゆる「平均的」という感じでしょうか、良くも無ければ悪くも無い。
接客も丁寧ですし、カウンターの居心地も悪く無い。
もう少しメニューに個性が有ったり、ここならではのメニューが有ると評価が高くなるかも知れません。
4回ほどしか行っておりませんので、まだ様子を見させて頂いております。
百円寿司のジャンルで言えば「悪くない」です。

【すしおんど】
一時期はイチオシでしたが、店内の温度管理や、混雑時のスタッフの少なさ、タッチパネルの無い店舗での注文の通らなさ加減等、段々と気持ちが萎えて来てしまったのが正直なところ。
同じ元気寿司チェーンの「元気寿司」や「魚べえ」は平均的に良いのに、どうして「すしおんど」だけがこうなってしまったのかと、非常に残念に思っています。

ここからは番外編です。

【もりいち】
松戸東口店しか行っておりませんので、そこ限定のお話。
1皿130円と260円が有りますが、「うちは130円で充分旨い!」という自信が感じられるほど130円ネタが多いです。
勿論どれもが美味しい(o^_^o)
ただ、他のお客さんと体が触れるのが苦手だったり、広い場所での食事が前提だという方には、このお店は正直向いていません。
店内が極端に狭いので、短時間で手軽に美味しいトコをササッと食べるという人には向いています。
個人的にはオススメ。

【銚子丸】
ここも当たり外れが…と言うよりも、「普通に美味しいお店」と「とても美味しいお店」が大部分です。
銚子丸に行けばハズレないと言って良いと思います。
もりいち松戸東口店のように「130円だけで大満足」とはいきませんが、130円皿も満足なネタが有ります。
1貫が大きいですから、百円寿司のように枚数食べなくてもお腹が膨れますので、百円寿司の予算にちょっと足した程度で満足出来ると思います。
こちらもオススメです。

他にも色々と入っていまして(^^;
でも、時間が無いので割愛致します。

回転寿司食べ歩きで気付いたことを少しだけ。

■アラ汁について
「平日アラ汁無料サービス!」というお店が有りますね。
ウロコだらけで食べられなかったという経験は有りませんでしょうか。
私は昔、よく有りました。
アラ汁は大好きですから、無料じゃなくても注文しました。
でも、大量にウロコが入っているアラ汁が多くて、それっきり注文しなくなりました。
私はウロコが喉に貼り付くと、大変なことになっちゃうからです。
この経験から出した結論は「ウロコの処理もしないお店は寿司もその程度」。
最近は注文しないから解りませんが、当時食べてウロコの処理をしていないお店は、それっきり行っていません。
ほとんど閉店し、残っているのは数店のみですが。

■注文の皿は別レーンが嬉しい
私はほとんど注文したものを食べています。
これは別に、忙しいのに意地悪をしているのではなくて、単に他店との比較で余計な部分での差が出ないようにする為です。
注文したネタと30分も回っていたネタを比較するのは失礼ですから。
で、例えば5皿注文した場合、5皿連続で流れてくるお店も有りまして、全部取るのが大変なんですね。
慌ててひっくり返しそうになったりします(少し離して流す配慮が有るといいですね)。
その点、別レーンが有るお店は楽です。
全部取り終わるまで待ってくれますから。

■注文皿の入れ物を取りやすいものにして欲しい
これは特にスシローなんですが、寿司皿と注文品入れの容器の直系がほぼ一緒なんですね。
ですから寿司皿をちょっと傾けなければ取りにくいんです。
これで連続して5枚も流されたら、もう大変な騒ぎになりますので(笑)
あれは確か、開店時から同じ方式でしたよね。
そろそろ改善しても良い時期かと。

■山葵をテーブルに置いて欲しい
今の所山葵をテーブルに置く方式はくら寿司だけだった気がします。
店舗によっては、山葵が中々流れて来ない店も有るんですよ。
皿は到着したのに、山葵が流れて来ない。
そういう時の為に私は、着席するとすぐに山葵を取る習慣が付いていますが、両親を連れて行った時等はいつものペースで居られずに、やっぱり山葵が流れて来るまで待つという煩わしいことになってしまうんです。

■最低でもタッチパネルは導入して欲しい
別レーンを設置するのはその次にするとしても、せめてタッチパネルだけは設置して欲しいです。
鎌○谷のすしおんどに行った時に、角に座ったお母さんが一生懸命注文しているのに、店員さんに全く声が届かないのを見て、凄く気分が悪くなりました。
どういう理由でもタッチパネルを設置しないならば、出来るだけ声の届くようなレイアウトにするか(どう考えてもあの角は届き難い)、年配の人は板さんの前に優先的に誘導するとか(その日は別に混んで居なかったわけだから)、スタッフを増やすか、もっと多方向に気を配るか、そういう配慮が有って然るべきだと思います。
正直私も人前で声を出すのは苦手なので、タッチパネルが無いお店に入ったら「失敗した(T_T)」と思うし、出来ればそのまま食べずに逃げてしまいたいとすら思います(爆)

■その店ならではのメニューが数種類欲しい
回転寿司チェーンを語る上で必ず出て来るのが「当たり外れ」。
当たりの日に入ると「良かった…(ノ_・。)」と若干涙ぐんだりしますが、ハズレに当たると「もうこの2皿で帰りたい」と思うものですね。
そういう時に「この店に来たら、これを食べればいついかなる時でも満足する」というネタが有ったら嬉しいなと思うんですよ。
「ハズレの日でもハズレないネタ」です。
だいたいのお店は、最初にしめさば1枚食べると当たり外れが解り、ハズレだった場合は何を食べてもダメというケースが多い。
こうなったらもう、ハンバーグとかミートボール食べるしか無いじゃないですか(^^;
でも、ハズレの日というのは食品に触れているスタッフに問題が有るわけなんで、例えば炙りモノを注文しても冷え冷えだったりしますから、食べずに出た方が無難なんですけどね。

あ、バレちゃいましたでしょうか。
そうです。
私の場合、ハズレを引いた日は生もの以外をチョイスするようにしています(複数人で行った場合)。
1人の時はあまり食べずに出て来ます(調べたいことが無い場合のみ)。
話のネタになる以外で、無駄に太りたく無いんですよねぇ(;^_^A

以上、今年5月までの中間発表でしたm(__)m
関連記事


| 寿司・回転寿司 | 12:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この前はま寿司に初訪したんですけど、タッチパネルの仕様が駄目でしたね。
一皿一皿注文しなければならず、4〜5皿まとめて注文できない。

くら寿司だと「定番握り(?)」みたいなカテゴリーがあるけど、これ情報量ゼロに近いw。
無駄に一手増やしただけになってる。

皿数もスシローのように自動的に一皿で入力されるべきで、二皿以上頼みたい人だけ皿数を後から入力するか、同じネタをまた入力する仕様にした方がスムーズだとも思います。

「まぐろ」「サーモン」「いか・たこ」「軍艦」などのカテゴリーも極力全て画面に常に表示されているべきで、いちいちスクロールして探すのは面倒臭いわけですが、こういったところが一番使いやすいのはスシローだと思います。

いままで高齢者が食べているのを4〜5回見たことがあるのですが、みんなタッチパネルの使い方が分からないみたいでした。
レーンで流れてくる寿司だけを食べ、タッチパネルの使い方を覚えるのは最初から諦めているようで、本音を言うと、そういう高齢者に僕はイラッとする気持ちも正直あるのですが、「タッチパネルももっとシンプルに使いやすく出来るのになぁ」とも思います。
使い方が分からず半ば怒りながら、もしくはしょんぼりしながら、ほとんど食べずに帰ってしまった高齢者も見ています。
実際、寿司が好きなはずの高齢者の姿をあまり回転寿司で見ないですし、みんなスーパーのパック寿司に流れてるんでしょうか。

回転寿司業界はタッチパネルを導入し始める時代、高齢者をターゲットから切り捨てるか否か相当悩んだと思いますが、この高齢化社会の中でどういう理由でどういう判断をしたのか、ちょっと知りたいところです。

| 川口 | 2014/05/14 14:07 | URI |

そろそろ上野徘徊!を再開しませんか?

| ソーマトモヒロ・・・ | 2014/05/14 17:53 | URI | >> EDIT

Re: 川口さんへ

> この前はま寿司に初訪したんですけど、タッチパネルの仕様が駄目でしたね。

同感です。
承ったという表示が消えるまで、たった数秒なんですが、その数秒がもの凄く長く感じます。
解像度も低い感じがするし、はま寿司のタッチパネルは回転寿司の中で一番ダメかも知れませんですねぇ。
くら寿司も前は貧相な映りでしたが、新しくなってキレイになりました。

> くら寿司だと「定番握り(?)」みたいなカテゴリーがあるけど、これ情報量ゼロに近いw。

上から「サイドメニュー→定番にぎり1→定番にぎり2→定番ぐんかん→天ぷら→ドリンク→月お勧め/キャンペーン」という順番も訳が解りませんね。
何故サイドメニューがトップなんだか…普通はお勧めなんじゃないのかなぁ(^^;

> 「まぐろ」「サーモン」「いか・たこ」「軍艦」などのカテゴリーも極力全て画面に常に表示されているべきで、いちいちスクロールして探すのは面倒臭いわけですが、こういったところが一番使いやすいのはスシローだと思います。

ここも同感です。
良く考えられていますよね。
ただひとつ、スシローは(店によって?)タッチパネルの感度が鈍い為、カテゴリが多いのがイライラ感を増幅するという皮肉な結果に(笑)

> いままで高齢者が食べているのを4〜5回見たことがあるのですが、みんなタッチパネルの使い方が分からないみたいでした。

このお話がいつか出ると思っていました(^^)
私も両親を連れて行くことが有るので良く解りますし、他の高齢者(お客さん)のお話も参考にさせて頂いております。
我が家の場合は私が付き添うので無問題ですが、高齢のご夫婦の場合、仰るように色々な問題が有るようで。

先日はま寿司(高塚新田)で隣にいらしたご夫婦、苦戦しながらも楽しんでいたご様子でした。
タッチパネルに関しては、あの日だけだったのかも知れませんが、案内スタッフの説明があまりにも簡単で「うちの両親の歳だったらきっと解らないだろうなぁ」という程度でした。
しかしこのご夫婦、二人で色々考えながらそこをクリアしていまして、素晴らしいご夫婦だなぁと思いました。
どうしてもの場合は何かお手伝いをと思いましたが、その心配は無いようでした。

例えばお皿を取るタイミングも最初は「これ、もう少しゆっくりじゃないと取れないわ」と言っていたのが、2皿目でコツを掴んだらしく、「あ、こうやって取れば良いのね」と。
タッチパネルも簡単な説明では理解出来なくて、でも、それでもあちこち押してみたり、注文したくないお皿が来ちゃったりしながらも、それを笑って受け入れたりしているのが非常に微笑ましく、そして最後にはほとんどのシステムを覚えられた様子でした。

しかし、こういうご夫婦の方が珍しいと思うんです。
ほとんどは解らないまま。
うちの両親だとすると(もうシステムは知っていますけど、知らなかったと仮定して)「忙しいところ悪いから」とスタッフを呼んで聞くこともしないし、説明も早口だから余計に頭に入らなくて、じゃあ流れている皿でいいやと思うも、好きな皿が流れて来ないからずっと待っていたり、それでもお腹は空いているから好きでもない皿を取って、結局何も満足せずに帰って来ると思います。
そして、もう2度と行かない。

川口さんの仰る通り、スーパーのお寿司は売れ筋です。
うちの母もよく鉄火巻きを買って食べていますもの。
ちらし寿司とか。
おいなりさんも好きなので、よく作って食べさせています。
本当は行きたいっていう人、たくさん居ると思うんですよ。
でもシステムが解らないし、もしも失敗して周囲のお客さんやお店に迷惑掛けたらどうしようとか、そんなことを考えると「だったらスーパーで買って食べた方が気が楽だ」って話になっちゃう。
まだまだお店側が「高齢者の皆さん、来て下さい!」と迎え入れる体制が出来ていないというのが現状ですよねぇ。

> 回転寿司業界はタッチパネルを導入し始める時代、高齢者をターゲットから切り捨てるか否か相当悩んだと思いますが、この高齢化社会の中でどういう理由でどういう判断をしたのか、ちょっと知りたいところです。

それか、「何も考えていない」かですね(笑)
今の企業は見切り発車的な部分が多いように感じます。
「何か問題が出たらその時に考えればいいや」
「とりあえずオープンしちゃってから考えよう」
従業員のことを考えていない企業がお客さんのことを考えているはずが無いですよね(そういう企業は提供する商品のクオリティなんてもっと考えていない)。
高齢化社会に皆が慣れていないわけで、皆がどうしたら良いか解らない状態から始まっているから、後手後手でも許されるんじゃないか的な発想が無きにしも非ずなんじゃないかと。

私も両親の世話をしていて、毎日のように新しい発見が有ります。
これからもっと体が動かなくなってくるわけですから、「こうだったらいいなぁ」と思うことがどんどん出て来ると思うんですね。
お店側に無理を言わない程度に、高齢化社会という点を踏まえたお話もして行きたいなぁと思っていたところでした。

タイムリーなコメント、有難うございましたm(__)m

| たいちょ | 2014/05/15 09:22 | URI | >> EDIT

Re: 千春さんへ

> そろそろ上野徘徊!を再開しませんか?

お誘い頂き、有難うございます(^^)

気持ちはもう、既に、現場なんですが(笑)
やらなきゃならないことが山積みでして…(ノ_・。)

準備が出来次第、メールさせて頂きますね~m(__)m

| たいちょ | 2014/05/15 09:26 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/920-5db9bbbc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。