<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン】和ッのたまごかけごはんが大盛過ぎて笑ってしまった

いや~、ここんトコの花粉は酷すぎますね。
薬飲んでも効果有りません(×_×;)

3/29のお話。

3回目になる訪問の『和ッ』。
「お店の名前なんてどうやって付けても繁盛する店はする」と思っている私ですが、ジャンルは違えどグループ名(バンドとかお笑いとか)は解りやすくて省略出来るものが良いと思っていて、実際にそういう名前の方が売れるんじゃないかという気がしています。
「ドリカム」とか「ミスチル」とか、「モリムス」とか(笑)
お笑いだと「ブラマヨ」とか「タカトシ」とか、「カンジャニ」とか(関ジャニはお笑いか)。

そういう方向から考えるとこの『和ッ』という名前。
「腹減ったな、二郎でも食って行かねぇか?」という会話は普通に聞こえるんだけど、「腹減ったな、和ッ行かねぇか?」っていうのは若干だけど「言いにくい」かな(^^;
それと、私は「わっ」て読んでるんだけど、本当はどういう読み方なのか知らなかったりします(^^;

余計な話はこの辺で終了。

昨年は「西山!西山!西山!」っていう私の苦手な「西山麺使用アピール」のお店だったんですけど、今年はさっぱりしています。
菅野製麺に変更したのかも?(未確認ですが)
西山は単価高いですからね。
空輸代かかりますし、元々の値段が高め。
それに比べて菅野製麺はとても融通をきかせてくれる製麺所で、単価はここに書けませんが、値段的にも私の好きな製麺所のひとつです。
食べても美味しいですしね(^^)

このお店はメニューが豊富で、味噌が主体だったり、当初西山を使っていたりしたので「北海道ラーメン?」とも思ったわけですが、メニューを拝見するとそうでも無い気がしたり、値段設定が高いので「美春出身?」という気もしないではなく…というのは全部私の予想なんですけどね(笑)
でも本当に、そういう部分が美春に似ています(味ではなく、値段設定とメニューの豊富さ)。
個人的な好みからいえば、あまり似て欲しくないという気はしますが。

前回は白みそを頂いたので、今回は麺も変わった(かも)ということで『魚介らーめん』を頂いてみました。

和ッ
魚介らーめん 850円

カウンター中央に居るお客さんが店主さん(?)とお話をしています。
私が聞き耳を立てているのではなく、大きな声なので自然に聞こえるんです(笑)
どうやら新作ラーメンの味見をしているらしく、「ヤバいほど美味しい」そうで「すぐレギュラーメニューにした方がいい」らしい。
このお店のアドバイザー的役割の人なのかも知れません。
ヤバいくらい美味しいのか…

そっちが食べたい(爆)

もしかすると本当にレギュラーメニューにするのかも知れませんので、次回はそちらを頂いてみたいと思います。

さて今回の魚介らーめん。
ライトな動物系スープに大きめな背脂が少々。
スープは魚介系出汁も出ていて、更に魚粉がトッピングされています。
魚粉は、安い業務用魚粉のような嫌な香りはしません。
とても丁寧に作られた一杯で、バランスも好みです。

あ、そうそう。
今日の話の主役はラーメンでなく、こちらのサイドメニュー。

和ッ
たまごかけごはん 200円

写真でお解り頂けますでしょうか。
この量で200円ですよ。
考えられないボリュームです。
サービルメニュー?
本当に量が多くて、出て来た時に笑ってしまいました(^o^)

まずご飯に玉子を入れてかき回しまして、その上にラーメンにトッピングされていたチャーシューを1枚全部のっけ、スープも木のレンゲ2杯ほど入れてチャーシューを崩しながら混ぜます。
そして、男らしくワシワシ頂きます。
小心者の私の場合は「ワシワシ食べて咳き込んだらどうしよう」とか「咳き込んだ勢いで鼻からご飯粒が出ちゃったらどうしよう」とか、無駄な心配(私にとっては重大なこと)をする性格なので、お箸で口に運べる範囲の量を何回にも分けて頂きました。

こりゃ~お得だわ~(o^_^o)

このお店、料理の作り方は丁寧ですし、接客もいいし、ボリュームは有るし、美しい女性スタッフが入って雰囲気が明るくなりましたし、駐車場は広いし、行列していないし。
値段は好みが別れるとは思いますが、他は良いところだらけという印象です。
私的には、とっても入りやすいお店ですね。

また行かせて頂きます(^^)

ご馳走様でしたm(__)m

【和ッ】
住所 千葉県鎌ヶ谷市東道野辺3-8-594-3
電話 …
時間 11時30分~14時30分・18時~23時
定休日 水曜日
駐車場 有り



どうしてGoogleでは『和ッ船橋店』になっているのかしら。チェーン店?それとも誰かが勝手にこの名前で登録しちゃったの??
関連記事


| ラーメン | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/898-af48813c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>