<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン】フラれまくりの末に太陽食堂

話は前後しまして、3/11(火)のお話。

今日はどこのラーメンを頂こうかと考えた。
八千代だったので、こりゃ『らーめん純輝八千代店』で大盛かな♪
と思って行ったら定休日(^^;

では、小室で曲がって船橋に行こうか。
船橋というと、気になっていた『麺屋56』がここから近い。
と思ったら、どうやら日曜しかやっていないらしい。

では次の候補で、初回の訪問で好きになった『ふえ木』へ。
隣接するコインパーキングへ停めてお店の正面に行くが、火曜日は定休日だった。

『ふえ木』から近くて宿題店、もしくは好きなお店というと『宗家一条流がんこラーメン吉三郎』だ。
市が違ってしまうが、吉三郎ならば船橋寄り。
「今回はこってりの太麺にしようかな」と思って行くと、お休み。
確か吉三郎は不定休。
当たりを引いてしまったわけだ。

さすが「フラれ大王」の私だな、ふっふっふっ…
と余裕の表情を浮かべつつも、腹減り加減MAX。
どうせ鎌ヶ谷に来たんだから、久しぶりに久我さんの所へ…
行ったらお休み。
あれ?
確か月曜定休では?
調べると、火曜日もお休みになっているが、第一と第三だよ?
今日は第二火曜日なんですけど…(涙)

ここまで来ると「フラれ大王」なんて言って笑っていられません。
完璧に体全体がラーメンモードだし、わりと時間が自由だと言っても、そんなに昼時間延長出来ないし。
じゃあ並びの『ひまわりラーメン』へ行く。
定休日(×_×;)

「もうやけくそだっ!松戸まで行っちゃえ!」
ってことで、こちらも久しぶりの『金竜』へ。
やっていたが、ここ数年行列が無いこのお店が、この日に限って1人外に居ます。
列んでいるのか何なのか車の中では確認出来ませんけど、もしも列んでいたらこの店は相当な時間待つので、そのまま通り過ぎ(もしかしたら外でタバコを吸っていたのかも?)。

このまま前に進むと、選択肢として『らーめん長』しか有りません。
しかし、行ったら臨休!(>_<)
ここで半分、ラーメンを諦めました。

放心状態でそのまま車を走らせ、逆井入り口まで来たところで『太陽食堂』を思い出しました。
「太陽食堂がお休みならば諦めよう」
結果は良い方向に転びまして、太陽食堂は営業中。

「逆井駅に近くなり、この店がやっているのを見て、太陽を見た気がしましたよ」(誰がうまいことを言えと?)。

半泣きで入店(笑)

ラーメンブロガーさん達はこのお店を「ラーメン店」と書いていらっしゃるが、私はそうは思っていません。
今日また、その思いを強く感じました。
先代を継いだ息子さんと、先代の奥様(以下、お母さん)。
とっても温かいお店で、先代のお店『中華料理長武軒』から『太陽食堂』に変えた理由が解る気がします。
長武軒は、「若い時に何度か来たと思う」という記憶しか有りませんが、雰囲気はきっと同じだったんじゃないですかねぇ。
その醸し出している雰囲気の中心が、お母さんですから。

太陽食堂
みそ 680円

前回も思いました。
このお店の料理は全て「真面目」なんです。
荒ぶると言いますか、雑な部分というのが皆無。
何となく中華系の料理人って、ちゃっちゃ、ちゃっちゃと忙しく動き、それがカッコイイみたいなところって有りますよね。
でもこの店からは、そういう所が微塵も感じられません。
何故かといえば、ここは『食堂』だからです。

太陽食堂
麺類+350円で、半ちゃーはん&半ぎょうざ(Bセット)

ラーメン専門店だなんていう認識を持って入ると、評価が全く違って来ます。
草村商店を使っているからといって、専門店とは限りません。
というか、そういう無駄な敷居の高さが無いんです。
カウンターに座る常連さんは、昼間っから静かにビールを飲み、ラーメンと餃子を楽しんで帰ります。
時間的にお店が空いている時は、カウンターの隅で雑誌を読みながら昼休みをしている奥様も居ます。
お店が混んで忙しくても、セカセカしていない。
この雰囲気がこのお店の良さであり、名前を『食堂』にした理由でも有ると私は思います。

味はどうかと言いますと、普通です。
特別な食材を使っているわけでなく、特別な調理法をしているわけでもありません。
「激旨!」ではなく、普通に美味しく頂けます。
だいたい「激旨!」なんていうのは「その料理が自分の好みにドンピシャ」だった時の感情で、それは元々「普通に美味しい料理」なんですよね。
誰が食べても「激旨!」なんていう料理は有りません。
好みは人それぞれですから。

「普通に美味しい」というのは素晴らしいことで、実はなかなか難しいと私は思います。
あ、フラれにフラれてここに着いたからと誉めているわけでなく、日頃からこう思っていますので。
ですから前回のこの店の感想も「普通」でした。
良い印象を与えるように気を使って表現するならば「何を頂いても外れないお店」ということになるでしょう。
値段も、駅前で駐車場付きと考えれば、安い設定だと思います。
私もこの店好きですよ、川口さん(^^)

お母さん、いつまでもお元気で!
頑張り過ぎないで下さいね~(≧∇≦)/

今回もまったりと、ご馳走様でしたm(__)m

【太陽食堂】
住所 千葉県柏市逆井1-1-29
電話 04-7175-5592
時間 11時30分~14時30分・18時~21時
定休日 月曜日
駐車場 有り







この日は、実に9店のお店に足を運んだわけでして。

らーめん純輝八千代店(定休日)→麺屋56(日曜しかやっていない)→ふえ木(定休日)→宗家一条流がんこラーメン吉三郎(不定休に当たる)→らーめん寺子屋久我(定休日?)→ひまわりラーメン(定休日)→金竜(行列かも?でスルー)→らーめん長(臨時休業)→太陽食堂に入店\(^O^)/

新記録樹立(爆)

まぁ、これだけの店舗数、これだけの距離数フラれる人は全国で見ても居ないのではないかと思われます。
それでも「データベース帳」を作って持ち歩かないのは、そこはポリシーということで。
何度も言います通り、私はグルメブロガーでは有りません。
そんな帳面持って歩いたら「食べ歩きながら料理の勉強をさせて頂いている一般人」とは掛け離れてしまうでは有りませんか。

「食べてブログ書いてんだから、グルメブロガーだろ?」というご意見は、無しの方向でm(__)m

私は「グルメ」という言葉が好みではないのですよ、セニョール♪
だから勝手に『B食(びーしょく)』という言葉を作ったわけです(^^;

最後に「フラれ大王」の一言。

「フラれればフラれるほど嬉しい」

Mか?(゚-゚)

本日の桜

もうすっかり咲いて来ましたですねぇ。
関連記事

| ラーメン | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/897-c34c063d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>