<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】煮干ラーメン嫌いは克服出来るのか

この話、いつかしようと思っていたんですけど(^^;

煮干出汁のラーメンって有りますよね。
お店に入ると、いや、入らなくてもそのお店に近付いただけで煮干出汁の香りが「プ~ン」とする。
そんな煮干の香りが苦手という人も居ます。

「なにこれ、くさぁ〜い!(>_<)」

「とてもラーメンの匂いとは思えない((+_+))」

「味噌汁じゃねーんだぞっ!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」

実は私も、ある時期までそう思っていました。
スープを飲むと、1時間後には胃から上がって来ます(汚い話ですみません)。
うちの母の作る味噌汁はいわゆる「いりこ出汁」で、小さい頃から私は煮干出汁の味噌汁を飲んでいたんですよ。
そんな私が、煮干スープのラーメンは、コーヒーの次に胃酸が上がってくる飲み物だったんです。
「ラーメンは飲み物」(笑)

「平井さん(私の友人)、どっか美味しいラーメン屋さん知りません?」
「あ、それならね、柏に『大勝』っていうお店が有りますよ。和風ラーメンなんですけど、まぁ私はそれほど大好きっていう味じゃないんですが、好きな人は毎週でもいいっていうお店なんですよね」
「そんなに人気なんですか?じゃ、行かなきゃ♪(^^)」

もうね、すぐ行きましたから(^^;

ラーメンは小学校に入った頃から頻繁に食べていますし、家族で食べ歩きもしていましたから、大得意分野です。
自分自身、どんな出汁のラーメンでもOKだと思っていました。
旨いかどうかは別として、食べられないラーメンなんて有り得ないと。
大勝のラーメンが到着しました。
その香りは…

匂いを嗅いだだけで「うっ!」って来ました。
何ですか、これは!
素材のバランスも何も有ったもんじゃない!
煮干の臭いしかしないじゃないですか!!
こんなもなぁ、ラーメンじゃないっ!!!(怒)

(あ、誤解の無いように書きますけど、煮干大好き人間になってからは大勝さんのラーメンは好きです。当たり前ですけどね)

と、そこまでは思わなかったにせよ、臭いだけでギブアップだったことは確かです。
翌日、紹介して頂いた平井さんに言いました。
「あれって、わざと煮干を強くしているんですか?」
「えぇ、私もあの煮干がもう少し弱いと食べやすいんですけど、でも煮干好きにはたまらないスープみたいなんですよね」
「そういうモンですかねぇ。私は正直、バランスが崩れているとしか思えなかったです」

それから数年間、煮干出汁と言われているラーメン店には行きませんでした。
それこそ「ラーメンは味噌汁じゃねぇ!」と思っていましたから(^^;

しかし!

千葉拉麺通信が出来た当時、私は主宰の山路さんを応援しようと新店の発掘をしていました。
というか、当時はそれしか考えて居なかった(爆)
ま、この理由は知る人ぞ知るところなんですけど。

そうこうしているうちに見付けたのが、『東京らぁめんちよだ』です。
丁度タイミング良く開店初日に入りまして、私は2番目のお客でした。
チャーシュー麺を頂いたんですが、そのチャーシューがデカ過ぎて、麺もスープも見えないんですよ。
そしてスープが煮干系。
その頃になると既に『永福町系』なんていうマニアックな繋がりも解っていましたから、これは山路さんに連絡するしかないと。
(その後のお話はこのエントリーと関係無いので別の機会に)。

で、その夜、煮干好きな知り合いに「実はこういうお店が…」と言うと「是非これから!」ということになり、煮干ラーメン嫌いの私が、1日に2度も煮干出汁のラーメンを食べる羽目になったわけです(笑)
その時はですね、ちよださんには失礼ですが、本当に地獄でした(^^;
帰宅して数時間は、上がって来るのを必死にこらえるのが精一杯で、眠れませんでしたもの。

でもね、「私は食べ物の好き嫌いが無い」と公表している人間なので、苦手な食べ物が有るということが嫌なんですよ。
それが発覚した時点で克服したい。
しかしですね、この煮干出汁のスープだけは、すぐにどうこうなるものでは無かったわけなんです。

その後、大勝出身の高橋さんが『中華そばまるき』を開店し、山路さんや当時のちよだスタッフのはるちゃん達と初日に行きました。
まだ克服していない私は、中華そばを食べずにつけ麺に逃げましたもの(爆)
それまでにちよだで何度もチャレンジしている煮干ラーメンなのに、まだ克服出来ていない。
悔しさ120%ですよ。

それから間もなく、ちよだに通っていると、お客さんが多すぎて人手が足りない日が有ったわけなんですね。
予想以上に混んでしまったと。
スタッフのはるちゃんも、相当困っている。
店内、てんてこ舞いです。
じゃあ、「洗い物でも手伝いましょうか?」と。
そこで「あ、じゃあこっちに入って」と言う店主って、100人に1人居ませんでしょ?
でもちよだの社長は、それが言える人だったんですよ。
ホント、凄く懐の広い人です。

私は学生の頃から料理人になりたいと複数のお店に在籍していたので、洗い物程度のお手伝いは何も問題有りませんでした。
で、その後も通っているうちに、やっぱり混雑する時間帯はてんてこ舞いなわけですよ。
ちよださんも開店して1年目だし、飲食店の経験の有る人ってゼロだったわけですから。
そんなこんなで私がカウンターから厨房側に入る回数が多くなりまして、詳しいお話は省略しますが、最終的にはラーメンを作るようにまでなったわけなんです(笑)
いや、これね、余程ちよだ社長の人柄が深くないと考えられない話ですからね(そういう意味では『麺屋花形』の池澤さんも一緒)。

そうこうしているうちに、その日のスープの出来具合も見ますね。
スープをそのままの状態で味見をします。
特に時間帯によってスープは変化しますから、その変化が解らないとかえし等の調整が出来なく、お客さんに毎回違った味のラーメンを出すことになります。
もうその頃になると煮干出汁は結構慣れていたわけですが、厨房に入る事によって「慣れてきた」から「好き」に変わったんですよ。
それも、早い期間で。

これを自分なりに分析しますと、「煮干系ラーメン店の厨房に入ったから煮干が好きになった」のではなく(それは有り得ないですもんね)、単純に「私が煮干出汁のラーメンに慣れた」のと、もうひとつは「元々好きになる素質が有った」ということだと思います。
ですから、元々煮干出汁(ラーメン以外)というものを嫌いではない人は、何度も食べているうちにその味に慣れ、大好きになる可能性が大いに有ると、そう言って良いと思うんですね。

その後、ちよだの印西店のお手伝いを毎週するようになり、千葉ウォーカーの限定も出させて頂いたりしまして、もっともっと煮干ラーメンにハマりました。
自宅で煮干スープも取るようになり、色々な煮干をテストしましてね。
期間限定ラーメン店『香味拉麺はな乃』を出させて頂いた時も、基本のスープは煮干を使ったものでした。
このブログをいつも読んで頂いている皆様はご承知の通り、今でも自宅で簡単に煮干ラーメンを楽しんでおります。

煮干ラーメン嫌いは克服出来るのか

煮干スープと言いながら煮干出汁が薄いと、ガッカリするようになりました。
バランスなんかク○食らえです(爆)
正直、煮干出汁さえちゃんと出ていれば、美味しいスープが出来ると考えています。
かえしなんか、凝る必要が有りません。
いや、逆に凝ると煮干が生きなくなってしまう。

煮干万歳!!\(^O^)/

ちなみに今、ワタクシが一番「煮干っぷりがいい!」と感じるお店は『煮干中華ソバイチカワ』です。
市川さんの煮干への情熱は素晴らしい!
今年は一度でいいから啜りたいと思っております(昨年11/23はあまりの行列に泣きながら断念)。

今回のお題は何でしたっけ?(^-^;
あ、「煮干ラーメン嫌いは克服出来るのか」でしたね。
大丈夫です。
克服可能です。
私が証明しました。
あの煮干出汁ラーメンが大の苦手だった私が、今やニボリスト。

全国の煮干ラーメン嫌いの皆様。
毎週食べてみて下さい(本当にアレルギー出る人は別)。
多分ですが、私同様にニボリストになる日が来ると思います。

来なかったら…



その時は、ごめんなさい(笑)





あ、それと。

煮干摂取し過ぎて痛風になっても、ごめんなさい(笑)
関連記事

| ラーメン | 18:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ワタクシ酵母の臭い丸出しのパンは大っ嫌いでございますがなにか。
パンは黴び食うもんじゃねえ(違)

まあブルーチーズとか鮒寿司とかも嫌いな人には一緒だと思いますが。>自分が嫌いなだけだ

| trv | 2014/02/27 20:05 | URI |

これ僕も似たような経験がありますね。

12〜13年前からラーメンの食べ歩きを始めたんですけど、まだ10店くらいしか行っていない最初の頃に大勝に行きまして。

「まあ普通かな。名店とか有名店とか呼ばれるほどの味じゃないなぁ」とか思ったんですよね。
で、30店50店と食べ歩いて、経験値が高くなっていって100店くらい行った頃に、ここで僕の人生観を結構本気で哲学的に変える強烈な体験をします。

「大勝のあの味、”美味しかったかもしれない”」。

当時食べたときは間違いなく「大したこと無い」「普通」と思ったのに、ふと味だけ思い出して、しかもまだ再訪すらしていない段階で、まるで記憶を改ざんするかのように「美味しかったかもしれない」と思ったこの不思議な体験は、人間の主観のあやふやさや、「評価とは絶対評価ではなく、どこまでいっても相対評価なんだ」「100m10秒で走ることが速いか遅いかは、他の人が9秒で走るのか11秒で走るのかで決まるんだ」と考えるきっかけにもなりました。

100店食べ歩いて、ラーメン界全体の味の立ち位置やレベルの高低を俯瞰できるようになって、その全体の地図における大勝の立ち位置とレベルの高低を再認識したら、決してレベルは低くないという評価に変わったということだと思っています。

それ以来、食べ歩きだけじゃなく、何事も全体を俯瞰できるまで勉強してからじゃないとまともな評価なんて原理的にできないんだと思うようになりましたねぇ。だからちゃんと勉強してる人の意見じゃないと、話半分で聞いてたりw。

| 川口 | 2014/02/28 02:58 | URI |

Re: trvさんへ

> ワタクシ酵母の臭い丸出しのパンは大っ嫌いでございますがなにか。

何かひとつのことに凝り始めると、どんどんマニアックな方向に行きがちですよね。
そういう、何かにこだわりが有ったりする人を見ると「きっとあの人もマニアックに違いない」と思ってしまう。
人の勝手な思い込みによって、その人は「そうだ」と思われてしまう。

trvさんは、酵母の臭い丸出しのパンもOKな人だと思っていました(爆)

ちなみにワタクシは、色々なものを練り込んだ麺は好きじゃないです。
動物臭さMAXのスープは、顔も近付けたくありません。
臭覚だけは人並みよりちょっと良い方なんで(^^;

> まあブルーチーズとか鮒寿司とかも嫌いな人には一緒だと思いますが。>自分が嫌いなだけだ

私は食べられます。
「食べられない」というのが嫌なので(笑)

しかし。
食べられますが、買ってまでは食べません。

| たいちょ | 2014/03/02 10:24 | URI | >> EDIT

Re: 川口さんへ

> で、30店50店と食べ歩いて、経験値が高くなっていって100店くらい行った頃に、ここで僕の人生観を結構本気で哲学的に変える強烈な体験をします。
> 「大勝のあの味、”美味しかったかもしれない”」。

凄く良く解ります。
ですから私は、一度行って好みじゃなくても「次」という選択を残します。
たった一度の経験で「二度と行かない」では、自分の為にならないと思うからです。
食べ物って、奥が深いですよね。

逆に、2度目行く機会がなかなかないとか、もしかしたら一生無いんじゃないかと思うほど間が空くお店に関しては(事情が有っていけないお店は除く)、余程の理由が有ります(笑)

> それ以来、食べ歩きだけじゃなく、何事も全体を俯瞰できるまで勉強してからじゃないとまともな評価なんて原理的にできないんだと思うようになりましたねぇ。だからちゃんと勉強してる人の意見じゃないと、話半分で聞いてたりw。

同意見です。
勿論一般の意見も聞きますが、グルメブロガーさんでも、自分とあまりにも味覚が違ったり、行く度に話が違ったり、それ以前に情報が間違っていたりする場合は、参考にしないようにしています。

自分と感じ方が極端に違ったら、それは参考にならないですもんね(^^;

大勝、久しぶりに行きたくなりました(^。^)

| たいちょ | 2014/03/02 10:35 | URI | >> EDIT

>trvさんは、酵母の臭い丸出しのパンもOKな人だと思っていました(爆)


匂いと臭いは違うってことで…

| trv | 2014/03/02 15:48 | URI |

Re: ですよね

> 匂いと臭いは違うってことで…

「臭い」って思った時点で、気持ちよく受け入れていないっていうことになりますよね(笑)

私もあまり臭い食べ物は口に入れたくないです。
『くさや』や『パクチー』等は克服しましたけど、お金出してまで口に入れようとは思いませんです(^^;
だって臭い食べ物って、全部その臭いにしちゃいますでしょ。
単独ならまだしも、他の食材と合わせたら台無しだもの(^-^;

結構保守的なんですよね、私は。
例えばパクチーって肉の臭いを消す為に使ったりしますが、そんな臭い肉だったら元々使いたくないし(笑)

昔付き合った人で、パクチーっぽい…
あ、この話はここでは出来ないや(爆)

| たいちょ | 2014/03/02 18:04 | URI | >> EDIT

確かに不味い

はじめまして(^o^)/
先日、初めて煮干しラーメンを食べましたが確かに不味かった、煮干しなんてうどんダシに使うならマダ解りますが、ラーメンには合ってませんよね?

| 綾香 | 2016/05/01 17:08 | URI | >> EDIT

綾香様へ

> 先日、初めて煮干しラーメンを食べましたが確かに不味かった、煮干しなんてうどんダシに使うならマダ解りますが、ラーメンには合ってませんよね?

えぇと…(^-^;
このエントリーは「煮干ラーメン嫌いは克服出来る」というものでございます故、
私的には、「ラーメンに煮干は合う」という考えでございますm(__)m
綾香様の行かれたお店がどこかによって、私のお返事が違ってくると思いますが(笑)

でも、確かに初めは合っているなんて思えませんでした。
あの臭いだけでギブでしたねぇ。

| たいちょ | 2016/05/02 02:03 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/881-53f5f194

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。