<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【我が家の食卓】野菜餃子

前日に居酒屋弥生で餃子を頂きまして、その餃子があまりにもサッパリと美味しかったもので、我が家でも作ってみることにしました。

餃子って、1種類出来ると応用がききますから楽ですね。
ちなみに我が家の餃子(ニンニクを使わないシソ餃子)は、クックパッドに載せてあります。
ここにも載っていると思います。
多分(笑)

そこにニンニクとニラを入れると普通の餃子で、野菜多めだと野菜餃子、ニラ多めだとニラ餃子。
シソはシソ餃子の時だけ使用。
長ネギは入れたり入れなかったりしますね。
あと、野菜餃子の場合は下味を減らしてあっさりと仕上げます。
足したり引いたりするだけで、色々な餃子が簡単に作れるわけですねぇ。

簡単、美味しい♪

自家製餃子

安価で提供しているお店の餃子でも、出て来た時に皮が開いていたり、まぁ一部分が開いている程度ならまだ我慢出来たとしても、全開だったりすると食べる気が無くなります。
「安いからいいだろう?」っていう考え方は、私は好きではないんですよね。
その前に、皮が開いていたら餃子じゃないじゃんか(笑)

かといって、高価な餃子は食べたくない。
だってね、餃子ってそんなに大袈裟な食べ物じゃないでしょう?(^-^;
庶民が簡単に作って簡単に食べるものなのに、スーパーでよく「○○○餃子」なんて暖簾出して売っている餃子って凄く高いですもんね。
フォアグラか何か入っているの?って思っちゃいます(笑)

その点、家で作れば安いし、たくさん食べられる。
そして一番良いのは、自分好みに出来るっていうところですよね。
明日の仕事考えてニラとニンニクが食べられないならば、その材料を抜いて別の材料を加えればいい。
逆に「今日はニンニク日和だぜっ!」っていう時は、ニンニクを丸ごと入れてもいいです。
ホクホクして美味しいですよ~(o^_^o)

30個食べて大満足! (≧∇≦)b





「餃子を作るのって凄い手間が掛かるから、家ではやらない」

こういう話がよく聞かれます。
この場合の手間って、中身を作る手間だと思うんですが、安いフードプロセッサーでも有れば20分程度で出来ますよね。
今回時間計ってみたら、中身を作り始めてから市販の皮で包んで焼いて口に入れるまで、30分強でした。
(本当は中身を作ってからある程度寝かせます→味がこなれる)
手で刻んだとしても、プラス10分くらいじゃないかな?

もっと手間が掛かる料理、たくさん有りますよねぇ(^^;
関連記事

| 我が家の食卓 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/846-d614fe58

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>