<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【戯れ言】メディアが食いつく頃にはもう終わっているという法則

またサウンドハウス通いになっちゃいそうだなぁ。
「もうストラト系は弾かない!」って一度決めてみたものの、こうやって放置していたストラト弾くと「う~ん、弾きやすい♪」ってなっちゃう。

スシロー 高塚新田店

それもそうなんですよ。
初めてまともに買ったのがグレコの「エースフレーリーモデル」で、「3つ付いているから音が伸びるんだな(^^)」と思ったら普通のレスポールより音が伸びなくてスカスカ。
だからもう「格好で決めるのはやめよう」と思って購入したのが、フェンジャパのストラトだったんですから。
それからちょっと勉強して、色々自分好みにセッティングしたんですもん、弾きやすくなかったらおかしい。

スシロー 高塚新田店

たまに検索すると「ジャパフェン」っていう人居るけど、いつからそう言うようになったんでしょうか。
ジャパフェン??
フェンダージャパンだからフェンジャパでしょ。
「ジャパフェン」の人達はジャパニーズフェンダーって呼んでいるの?
なんだかなぁ。

スシロー 高塚新田店

楽器を触らなくなってから数年後。
ねくさんの披露宴で弾いてから、また触らなくなってしまいました。
今度の状態は酷いです。
バックにカビ生えていましたから(+_+)

スシロー 高塚新田店

それを発見した時にね、このストラトを買った当時のことを思い出したんですよ。
あの頃は「時代はハードロックじゃない!」っていうことで、ポップ路線に移行した時。
ギターはカッティングがカッコイイ!って思っていた時だったんですよ。

スシロー 高塚新田店

これ、しょっぺぇ!(+_+)

ハーフトーンが素晴らしくキレイでねぇ。
その音色を聞いているだけで癒されたものです。
某空手の流派の会で演奏しましてね。
終わってから、多分その方もギタリストなんでしょうけど「美しいハーフトーンでしたね」って言われ、これ以上の誉め言葉は無いと思いまして、「有難うございます!」って両手握手しちゃいましたもの(笑)

スシロー 高塚新田店

で、オリジナルのポップ路線のバンドを組んでヤマハのEastWestという大会に出まして。
3回目のエントリーでした。
そうしたら世の中、ヘビメタブームですよ。
ほとんどのバンドがメタル系。
グランプリ取ったのも、勿論メタル。
我々は2番手でした(大会の実行委員は昔からの知り合いだったので教えてくれました)。

その後、色々なギター持ちましたが、このストラトが一番弾きやすかった。
そんなギターを、こんな状態にしてはいけません。
今回、リペアすることにしました。
勿論出すと高いから自分で(笑)

いつも通り「センスの欠片も無いアレンジ」を加えて(爆)

レスカスのピックアップ交換も、リア側だけなんですよ。
だって、フロント側は今のままの音色がいいんだもの。
不満が無い。
ま、元々センスなんていうものはどこかに置いて来てしまっているんですがね。
生まれつきセンスが有るんだったら、もっとギター上手くなっていますから(^^;

ボディは磨いて使うとして(フレット等はもう少し使えるかも?)、配線関係はほとんど交換ですねぇ。
しかし前回交換したポッド、もうガチガチになっているけど、やっぱり安いのはダメなのね(^-^;

さて、部品を調達して来るか。





ここんトコ100円寿司がイマイチ(私の中で)になって来ていまして、逆に最近までダメだった『魚卸回転寿司ダイマル水産』が良くなって来ていて、面白いなぁと思う今日この頃です。
中でも顕著なのが、スシローの落ち方でしょうか。
100円寿司でダントツトップ等とメディアでもてはやされてからというもの、めっきりダメになりました。
これだけ通っている私スシローのマグロに感動した事が無いのに、テレビで紹介する芸能人は「これ、本格的寿司屋のマグロですよ」って、いったいどうなっているのか。
勿論それ以外が良かったから、今まで「スシローはいい」と言ってきたわけで、感動するトコはマグロでは無かろう?

ま、それはそれとして。
松戸八ヶ崎店が今のところトップだと思っていて、そこは最後の砦としなければならないから、今回はわりと当たり外れが少ない『スシロー高塚新田店』に決定。
もう結果を言いますと、スタッフさん達は凄く接客がいいです。
でもネタは…
正直言いまして、手が出ません。
私の好きだったネタは姿を消していて久しいし、そうなるとスシローには「これはお得感が有る♪」というネタが有りません。
ボリューム感がない。
今日の〆さばも残念だったし(ここんとこ〆さばはほとんどガッカリ)、アンキモはしょっぱ過ぎ、エビ天は大きかったけれど油の切れが悪く、良かったのは生サーモンくらいでした。

こういう当たり外れを、今までは「楽しみ」として食べ歩いて来たわけですが、こんな状態なのにも拘わらずメディアで過大評価されると、メディアっていったい何だろう?っていう気になります。
未だにテレビでパン、パン言っているけれど、一時期のパンブームはもう下火でしょう?
以前模型関係に力を入れていた時に、心底感じましたね。
ブームはメディアがダメにすると。

スシローさんは一時期あんなに良かったのですから、メディア云々なんてものに影響されずに、きちんとした営業をして頂きたいな~と、一人の回転寿司ファンとして思います。
いえ、お願いしたいですm(__)m

良い時期を知っている者として、今の状態は悲し過ぎるんです。
関連記事

| 音楽 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/834-d0497871

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>