<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】もりいち松戸東口店リニューアルオープン

11/15に「通りすがりさん」からのコメントで、もりいち松戸東口店のリニューアルオープンを知りました。
どこが、どう変わったんだろうか。
もしかしたら、あの狭い店内が広くなったんとちがいますか?!
なんて慣れない言葉を使いつつ、希望に脂肪に腹を膨らませながら松戸へ向かったのでした。

通りすがりさんのお話では、リニューアルオープンは金曜日ということで、その日は「開店セール全皿100円均一!」だったらしいんですよ。
「日曜日まで開店セールやってないかな~」というのは甘い考えでした(^^;
通常価格での営業です。

まだ12時前ということで、列ばずに入店。
何が変わったのかというと、ほとんど変わっていません(笑)
一番変わって欲しかった店内のレイアウトはそのままで、内装だけをキレイにした感じ(壁側に有る物入れ等)。
人が1人行き来するのも危うい通路はそのまま。

手前の席に案内されたわけですが、これがまた悲惨な結果になりまして…

もりいち松戸東口店リニューアルオープン

珍しく〆サバが流れていましたのでゲット。
いつものトロトロしたものでは無かったでしょうか。
でも充分美味しいです。

もりいち松戸東口店リニューアルオープン

入り口から店内を見て右角に私は座りました。
初めて座る席です(いつもは奥)。
何故か落ち着かないな~と気付いたのは2皿目を食べ終えた時。
3皿目をゲットした時に解ったんです。
私の背中というか腰の辺りに、通る人がガシガシ当たるんですね。
それも、お客さんはほとんどセーフで(たまに当たるのはおばちゃん)、必ず当たるのが店員さん。
店員さんは、自分が当たっているんではなく腰に巻いているもの(エプロンのようなもの?)が当たっているので、気付かないのかも知れません。
とにかく通る時には毎回当たります。
どんな人が通っても当たります。

もりいち松戸東口店リニューアルオープン

「まぁこういう日も有るよね、次はここに座らなければいいんだ。良い経験になったな」
そう思えたのは4皿目まで。
5皿目は何にしようかを考えている時点で、既に20回以上ガシガシ当たられています。
その瞬間、頭がカーッと熱くなりましてね。
今まで我慢出来ていたのに、いきなりMAX越えちゃったみたいなんですよ。

でも、大好きなもりいちですから。
気を取り直して、「椅子を思いっきり前に出してカウンターに腹を付けて座れば当たられないでしょ」って前に出たら、それでも容赦なくガシガシ(爆)
もうすっかり食欲が無くなりました。

もりいち松戸東口店リニューアルオープン

この日の店員さん、実はそれだけじゃなかったんですよね~。
好きなお店ですから細かいことは書きませんが…

あ○こさんなんですよ。
私はあ○こさんが居ない日はダメなんです。
あの笑顔と気配りが無いと、私はダメ。
もうね、彼女は接客をする為に生まれて来たんじゃないかと思えるほど、素晴らしい気配りをして頂ける人なんです。
あんなに素晴らしい人は滅多に居ません。
多分松戸で一番なんじゃないかと思えるくらいです。
「ミス接客」というジャンルが有るとすれば、ダントツ優勝。

あ○こさんがいらっしゃる日は、お店の外まで美声が聞こえます。
今度はいらっしゃるのを確認してから入ろうかな。
彼女だったら絶対に当たらないし、もし当たったとしても、あんなにガシガシと粗野な当たり方はしないはず。
あ゛~~~食べた気がしなかったわぁ~(×_×;)





そういえば板さんも変わっていて、面白くてお客さんに声を掛けてくれる板さんが居なくなっちゃったみたいなんですよね。
あの板さん、常連さんの顔をちゃんと覚えているんですよ。
頻繁に行くと、好きなものを覚えていてくれたりして。
ここんトコ見かけないんで、寂しいです。

同じようにあ○こさんも居なくなったりしないよなぁ。
我が家全員、あ○こさんのファンですからねぇ。
そうしたら多分、行く回数激減しちゃうかもなぁ…
関連記事

| 寿司・回転寿司 | 22:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>私はあ○こさんが居ない日はダメなんです。
>あの笑顔と気配りが無いと、私はダメ。

...あの双子さんがフロアに立っていたら、今でもzopfに通っていたでしょう多分。

| trv | 2013/11/22 20:46 | URI |

Re: trvさんへ!

> ...あの双子さんがフロアに立っていたら、今でもzopfに通っていたでしょう多分。

(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?

そんな凄いスタッフが居たんでしょうか? あのお店に??
基本的にスタッフ教育は徹底されていて、某モ○ルのように無愛想なスタッフは居ませんよね(笑)

しかし、某店は何故にあんな愛想無いんだろ。
別に特別笑顔じゃなく、普通でいいのに(^^;
店長さんはとっても良い人なんだけどなぁ…

| たいちょ | 2013/11/23 08:56 | URI | >> EDIT

>基本的にスタッフ教育は徹底されていて

徹底されてますよおそりゃあもう。一週間前に予約させた品を準備しなくても、のらりくらりと絶対に謝らず、不良品のパンをサービスですと行って押し付けようと20分位頑張りますから。

当然その間レジは止まり、後ろは行列ですがそんなこと気にするようじゃ半人前ですよあそこではw)

| trv | 2013/11/23 17:27 | URI |

Re: trvさんへ

> 一週間前に予約させた品を準備しなくても、のらりくらりと絶対に謝らず、不良品のパンをサービスですと行って押し付けようと20分位頑張りますから。

Σ(・∀・|||)ゲッ!!

そっ、そんなことが有ったんですか…
そりゃ教育じゃなくて、そのスタッフ個人の問題も有るのかな?(^^;
私はラッキーなことに、店名が変わってからのトラブルは全くないですかね。
パンを食べるようになったのがここ数年で、あまり足を運んでいないっていうのも有ると思いますが、パン屋さんで不愉快な思いをしたということが無いんです。
ケーキ屋さんもそうかなぁ。

逆に、スーパーとかコンビニは多いですね。
特にコンビニ(笑)

| たいちょ | 2013/11/24 06:09 | URI | >> EDIT

>そりゃ教育じゃなくて、そのスタッフ個人の問題も有るのかな?(^^;

イヤもう完全にあの店のスタンダードですね。以前書いたかどうか、一度だけ二階のカフェに行ったことがありますが、そこの店員は客から5mのところで、客の注文を思いっきり皆で嘲笑ってました。「限定って言うと皆引っ掛るよね-」(原文ママ)と。

予約させて品物がない、受け取って帰ってからレシート見たら金額が全然合ってなかったり余計な金額取られてたりと言うのは、私は予約したことないのでありませんが当時ネットで色々な方のサイトを見ていた時は日常茶飯事だったようです。

初めは個人かと思いましたが、上模したもだし人が変わっても判で押したように同じで、そのうちフロアだけだったのがどんどんパンそのものもおかしくなっていったんで、これはもう経営者の特質だと判断しました。経営者が変わらない限り、あそこはあのままです。

つうかMALLとフリアンとボングーあったら別にzopf要らないや(爆)ラ・テールできた時点で完全に終了です。

まあ当方の場合、出来そのものより金が気持ちよく払えるかが大事w)なので結果が変かもしれませんが、zopfには金払えないんです。我慢してでも金払うほどのものなら別ですが、そうではないので…

| trv | 2013/11/24 08:37 | URI |

Re: trvさんへ

> イヤもう完全にあの店のスタンダードですね。以前書いたかどうか、一度だけ二階のカフェに行ったことがありますが、そこの店員は客から5mのところで、客の注文を思いっきり皆で嘲笑ってました。「限定って言うと皆引っ掛るよね-」(原文ママ)と。

うぅむ…
もしもそれが本当のことだとすると(疑っているわけではございません)、有ってはならないことだと思いますです。
だって、それは雇われている人間が言うことじゃないし、もしも経営者がそう言っていたとしても(あくまでも仮定)、スタッフが口に出してはいけないことです。
そんな人間しか来ないんですかねぇ。
知り合いの息子さん(これがまた良い子で♪)がお世話になっていたんですが、とても良くしてくれたと言っていました。
まぁ、良いスタッフばかりが集まるなんて有り得ませんけど。

> 初めは個人かと思いましたが、上模したもだし人が変わっても判で押したように同じで、そのうちフロアだけだったのがどんどんパンそのものもおかしくなっていったんで、これはもう経営者の特質だと判断しました。経営者が変わらない限り、あそこはあのままです。

いつも言っていることですが、手広くやろうという人と、自分の目が届く範囲でやろうとする人では、考え方に大きな開きが有ると思うんですね。
うちの業界もそうですけど(どの業界も一緒)。
ある会社の社長が「もう私の目が届く(会社の)規模ではなくなってしまった」と、ため息混じりに呟いていたのを思い出します。
要するにその社長は、そういう会社にはしたくかったと思っていたわけです。

自分の目が届かないということは、自分が作る物のクオリティを保つのが「難しい」ではなく「無理」と言っても間違い無いわけで、「手が離れる」というのはそういう意味ですよね。
「私の会社は自分が作らなくても自分の作品と同じものになる」と言っている経営者が居るとすれば、それは嘘付きでしょう。
そんなことは有り得ませんから(他人の手が入った時点でそれは違う商品になるというのが私の理論)。
そこを「良し」としないと、手を広げるのは無理。
手を広げた時点で自分の目から(手から)離れるわけだから、それでも良いと考えられる人が手を広げるんだと、私は思っています。

ラーメン店で言うと、私が『菜』や『葫』が好きな理由は、そこなんです。
trvさんのご紹介で今やラ・テール大好き男になっていますが(笑)
もしもラ・テールが2号店を出したり、何か他に手を広げようとしたら、その時点で私はファン止めると思います。
どんな腕の有る料理人でも、一人の人間の守備範囲なんてたかが知れていますから。

Zopfさんで言えば、スポーツ畑に居た店長さんならその辺の所を充分理解されていると、私は思っています。

| たいちょ | 2013/11/25 19:12 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/822-9684792b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。