<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【唐揚】本場台湾料理台葉で鶏もも唐揚らーめん

ちょっと前まで唐揚を中心に取り上げておりまして、その時にネットで見付けたのが「本場台湾料理台葉(たいよう)」の『鶏もも唐揚らーめん』。
鶏もも肉の唐揚が一枚ドーンとのっかり、自他(お店&お客さん)共に絶賛の一品みたいなんですよ。
いつ食べに行こうかと思っていて、こんなに時間が経ってしまいました(涙)

本場台湾料理台葉

この建物の6階まで行きます
エレベーターを出るとそこは既にお店。
想像していた庶民的な感じではなく、高級店に来たという感じですよっ(゚д゚)!

メニューを拝見すると… 有りました!

本場台湾料理台葉

やはり一番人気のメニューみたいです。
美味しい!というお客さんの声を集めてファイリングしたものが卓上に有りました。
それを拝見して、更に期待大。
私は勿論一番人気を、嫁はカタヤキソバが食べたかったようですが、無いので五目チャーハンをチョイス。

最初に嫁の五目チャーハンが到着。

本場台湾料理台葉
五目チャーハン 840円

量は、ちゃんと有ります。
少ないとがっかりしちゃうんですよね〜、デブって(爆)
味は、デブにはちょっと優しすぎる感じですが、美味しいです(^^)
最近台湾料理というと「百楽門ですね」という感じですけど、百楽門よりも優しい味付け。

さて、次は本命。

本場台湾料理台葉
鶏もも唐揚らーめん 840円

想像よりも鶏肉は薄めで、肉のボリューム感は写真より無い感じでしょうか。
揚げ加減も予想より硬め、下味もかなり薄めで、タレで下味を付けているのではなく香辛料のみ(多分カレー粉なんでしょうけど、本当にうっすら香る程度)。
浅草開化楼の麺らしいのですが、開化楼の麺はある程度知っているつもりの私ですけど、私の知っている開化楼ではないというか、茹で加減の違いなのかな?
個性的です。
浅草開化楼と言われなければ(言われても?)解らないと思います。

全体的に、とっても優しいです。
百楽門や大福元という、今流行りのお店も全体的に味付けが優しいですよね。
こちらは、それよりも更に優しいです。
うちの両親は別として、両親と同世代の人達には合うかも知れないな〜という優しさ。
とにかく柔らかな味付けです。

ストレートに言いますと(個人的な好みによるものです)、チャーハンは醤油の香ばしさがもう少し欲しいかな〜といった感じで(でもラーメンに比べたらチャーハンの方が解りやすい)、ラーメンスープはもっとハッキリした出汁を感じたく、麺にはもう少しコシが欲しく、唐揚もベースの味のくっきりとした輪郭を感じたかったでしょうか。
「味付けが薄い代わりに香味野菜の風味が感じられる」とか、減塩する為に出汁を多く使うとか、そういう料理しか食べて来なかった我が家には、ちょっと辛いものが有りました。
しかしながら料理人の皆さんは素晴らしい経歴を持っていらっしゃる方々のようですので、やはり我が家の舌がダメダメなんだと思います(^^;

百楽門とこちらのお店のどちらが本当の台湾の味付けかは解りませんが、貧乏な我が家にはそれを確認する(台湾に行ってみる)資金は有りませんので、今後は輪郭のハッキリした四川料理系を狙った方が我が家的には良いのかな〜と感じたランチでございました。
好みって十人十色で面白いですね〜(^^)

とても勉強になりましたm(__)m

【本場台湾料理台葉(たいよう)】
住所 千葉県松戸市新松戸2-122 新松戸ホテルビル6F
電話 047-346-2003
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 有り


大きな地図で見る
関連記事


| 唐揚げ | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/786-ab32d228

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>