<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン】新店鶏白湯麺飯暖家で暖家特製陰陽めん

ネットに初めて載っけるお店って、超久しぶり(^-^;

先日のぶちゃんから「らーめん長」からちょっと走った辺りに「鶏白湯」のお店がオープン予定ですよ!とメールが入りました。
「入るのに敷居が高い、自宅の1階がお店という状態のようです」とも。

鶏白湯麺飯暖家

ご覧のように、一般住宅の1階。
確かに、入るのに勇気が必要です(;^_^A

鶏白湯麺飯暖家

私のような小心者は、この扉の重圧さ加減に勝てそうに有りません(+_+)

しかし!

それを打ち破ったのはこちら。

鶏白湯麺飯暖家

780円が500円!!
安い!!(`・ω・´)

入りましょう!
こんなに安くして頂けるならば、たとえ火の中水の中!(そんな店無い)。

うわ~~~~、オシャレなお店だわ~~~~~(≧∀≦*)
でも、何故か違和感が有りません。
普通、こういったレストラン風の空間にガテン系の私が居ると「よそ者」的な孤独感に襲われるのですが、そうはなりません。
オープンセールだからなのか、近所のおじちゃん・おばちゃんのお客さんが多いんです。
というか、そういうお客さんしか居ない(笑)

こりゃ、いい時に来たわ~~。
私、インテリアには馴染みませんが、他のお客さんとは馴染みまくりですもの(・∀・)

メニューを見ますと、醤油と塩、そして両方楽しめるメニューも有ります。
どういうものか聞いてみましたら、丼が半分ずつ別れているとのこと。
欲張りな私は、迷わずそちらにしました。

鶏白湯麺飯暖家
暖家特製陰陽めん 780円(通常価格980円)

うわ~この器、初めて見ました。
中華料理の鍋は見たことが有りますが、丼で半分に仕切って有るのは初めてです。
食用菊、珍しいですね~。
ラーメンのトッピングとしては、かなり珍しいです。
それも、スープによって変化させている。
そういえばトッピングも全然違いますね。
丁寧に作られたチャーシューも、醤油・塩で部位が違います。

鶏白湯麺飯暖家

まず、淡泊であろう塩から頂いてみます。
おっ、結構塩が尖っています。
しょっぱめのバランスですね。
鶏白湯スープの濃度は、かなり濃い。
ドロドロですが、あまり鶏の香りはしません。
麺は細麺を使用してありました。

鶏白湯麺飯暖家

次に醤油。
マイルドです。
淡泊な方からと思って塩から頂いたわけですが、インパクトで言うと醤油の方がマイルドでした。
逆に醤油→塩という順番に食べた方が良いかもですね。
麺は塩より太い麺でした。
醤油スープの方は、塩よりも更に鶏の香りがマイルドです。
この濃度でこの香り…どうやって炊いているんでしょうか。

この丼、丼ごとスープを啜ることが出来ません。
かといってレンゲでもすくい難い(レンゲが下まで入らない)。
どうするかというと、ある程度スープが減ったら、すくいたいスープを手前にして少しこちら側に倒し、レンゲでこちらから向こう側にすくうようにすると良いと思います。

細かいことは食べて判断して頂くとして、とにかく「面白い!」というのが私の印象でした。
これだけの粘度で骨っぽくないといいますか、動物系スープっぽくない。
あっさりさっぱり優しいスープなので、うちの両親世代でも違和感無く食べられると思います。

この居心地の良さも点数高いですね(≧∇≦)b

ご馳走様でしたm(__)m

【鶏白湯麺飯 暖家】
住所 千葉県柏市南増尾2-3-13
電話 070-6982-3969
時間 11時~15時・17時30分~21時30分
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
駐車場 有り


大きな地図で見る
関連記事


| ラーメン | 11:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

家っすね(・・;)

普通に家でびっくりですね。
夜に行くと家に帰るっぽい感じで良いですね。

| shooooji | 2013/08/09 12:35 | URI |

Re: 家っすね(・・;)

shoooojiさん>
> 普通に家でびっくりですね。

この界隈で家というと、以前の奥村屋さんですね(^^)
奥村屋さんは靴を脱いで「おじゃましま~す」という感じでしたが、こちらは入るとすっかりお店という感じです。
土足でOK(^_^)v

> 夜に行くと家に帰るっぽい感じで良いですね。

居心地は良いと感じましたよ~(o^_^o)

この価格がこの周辺の人達に受け入れられるかが、勝負の分かれ目ではないかと思います。
8/13~通常営業なので、単品も食べてみたいです♪

| たいちょ | 2013/08/09 19:51 | URI | >> EDIT

いや~懐かしい

奥村屋さんは南柏のあそこに移ったとき、
私が住んでいたアパートの近くだったので歩いて良くいきました。
あの時は本当に様々なチャレンジャー精神あふれるラーメン作ってましたよね。
懐かしいな~

| shooooji | 2013/08/10 12:44 | URI |

Re: いや~懐かしい

shoooojiさんへ

> あの時は本当に様々なチャレンジャー精神あふれるラーメン作ってましたよね。

ずっと浅草開化楼の麺を使用していましたが、自宅で再会して手打ち麺に挑戦したんですよね。
形状は、以前使っていた浅草開化楼っぽくしていました。
1本の長さは長めで、食感も開化楼とは違いました。
でも「あの奥村さんが作った」っていう、それだけで何だか良かったんですよね。

そういえば、お店で負死鳥カラスさんとお会いして一緒にラーメン食べたんでした。
カラスさんも随分と通っていましたねぇ。
もう自家製麺になったから配達も無いんだけど、カラスさんは義理堅い人ですから、商売関係無く通っていました。

> 懐かしいな~

ですよね。
今、奥村さんが健在だったらってたまに考えます。
電話でよく「後継者を」って口にしていらっしゃいました。
やっぱり自分の味を継ぐ人が居ないっていうのが寂しかったんだと思います。
頑固一徹、ずっと一匹狼でやって来た人がそういう事を口にして一瞬ビックリもしましたが、奥村さんの本心が解ってホッとした気持ちの方が強かったと記憶しています。

お通夜もたくさんの方がいらっしゃいまして。
ラーメン店のご主人が亡くなって、あんなに他店の店主さん達が来るお通夜は、珍しい方なんじゃないかと思います。
だって、そういう繋がりを持たない人でしたから。
なのにあれだけ集まるというところが凄いですよね。

偉大な人でした。

| たいちょ | 2013/08/11 18:27 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/750-d9c652d9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>