<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【唐揚】江戸川台唐揚戦争

タイトルほどインパクトが有るお話ではございませんm(__)m

今から10年前(もう少し前かも?)。
「日本亭の唐揚はデカイ」という話をしていた私にねくさんが「最強の唐揚弁当は『おかあさんの詩』ですよ」と言う。
それも、真顔で言う。
ねくさんは元々静かな人なので、真顔が多い。
1日のほとんどが真顔(だと思う)。
でもその時は、いつもより真顔だった。
真顔率120%。

「おかあさんの詩の唐揚、美味しいんですか?」
「最強です(`・ω・´)←真顔じゃなかったね(^^;」

居酒屋に行くと「たいちょ、唐揚食べないんですか?」と聞かれてしまうほど唐揚バカ、唐揚大王な私。
唐揚を見ると、つい買ってしまうという体質。
いや、性癖。
そんな私が、初めておかあさんの詩の唐揚を食べ、どのくらい感動したでしょうか。
何故この唐揚を今まで知らなかったのかと。
悔やんでも悔やみきれないほどの衝撃が有りましたですねぇ、ホントに。

その日は一緒に食べる約束をして、お弁当をねくさんに買って来てもらったんですよ。
私は唐揚弁当大盛。
ねくさんも同じものを食べるのかと思いきや、何故か幕の内弁当でした。
「今まで唐揚弁当しか食べなかったので、違ったものを食べようかと思いまして」と、ねくさん。
唐揚弁当が最強ならば、幕の内弁当も最強かも知れません。
なるほど、そういうチョイスは「アリ」ですよねぇ。

私が感動しながら食べ終え、「幕の内はどうでしたか?」と尋ねた時、ねくさんは「えぇ」と言いながら少し寂しそうな表情を浮かべたことは、一生心のアルバムに仕舞っておきたいと思いました(笑)

おかあさんの詩-唐揚弁当大盛
おかあさんの詩 唐揚弁当大盛

今、普通盛りで450円でしたでしょうか。
そういえばこのお店で値段気にしたことないや(^^;
これだけ費用対効果にこだわりの有る私が、値段気にしないなんて有り得ないですよねぇ。
でも気にしたこと有りません。
多分450円で、大盛は500円だったかと…

相変わらず美味しいです。
あ、おかあさんの詩は最強なのですが、その時によって若干の違いが有るのをご存じでしょうか。
そのエントリーはこちら。

≫おかあさんの詩の唐揚弁当の微妙な違い

あ、ここに450円と書いてありましたね(^^;

そして後から江戸川台駅前に、このお店が出来たんですねぇ。

日本亭江戸川台東口店

日本亭とのお付き合いは、もう10数年になりますよねぇ。
のぶちゃんから稔台店をご紹介頂き、それからのお付き合いになります。
当時の稔台店は、唐揚も実際に大きかったのですが、皮が広がっていることによる大きさっていうのも有ったんですよ。
それ(皮の広がり)が多い日の「フタの閉まらなさ加減」は半端じゃなかったです。

おかあさんの詩の唐揚が、日によって違うことは前述の通りです。
で、日本亭の唐揚もそうなんですよね。
日によっても違うけれど、日本亭の場合は「店舗によっての違いが大きい」んです。
揚げ方、大きさ、粉の付け方が全く違う。
日本亭と言えば「大きな唐揚」が名物ですから、それが小さいとガッカリしますよね。
でも実際にそういう店舗も有ったんですよ(閉店しました)。
フタが完全に閉まっている、日本亭の唐揚弁当(笑)

この『日本亭江戸川台東口店』の大きさは、「中」くらいでしょうか。
「大」には満たないですね。
「中の上」と言っても良いかも知れません。

日本亭江戸川台東口店-唐揚弁当大盛
日本亭江戸川台東口店 デカ4弁当600円+ライス大盛50円

味は普通のスパイス感。
揚げ方は丁度良く、一般的です。

値段の差は150円。
ご飯の盛りも、おかあさんの詩の方が多いです。
唐揚の量は互角として、この150円という差を消費者がどう受け取るかでしょうねぇ。

近所のお客様がどちらを取るのか、唐揚大王にとっては興味が有るところですが、私はそれよりも、もっと何店も唐揚のお店が出来て、江戸川台が「唐揚商店街」みたいな感じになるとモーレツに嬉しいなぁ~と思うわけです。
いや、勿論希望ですよ、希望。
でもね、もしもこの町会でそれを実現しようなんていう話になれば、メチャメチャ協力しちゃうなぁ(爆)

希望はさておき。
多分この2店は共存共栄という形になっているんじゃないかなと思うんですね。
「今日はどっちで買おうかな」という楽しさが有るという点で、江戸川台に住んでいらっしゃる皆さんは羨ましいなぁ~と、思う次第です。

あ~、また唐揚が食べたくなって来ました(≧∀≦*)

次回は五香に有ります『よかたい』のお話を。
関連記事


| 唐揚げ | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/720-5c4643b8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>