<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【唐揚】中津からあげぶんごや松戸店で弁当大盛

「清原千晴さん、頑張れ~」と思う今日この頃。
この人だけは周囲の野獣達に引きずり回されることなく、独自路線で頑張って頂きたいです。

先日trvさんからのコメントで「( ゚д゚)ハッ!」と思い出しまして、宿題店に行って来ました。

私、自他共に認める唐揚好き(自称唐揚大王)でございまして、飲みに行くと「たいちょ、唐揚は注文しないんですか?」と聞かれてしまいます。
いや、いくら好きでも、毎回飲み会で注文するわけじゃないからさ(;^_^A

で、いつだったか『唐揚協会』っていうのが有るのを知り、そこが認定している「カラアゲニスト」というものになったわけなんですよ。
簡単なテストなんで、落ちる人はゼロだと思いますけど(笑)

≫日本唐揚協会ホームページ

以前は「カラアゲニスト一覧」みたいなページが有ったように思いましたが、どこに行っちゃったのか解りません(笑)
「カラアゲニスト」をクリックしても、ベストカラアゲニストに関してしか載っておらず、何せベストカラアゲニストの初代は日本唐揚協会会長本人で、次は声優さんですからね(あからさまでございます)。
全国のカラアゲニストは、どうでも良いという扱いになってしまいました(^^;

私も一応「カラアゲニスト」と名乗らせて頂いておりますが、協会自体がそんな扱いになっておりますので、別にどうってことは有りません。
イベントに関しても、何か頼まれれば考えますが(例えばレシピを競うイベントとか)、そういうイベントを開催する予定も無いようなので、実に名ばかりの会員でございますm(__)m

その日本唐揚協会が行っております『からあげグランプリ』にて、4年連続金賞を受賞したのが『ぶんごや』というわけでして、4年間不動というのは凄いことですよね。
どれだけ美味しいのか、1度食べてみたくなるのが「自称唐揚大王」の性というものです。

中津からあげぶんごや松戸店

梅雨明けで、もの凄い暑さですよ。
誰も室内から出ようとしないせいか、お客さんは私1人。
丁度昼食ということで、「お弁当500円」を大盛「50円増し」でお願いしました。
「これから揚げるので6分位お待ち下さい」と言われます。
揚げたては美味しいですよね~(o^_^o)

中津からあげぶんごや松戸店

いざ、オープン!

中津からあげぶんごや松戸店
お弁当500円+ご飯大盛50円

このお店は「唐揚弁当」と言わず「お弁当」なんですね。
「唐揚専門店が天ぷら弁当を出すはずがないでしょう?」という、そういった理由でしょうか。
確かにそうですよね。
でも、それはそれで面白いような気もしますが(^^;

中津からあげぶんごや松戸店

唐揚の下には、何も敷かれていません。
唐揚のみが入っているわけですが、唐揚の下の汁は何でしょうか。
何か薄いタレをかけているんでしょうか、脂っぽくはないので、肉汁ではないと思われます。

中津からあげぶんごや松戸店

部位は、2個が胸肉で、2個がもも肉のようです。
半分脂っ気の無い部位ですけど、パサパサ感は有りません。
私はやはりもも肉の方が好きですね、ジューシー♪

ご飯の盛りは(大盛で)普通程度の量、付け合わせにはきんぴら&ポテサラが少しずつ。
我々のようなガテン系の場合、大盛か、もしくは普通盛りプラスご飯単品(200円)で丁度良い感じかも知れません。
500円ですから値段に見合ったボリュームという感じでしょうか。
これが、唐揚7個+ご飯(がもっと)大盛で、フタが閉まらないお弁当700円!ということであれば、説得力が有るんでしょうかね。
今の唐揚弁当事情からすると、大人しい印象でした。

メインの唐揚ですが、美味しかったです。
以前食べた『ぶんごや監修/ファミから しょうゆ味 200円』と比べると、クセが無いと言いますか(おそらくコンビニの商品は保存料等違いが有るんだと思われ)、ストレートな唐揚の美味しさが味わえるものでした。
「本当の手作り」という感じですね。

えっと、一応説明しておきますと、日本唐揚協会の『からあげグランプリ』は1位~10位を決めるというものではなく、1位が「最高金賞(?)」で、残りの数店が「金賞」というものです。
勿論僅少に入らないお店も何店か有るわけですから、金賞を取るということは素晴らしいです。
ただ、『グランプリ』と言うにはまだまだ規模が小さいと言いますか、部門も多すぎて「みんなが受賞出来るように」という優劣をあまり付けたがらない今の運動会みたいになっている感じですかね。
まだ方向性が定まっていない感じがするので、今後の展開を温かく見守りたいと思います。

とにかく「ぶんごやさんの唐揚は美味しかったです♪」。

ご馳走様でしたm(__)m

【中津からあげ ぶんごや松戸店】
住所 千葉県松戸市根本13-1
電話 047-365-5511
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 無し(近くにコインパーキング有り)


大きな地図で見る





関係の無いお話で恐縮です。

某評論家先生が「飲み屋のカウンターでタバコ吸っているヤツは民度が低い」と書いているのを見て、評論家という民度の高いお方が、何故こういう民度の低い発言をしちゃったのかと思ったわけでして。

まぁその先生は食べ物の評論をしてお金稼いでいるわけで、そういう立場からすると嫌煙家で居た方がプラスになるんでしょうけど。
タバコを吸わないからといって、その先生の舌が肥えているかどうかは別としまして。

タバコを吸う・吸わないというのは個人の好きずきです。
だから、嫌煙家が「タバコが嫌い」といくら言おうが全く構わないし、愛煙家が好きで吸っているのもOKなはず。
でもここに「受動喫煙」なんて言葉が出て来ちゃったからタチが悪い。

ちなみに私は、吸いません(以前は吸っていました)。
今でもタバコの香りは好きです(^^)
でも、灰皿にタバコを置きっぱなしにしている人を見ると、吸わなければいいのにと思います。
勿体ないし、無駄に煙を撒き散らすことになりますから。
海釣りで、魚をこちらに寄せる為に、撒き餌を執拗に撒いている人も居ますね。
無駄な海洋投棄(笑)

昼食時、カウンターで吸われるのも苦手です。
ですからラーメン店等で「ランチタイム限定で禁煙をお願いしています」というのは有難いです。
今から食事しようという時にタバコ吸ったら、口中がタバコ臭くなるでしょう?(^^;
食後の一服は美味しいですけどね~。
それも、その店のカウンターで無しに、別の場所でお茶でも飲みながら吸って頂けると嬉しいなぁ~って思います。

ちなみに私、タバコよりもコーヒーが苦手です。
コーヒーの臭いを嗅ぐと、胃がムカムカして息苦しくなります。
これは体質ですから仕方有りません。
「受動喫煙」みたいな言い方で言うと、これは何と表現するんでしょうか。

でも私、タバコもコーヒーも「嫌だなぁ」と思うことは有りますが、それを批判はしません。
冗談で「私にとって、コーヒーはドブの水と一緒」とは言いますけどね(笑)
あくまでもジョークですよ、ジョーク(;^_^A
コーヒー好きな人は、当然コーヒーを飲む権利が有りますよね。
だから私は、「止めて下さい」とも言いませんし、「コーヒー飲むヤツは民度が低い」なんて言いません(思ってもいません)。
私が、コーヒーの香りがする場所に近寄らなければ良いのですから。

ブログに批判コメントを書く人が居ますね。
そういう人はその記事を読んで頭に来て書いているんでしょうけど、例えば図書館に行って気に入らないヤツが居ると、そういう人は直接その気に入らないヤツに向かって文句を言うんでしょうね。
「実際に顔が見えないネットだから書くんだよ」っていう話は今回置いといて。
あちこちで文句言わなきゃならなくなって、さぞかし大変な毎日だと思います。

「気に入らないから」という理由でいちいち文句を言っていたら、集団生活は無理ですよね。
集団の中で生きていく為には、相手に対して寛容になること、相手を理解しようと努力することが大切なんだと、その程度のことは皆さん理解しているはずですから。
理解していないと、毎日が大変になると(笑)

理解しようと自分なりに努力し、それでも理解出来なかった場合はどうするか。
人それぞれかも知れませんが、私ならば「ちょっと間を置く」とか「一度その場から離れる」とか、それがもしも他人のブログだった場合は「もう見ないようにする」という選択をすると思います。
「見る自由」も有れば「見ない自由」も有ります。
わざわざ気に入らないページを見て腹を立てて文句を書き込めば、書かれた相手も気分が悪い。
双方無駄に気分を悪くするという結果になります。
それよりも「あ、この人の考え方は私とは違うんだな」と、今後読まなければ気分も害さないわけです。

私は、コーヒーの香りの強い場所には近寄りません。
コーヒーにこだわりのあるお店には行かないようにしています。
自分も体調悪くしたくないですし、私がその店に入って体調が悪くなって倒れでもすれば、お店の人にも迷惑が掛かります。
そういうふうに、「自分が」選択をしているわけです。

カウンターのみで喫煙可のラーメン店はちょっと辛いです。
でも、どうしても食べたかったら入ります。
ラーメンが美味しいから、タバコの香りは我慢します。
これも、「自分が」選択しています。

タバコを吸っているお客さんに「止めて下さい」とは言いません。
ましてお店側に「禁煙にして下さい」なんて言いませんし、思ってもいません(お客にそんな権利は有りませんしね)。
自分がそのお店を選択したんです。
前出の評論家先生の場合は、飲み屋です。
「飲み屋のカウンターが禁煙」って、全国に何%有るんでしょうか。

≫喫煙者を排除すると店の売上が減るんです 分かってない嫌煙たち

愛煙家と嫌煙家が話をしても、絶対と言って良いほど埒が明きません。
無駄な時間です。
双方、口を閉じればいいんです。

愛煙家は喫煙OKのお店に行って吸い、嫌煙家は自分が納得の行くお店に行って飲食を楽しめば良い。
わざわざ喫煙OKのお店に行って嫌な思いをし、それをどこか書いたり呟いたりすれば、それを見た自分以外の人達もまた気分を害します。
嫌な思いをしそうな(する可能性の有る)お店には、行かなきゃいいんです。
「行く」も「行かないも」、「自分に選択権が有る」のですから。
関連記事

| 唐揚げ | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/716-3ffba883

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>