<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン】ラーメンいっとくでラーメン大盛サービス

大幅に遅れて6/23のお話。

この日もリユースショップ巡りで、茨城まで遠征しました。
何故茨城かというと、本当は別の目的が有りまして。
『めし屋B亭』に行きたかったんですよ。

『めし屋B亭』というのは竜ヶ崎に有りますデカ盛店で、海鮮丼(B亭丼)が人気らしい。
海鮮丼好きな嫁はきっと断らないに違いない。
そしてリユースショップに行くとなれば、遠出の大嫌いな嫁は「ま、いっか」と言うに違いない。
ということで、どこに行くかを嫁に告げずに家を出ました(爆)

いざ、デカ盛!!

めし屋B亭跡地

かっ、かまてん?
それも、宅配専門??
あちゃ~~~(+_+)
後で調べてみたら、普段ロクに見ていない食べログに「こちらのお店は去年の暮れ前に閉店されました」と書かれていました。
さすが、フラれ回数トップクラスの私です(^^;

さて、どうしましょ。
予備としてのお店を何も考えずに来てしまいました。
日曜日ですから、煮干中華ソバイチカワさんはお休み。
とりあえずウロウロしたはいいけど、入りたいと思えるお店は全く無し。
1時過ぎてしまったので、珍来近くに有った『ラーメンいっとく』というお店に入ってみました。

ラーメンいっとく

このお店にしようと思ったのは、外の貼り紙。
「麺大盛サービス中」
これ見ちゃったらヤバいもの(笑)
「大盛」と「サービス」という、私の好きな文字がふたつも使われているんだもんねぇ(^-^;

店内は、カウンターがコの字になっていまして、接客しやすい造りです。
メニューを見ると結構高め。
基本のラーメンが750円です。
この値段設定は、千葉県内でも少ないかな?

ラーメンいっとく
ラーメン 750円(大盛サービス)

スープは濁りが入っているけれど乳化したものではなく、奥行きはあまり有るわけではないが浅いわけでもないというものです。
トッピングは特筆すべき点は有りませんが、チャーシュウ(この店ではこう呼ぶ)は2枚のせられていまして、ただ煮たものではなく、ちゃんとした製法の焼き豚だと思われます。
麺はサービス中ということで大盛にして頂きました。
食べてみると、私の苦手な低加水の太麺。
最初に聞けば良かったですね(;^_^A

ラーメンいっとく
ネギ・ラーメン 950円

この店はネギとラーメンの間に「・」が入るようです。
ネギは牛久市の方が作っていらっしゃるようで、名前が書かれていました。
美味しいネギだったらしく、嫁は満足したので良かった♪
海鮮丼にフラれた後で、ここでダメだったら嫁の機嫌は直滑降ですから(>_<)

チャーシューは美味しく、スープも不思議と後を引くもので満足しました。
しかしこれが750円・950円だと言われると、若干辛いものが有りますでしょうか。

後でメニューをよく見てみましたら、「麺大盛り」というのは半玉で150円の設定なんですね。
「麺特大盛り」が1玉増えて300円!
この店は麺が高いんですね。
卸値の高い製麺所なんでしょうか。
私的に好みではないので、この半玉が150円は辛いものがあります。

でも嫁が満足したので、結果オーライということで(^^)

【ラーメンいっとく】
住所 茨城県つくば市苅間106-2
電話 029-850-5200
時間 11時~14時・18時~22時
定休日 無休
駐車場 有り


大きな地図で見る





この日はリユースショップを数店回りました。
それなりに収穫有り(^^)

ちょっとここでお笑いネタというか、コアなネタというか。

【ハードオフで一番「いらっしゃいませこんにちは」が多いのは松戸古ヶ崎店である】
今まで、千葉・埼玉・茨城とリユースショップ巡りをして来まして、各店舗によって商品の個性が有り、広範囲を攻めれば攻めるほど面白いという結果になるんですね。
同じハードオフでも、店舗によって値段設定が違います。
そこがまた面白い。

これまで数年間、ハードオフだけでなく個人店も合わせて数十店舗に行きました。
で、特別に気になる点というのは無いんですね。
「個性」という意味で受け取れば、どのお店も面白いです。

ただ1点だけ。
コンビニでも入店した時に言われる「いらっしゃいませ、こんにちは~」という挨拶が有りますね。
当初は「こんにちは」とお返しをしたら良いのかと、私的にはとても違和感が有ったわけですが、今ではすっかり慣れてしまい、心の中で「こんにちは」と返すのが習慣になっています。

この「いらっしゃいませ、こんにちは~」は各リユースショップ共に言うんですけど、ハードオフ松戸古ヶ崎店だけは異常とも思えるほど回数が多いんです。
誰かお客さんが入って来た時とか、何かのタイミングで言うのではなく、もうしょっちゅう言うわけですね。
何回言うのかと一度数えたことが有りまして、その時は1階・2階合わせて10秒間で8回「いらっしゃいませ、こんにちは~」をカウントし、もう笑ってしまいましたから。

嘘だと思う方、時間が有る時に言ってみて下さい。
多い人(特に1階のスタッフのひとり)は、一度「いらっしゃいませ、こんにちは~」を言い、3秒後にはまた「いらっしゃいませ、こんにちは~」を言っているわけですね。
もう真夏のセミ状態で、ずっとこの繰り返しなわけです。
最初の頃は耳栓欲しくなりましたもの(笑)

これね、別にスタッフが率先してやっているんじゃなく、やっぱり店長の方針だと思うんですよ。
「もっと声出せ!」みたいな。
でもね、ものには限度というものが有って、あまりしつこく言われると逆に不快になる場合も有ると思うんですね。
今回、2階に上る階段の途中で電話をしている人が居て(「この商品有ったけど、どうする?」みたいな内容)、その人はあまりにも「いらっしゃいませ、こんにちは~」がうるさいので、耳ふさいで電話していましたから(笑)
私はもうこの店が出来て数え切れないほど通っていますから「あ、またこれね(^^;」というふうに慣れましたけど、聞くのが耐えられないっていう人も居るんじゃないでしょうかね。

パソコンショップでよく行く『PC DEPOT』。
あのお店はわざと「お声掛け」をしないんですね。
店内でもそうやってアナウンスされていますが、「気軽にゆっくりと商品を見て下さいね」という理由からです。
だから「いらっしゃいませ、こんにちは~」も言いません(いらっしゃいませ~は言う人も居ます)。
お客さんは黙って入ってゆっくり吟味し、質問が有る時だけ店員さんと話し、良ければ買う。
そこも好きで通っているんですよ、PC DEPOTへ(我が家はほとんどこの店です)。

逆に店内が「いらっしゃいませ、こんにちは~」で溢れていると「さぁ買え、やれ買え」って急かされているようで落ち着かないんです。
あの店のスタッフの皆さん、帰宅しても「いらっしゃいませ、こんにちは~」って気付くと言っているという症状は出ていないんでしょうか。
だって、少なくとも1日に数百回は言ってるんですよ、「いらっしゃいませ、こんにちは~」を。
クセになっちゃうことは無いんでしょうか。
それか、他店に入って「いらっしゃいませ、こんにちは~」と言われたら、続けて自分も言っちゃったりしないのかしら(^^;

冗談はさておき、私は最近そこも楽しみのひとつにしています。
「いらっしゃいませ、こんにちは~」のシャワーを浴びたい時(そんな時が有るのか?)は、松戸古ヶ崎店に行くと。
そして好きなだけ「いらっしゃいませ、こんにちは~」を聞くようにしています。
「あ、今日はあのスタッフが一番多いな、頑張っているな~」とか。
ホント、暇な人は他店数店回ってから松戸古ヶ崎店に行ってみて下さい。
大きく違うのが解って頂けるかと思いますので(^^)

リユースショップは、こういう部分でも楽しめちゃうくらいお気に入り♪
「次回はどの辺りを攻めようか」と考えるだけでワクワクします。

あ、あと、ハードオフの「親切丁寧に買い取ります」っていうのも微妙ですね。
「親切な買い取り」っていうのは何となく解るけど、「丁寧な買い取り」っていうのはイマイチ解りません。
丁寧じゃなくて、逆に早くして頂きたいもんね(笑)

ホント、何もかもが面白いです(≧∀≦*)
関連記事

| ラーメン | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/709-a1842205

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>