<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【東京チカラめし】東京チカラめしの新メニュー『焼肉丼』を頂いてみました

とうとうタイトルが【東京チカラめし】に変化(爆)

これは新メニューというか、ちょっと前から有るメニューです。
ホームページのメニューにはまだ載っていません。
提供している店舗に有るメニュー(印刷)には載っています。
正確には「肉丼」というジャンルで、『焼肉丼』という商品なのかな?
並盛390円・大盛540円・特盛640円での提供です。

多分これ、Nメニューの店舗(焼き牛丼の提供は無く、煮る牛丼を提供する店舗)で「焼き牛丼は無いの?」と聞かれることが多く(私も実際そういうお客さんの声を聞いたことが有ります)、「元祖焼き牛丼と書かれているのに焼いている牛丼が無いのはおかしい」というクレームを何となく避ける為、急遽メニューに載せたものと予想します。
これが有れば「この店舗では焼肉丼が提供出来ます」という対応が出来ますもんね。

本当はまだ食べたことが無い「油林鶏定食大盛610円」か「からあげタルタル南蛮定食大盛650円」か「辛味ねぎ牛丼大盛540円」にサービス券のカレーちょいがけを使おうかと思って入ったんですが、やっぱりここは新メニューを攻めるべきだなと考え直したわけです。

って、段々と「東京チカラめしウォッチャー」みたいになって来たぞ(爆)
私の場合は、こうやって大盛ばっかり食べて結果的に大デブになり「ウワッチャー(×_×;」というケースなら考えられますが…(;¬_¬)

今回行ったのは、東京チカラめし西船橋7丁目店。
この界隈でNメニューはここだけですからね。
入店して「新」の付いた焼肉丼単品大盛券を購入し、唐揚2個サービス券と一緒にお姉さんに渡します。
カレーちょいがけでも良かったんだけど、初めて食べるメニューなので、またまたサービス券は唐揚をチョイスしました。
あっ、そういえば今回はサービス券頂かなかったわ。
廃止したのかな?

東京チカラめしの新メニュー『焼肉丼』の大盛を頂きました

どうせお味噌汁は飲まないことが多いので、次回から「味噌汁抜き」でお願いしてみようかな。
残すの勿体ないですもんね。
今日の女性スタッフは、慣れていないせいか一杯一杯な様子でしたけど、にこやかで気持ちの良い接客でした。
笑顔って、人を幸せにしますよね(^^)

東京チカラめしの新メニュー『焼肉丼』の大盛を頂きました

さて、こちらが焼肉丼大盛です。
これはフライパンで玉ねぎと一緒に甘辛く味付けしたという感じでしょうか。
この店舗は焼き牛丼専用のコンベクションが無いので、多分そうだと思います。

お肉の枚数を数えてみました。
東京チカラめしの牛って結構大きいんですよね。
7~8センチ程度を1枚として、10枚有りました。
千切れていたお肉は、それ同士を繋げて1枚と数えています。
「約10枚」という言い方で宜しいかと。

味は焼き牛丼と同等でした。
脂っこくてインパクトは充分。
脂が落ちないだけ、こちらの方がインパクト有りますかね。
若干いつもより腹持ちが良かった気がしました。

これが焼き牛丼の変わりだとするならば、値段も同等に並盛330円・大盛480円・特盛580円だと嬉しいですかね。
1人前ずつフライパンを使うのは手間ですが、コンベクションを入れるよりは設備投資・維持にお金が掛からないので、その辺の調整で何とかなればいいなぁ~という希望なのでした(^^;
色々言われているお米は無問題。

「この値段でいいよ♪」という人にはいい感じのメニューだと思いました(o^_^o)

≫東京チカラめしホームページ





【ちょっと恥ずかしい唐揚の食べ方】
唐揚はスパイス感が無いので(値段が値段ですからOK)、私は卓上に置かれている「辛味だれ」を使わせて頂いております。
ここはいいとして。

これ言うとちょっと恥ずかしいんですけど…
唐揚、結構硬いんですよ。
外側がカリッという感じではなく、全体的に硬い。
前述の通り、値段が値段なのでOKなんですけどね。

で、私はその唐揚を先にお味噌汁に入れちゃうんです(笑)
どっぷりと。
入り切らなければ、たまに裏返したりして。
そして軟らかくなったら唐揚を箸で持って汁気を切り、「辛味だれ」をかけて頂きます。

そのまま食べるより、ちょっと美味しいと思うんですが(;^_^A

なので、お味噌汁は飲まなくても唐揚を食べる時は必要なんですよ。
お味噌汁は飲まない理由は、無駄に塩分を摂りたくないからなんですけどね。
段々と歳とってくると、その辺の事も考えるようになりまして。

え?
それ考えているなら何故大盛かって??

いや、ですからね (^_^; アハハ…
関連記事

| 牛丼・丼もの | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/704-ed6f1e99

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>