<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【居酒屋】居酒屋弥生でこにく

土曜日のお話。

うちの家族は(弥生に)必ずいらっしゃるとは限らないK村さんのファンです。
必ずいらっしゃるとは限らないから、今夜居るという保証は有りません(当たり前だ)。
でも会いたい時は行くんです。
当てずっぽうに行くんです。

居酒屋弥生

すみません。
ホワイトバランス間違えましたm(__)m

この日は、いつもカウンターに居るご夫婦と、必ずカウンターの左端に座る常連さん、そしてテーブル席に2グループ。
後から1グループが来て満席。
人気高いですよねぇ、弥生さんは。

居酒屋弥生

品物の良さでいうと、この界隈では弥生さんが一番だと思います。
品物というのは、生もの関係ですね。
料理全体で言えば『和洋居酒屋おいしげ』さんや『wa-modern dining 汐彩』さんも素晴らしい。
私の中でのトップ3でございます。

この界隈も、色々とお店が変わったりもしています。
訳有って閉店したり、新規にオープンしたり。
うちの家族が数ヶ月前、友達から「大事な話が有る」と言われ、未訪問のお店に行ったようです。
「店員さんがちょくちょく話に割って入って来て迷惑だった」と言っていましたが、話に入って良いかどうかの判断(というか、どう接客するか)はその店の気遣いに関係することなので、客商売には重要な部分だと思います。
今後はその店(店主)の営業年数(経験)によって解決するのかも知れませんが、たった一度の接客で「もう行かない」と思われてしまう可能性も有るわけで、そこも客商売の難しいところなんでしょうね。

居酒屋弥生

とにかく我が家は、居心地の良いお店が好きです。
それは「騒がしいかどうか」とは関係なく、何となく心が安まると言いますか、気を使うことなく、まったりと飲めると言いますか、言葉では上手く表現出来ない感覚的なことなんだと思います。

K村さんはいらっしゃいませんでしたが、今夜も居心地が良い空間で、まったりと楽しむことが出来ました。
ご馳走様でしたm(__)m

【居酒屋弥生】
住所 千葉県松戸市小金原6-11-5
電話 047-342-2086
時間 17時~23時頃(食材切れで終了)
定休 月曜日


大きな地図で見る





最近ちょこちょこと、某評論家さんの炎上について貼り付けておりました。
私を含め、食べ歩きをしている人達にも、考える所が有ったと思います。
まぁ、これとは無関係なお話として。

私個人の考え方として、「食べさせて頂いて感想を書く」ということに関してはほぼ無問題であろうと思っています。
「美味しく楽しく過ごせました」とか「う~ん、私にはちょっと辛かったかな~」とか、感想は人それぞれで良いと思いますし、そこは無問題ではないかと。
難しいのは「要望」とか「提案」とか、意見のようなものだと思うんです。
これらがあまりにも強いと、お店側は「いや~そこまで言うか~」的な感情を抱くのではないかと。

そういう意味で言えば、某件の方は普段から臨休に対して手厳しくしていらっしゃったようでして、ストレートに言うと「お店を構えていて臨休とは何事か」というスタンスのようなんですね。
で、前にどこかで見た(他の)ブログにも「お店側は、遠くから来て振られた人の気持ちになれ」のようなことを書いて有りまして、私的には、う~ん…どうかなと思ってしまうんです。
「ラーメン屋は全店禁煙にしろ」なんていうのも同様。

私もたまに書いてしまうことも有るとは思うんですけど、「意見」みたいなものは難しいですよね。
「こういうふうにして欲しいな~」という「希望・要望」ならばまだ可愛げも有ったりするわけですが。
今回のような、「臨休」に関しては仕方が無い部分も有るんじゃないのかなと。

多分ですけど、そういう人は若い層なんじゃないかと思うんですよ。
まだピチピチのね(^^)
我々のように歳食ってしまうと、体は思うように動かなくなっていますし、両親の世話もしなきゃならないとか、やれ子供が熱出したとか、親戚の誰々さんが亡くなったとか、長年生きていますと、そういう「どうしても休まなければならないような日」というのが多くなってくるんです。
「結婚しているかどうか」だけでも、独身時代とは全く生活が違って来ますしね。
子供が生まれたなんてことになれば、尚更思うように行かなくなります。

そういうことを考慮せずに「臨休とはどういうこと?」と言われてしまうと、店主を同じ人間とは思っていないような気すらしてきちゃうんですよね。
人間、生きていれば色々なことが有るわけですから、お客さんも色々な都合で来店するんでしょうけど、同じくらい店主にも色々と有るわけでして。

例えばその臨休の都合が、スープ不出来の為だったとしましょうか。
「そうしないようにするのがプロだろ」というお話も理解出来ます。
でも、それだけの「こだわり」が有るからそのお店が好きっていう人だって居ますよね。
数量限定だってその通りです。
「少ない人数でやっているから杯数用意出来ないんですが、それでも宜しければどうぞ」と言われ、本当に食べたければ間に合うように行くでしょう。
その日が売り切れでも、本当に食べたければまた行きます。

要するに、そこにお店が有って、そのお店に行きたければ、そういう部分(お店の事情)も全部引っくるめて「行きたい」と思う人が行けば良いのではないかと思うんです。
本当に行きたい人だけが行けば良い。
だって、数量限定とか定休日とか、知らない時点で常連さんではないわけですよね。
お店側は商売でやっているわけですから、もしかしたら一生に一度しか来ないお客さんの為に、自分の生活を変えたり、休み無く働いたりするのっておかしいですもん。
(お客様に合わせるという姿勢は素晴らしいことだと思います)

私なんかしょっちゅうフラれていますし、それがネタになっちゃっています(爆)
そんだけ記憶力が無いっていう私の脳味噌も問題ですけどね(^^;
フラれても、本当に行きたい人はまた行きます。
私も以前『火風鼎』まで行ってフラれ、2日後にリベンジしましたから(`・ω・´)

どんなことにおいても、必ず「相手が居る」っていうことを、少しは頭に入れておいた方がいいかも知れませんよね。
相手が居れば相手の都合っていうものも有ります。
自分の都合通りには、世の中回りませんもの。

それと。
誰にでも失敗は有りますよね。
私も数え切れないほど失敗しています。
人間関係においても、それ以外でも。
でもいいじゃないですか。
命まで取られるわけじゃないし。
失敗したら、反省して、また頑張って這い上がればいい。

さて、今週はどこでフラれて来ようかな~っと(笑)
関連記事

| お酒を楽しむお店 | 01:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

居酒屋弥生、行ってみたい!

死ぬまでに一度入ってみたい店!

| とっとこ★はげ太郎・・・ | 2013/06/03 18:57 | URI | >> EDIT

Re: とっとこ★はげ太郎さんへ

> 居酒屋弥生、行ってみたい!
> 死ぬまでに一度入ってみたい店!

死ぬまでになんて言わずに(^^;

「ネット見て来ました」っていう人、今までも結構居たらしいですよ。
便の良い場所では無いのに、有難いですねぇ。
そういう方達って、とても礼儀正しい人らしいんですよね。
逆に常連の方が…(爆)

| たいちょ | 2013/06/03 20:01 | URI | >> EDIT

re:【居酒屋】居酒屋弥生でこにく

たいちょ様は優しいなあ…

後ろから、「電話してから行けやボケナス」ってささやいて終わりですw)

| trv | 2013/06/03 20:06 | URI |

Re: re:【居酒屋】居酒屋弥生でこにく

> たいちょ様は優しいなあ…

いえいえ、いつも好き勝手なこと書いていますから(^^;

> 後ろから、「電話してから行けやボケナス」ってささやいて終わりですw)

ほとんどの皆さんがそうだと思います(笑)
フラれるのをネタにしている私でも、「そんなに臨休が嫌なら営業しているか確認してから来ればいいのでは?」って思いますもの。
フラレるのって、結構面白いですからね(爆)

何となくですが、この人は余裕が無いような気がします。
若いからなんでしょうかねぇ。
明日で間に合うことは明日でもいいのに(^^)

| たいちょ | 2013/06/03 22:44 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/668-ce731f35

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>