<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【デジカメ】クローズアップレンズの使い方の補足

※このシリーズは、「食べ歩きの写真を撮る際にどのカメラが適しているか」の質問に対しまして、ド素人の私が初心者向けに書いております。間違った記述が有るかも知れませんので、参考にする場合は自己責任でお願いしますm(__)m

最後に、クローズアップレンズ使用時の補足説明を。

クローズアップレンズを使用すると被写体(料理)に近寄って撮影が出来るわけですが、周囲をボカすF値を小さくした(絞りを開放した)状態ですと、こういうような写真になります(クローズアップレンズNo.3使用)。

クローズアップレンズの使い方の補足

この写真よりも、もっと周辺をハッキリ撮りたい場合も有ります。
例えばこの写真。

クローズアップレンズの使い方の補足

遠くがうっすらボケた感じです。
でもクローズアップレンズを使用すると、ボケが進んでしまう(笑)

クローズアップレンズの使い方の補足

これはクローズアップレンズのNo.5を使っています。
後ろの2本のボケをもう少し解消したい場合は、F値を例えばF20位に上げればいいわけですね。

しかし…

クローズアップレンズの使い方の補足

F値を大きくする(絞る)とシャッタースピードが遅くなり、このように手振れしてしまいます。
その場合は『ISO感度』を例えば800とか1000位に上げてみるとシャッタースピードが速くなり、手振れを防ぐことが出来ます(あまり上げると写真が荒くなります)。

クローズアップレンズの使い方の補足

後ろの2本が前よりも鮮明に写っています。

クローズアップレンズNo.5だと、この辺まで寄れますね。

クローズアップレンズの使い方の補足

ま、寄る必要が有るかどうかは別として(笑)

F値を大きくする(絞る)と、こんな感じ。

クローズアップレンズの使い方の補足

こういう事柄に関しては、使用のカメラ、レンズ、撮影場所の照明、クローズアップレンズの番号等によって変わりますが、その辺りは数多く撮影していくうちに解ると思います。
クローズアップレンズ、安いけど結構頼りになるんですよ(^^)



この「食べ歩きに適したカメラ選び」というような内容のエントリーは一応今回で終わります。
私みたいなド素人がお話出来るのはここまでで、カメラでも何でも、凄く詳しい方が世の中にはたくさんいらっしゃいますので、そういう先輩のページをご覧下さいませ。
とは言え、私もカメラとはこれからも(浅く)付き合って行くわけで、ちょっとしたお話は各エントリーに出て来ると思います。
そこまで凝るつもりは無いですから、どうせド素人丸出しのトンチンカンな内容になるんでしょうけどね(爆)

結論は「ミラーレス一眼+単焦点レンズ」とはなりましたけれど(そう言っている本人がこう書いてしまうと矛盾しますが)、機材は何でもいいと思います。
コンデジだって良い写真が撮れます。
1万円そこそこのデジイチだって、かなり良い。
情熱が有れば、きっと良い写真が撮れます。

出来るだけ、枚数を多く撮りましょう。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式です。
料理が出て来たら、息を止めて5秒以内に出来るだけたくさん撮りましょう。
その中に、1枚くらいは良い写真が有るはずです(^^)
関連記事


| カメラ | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/641-fefbf455

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。