<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【デジカメ】食べ歩きの写真にズームレンズは必要か

※このシリーズは、「食べ歩きの写真を撮る際にどのカメラが適しているか」の質問に対しまして、ド素人の私が初心者向けに書いております。間違った記述が有るかも知れませんので、参考にする場合は自己責任でお願いしますm(__)m

前回のお話の続きです。

『例えばE-PL3のダブルズームキットだったら「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」が付属するわけですが、食べ歩きに使うレンズでこんなの要ります?』と、前回書きました。
その理由を書きます。
少なくとも、私は必要有りません。

私が持っているミラーレスのレンズは「14-42mm 1:3.5-5.6」です。
このレンズで(焦点距離を)段階的に写真を写してみました。

まずは14mm。

食べ歩きで撮る写真とズームレンズ

レンズと丼の距離は、ラーメンが来て「おぉ、美味しそ~」と眺める距離です。
カウンターで背筋を伸ばしてちょっと前屈みに構える感じ。

これから、この姿勢を崩さないで焦点距離だけ変化させて行きます。

次は25mm。

食べ歩きで撮る写真とズームレンズ

もうおかしいですよね。
でも、ちょっと海老反ったりすれば丼全体が写りますし、麺の形状とかスープのアップを撮る人が居たとして、ここまでは良しとしましょうか。

最後に42mm。

食べ歩きで撮る写真とズームレンズ

ここまでズームして撮る人は居ないと言って良いのではないでしょうか。
話に出したE-PL3のダブルズームキットの場合、更に焦点距離40-150mmをカバーしようとするわけですから、そっちの方こそ全く要りません。

この42mmで丼全体を撮ろうとすると、背もたれに背中を付け、思いっきり後方に海老反ってこういう写真になります。

食べ歩きで撮る写真とズームレンズ

カメラを構えている高さが変わって来ちゃってますね。
それに、無理な体勢は手振れに繋がります。

それとですね、もっと重要なのは、今回の写真は比較する為にだけ撮ったので明るく加工してあるんですけど、今回の標準ズームレンズで撮った写真はこうなんですよ。

食べ歩きで撮る写真とズームレンズ

大体標準キットのレンズの明るさは「F3.5-5.6」くらいですよね。
雰囲気の良いちょっと照明を落としぎみなお店に行ったら、AF(オートフォーカス)が中々決まらなかったり、シャッタースピードが稼げずに手振れまくりの写真になっちゃいます。
ズームレンズは「暗い」んですよ。

これと同じ照明で単焦点レンズを使った写真が、前回載せましたこちらです。

食べ歩きで写真を撮る為のデジカメ選び

私の昼食デブ一直線バージョン「豚生姜焼き丼大盛」の写真です(爆)
ちょっと左右のバランスが悪いでしょうか(^^;; ヒヤアセ

さて、前回オススメしたレンズ、ここにも貼り付けておきますね。

Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. 『3~5営業日後の発送予定』 パンケーキレンズ 40mm相当広角単焦点レンズH-H020[02P06may13]fs2gm

価格:37,990円
(2013/5/12 08:55時点)
感想(0件)




↑これがイチオシで。

【送料無料】Panasonic デジタル一眼カメラ用交換パンケーキレンズ LUMIX G 14mm/ F2.5 ASPH. [H-H014]【在庫目安:お取り寄せ】【fsp2124-2c】

価格:35,511円
(2013/5/12 08:57時点)
感想(0件)




次は↑こちらです。

上のレンズのF値は1.7ですからね。
相当明るくて、シャッターはパシャパシャ切れます。
ほとんどのお店でフラッシュは要りません(多少薄暗くても大丈夫)。

今回の「ズームレンズは要らない」というお話に戻します。
結局今回の写真では、14mmの距離(焦点距離)の写真が一番しっくり来ました。
ということは、我々のような食べ歩きで使うレンズの焦点距離は、短くて良いということになりますね。
50mmも要りません。
上記レンズのように20mm、もしくは14mmで良いわけです。

ホント、単焦点レンズ1本有れば何でも撮れますから(極端に言えば)。
単焦点レンズだからといって、風景が撮れないわけではありませんのでね。
ズームレンズはある距離からある距離までの間を1本でフォローしますから確かに便利です。
自分が移動しなくてもいい。
ただし「明るさが充分に確保出来ていれば」という条件が必要です。
我々のように料理の写真を撮る人間は、そこを一番考えなければならないんですよ。

だからこそ、明るい単焦点レンズなんです。

ただ、単焦点レンズにも欠点が有ります。
焦点距離が決まっている為、ズーム出来ない分、自分が動いて被写体との距離を決めなければなりません。
しかしですね、購入時に自分が撮りたい焦点距離のレンズを選択すれば良いのですし、我々のように被写体が料理という場合は、動くと言ってもカメラを数センチ前後すれば良い話ですから、何の問題もないわけです。

では何を選択すかというと、ミラーレス一眼パンケーキキットがいいです。
そして使っていくうちに不便を感じたら、標準ズームの比較的明るいレンズを買い足せばいい。
写真にハマっていくうちに色々なレンズが欲しくなりますけど、食べ歩きやちょっとした人物の写真を撮るのでしたら、焦点距離の短い単焦点レンズ1本で充分だと私は思いますよ(o^_^o)

次回はもうちょっと踏み込んだお話を♪
関連記事


| カメラ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/625-b743eed2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>