<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ダイエット】置き換えダイエット法の大きな欠点

ダイエットを始めてから約一週間。
本日の体重は69.7kg。
現在70kg前後を行き来しております。
一週間で2kg痩せれば御の字だという考えもございますが、私のようなデブが2~3kg痩せるのはもの凄く簡単で、それが出来ないというデブな人が居たとすれば、それはダイエット方法が間違っているということになります。
デブの2~3kgなんて、あっという間です。

デブが数kg痩せるのは簡単ですが、痩せている人が3kg痩せるのはしんどいです。
世の女性は、丁度良いスタイルの人ほど「ダイエットしなきゃ」なんて言いますね。
逆に、本当にダイエットが必要な人ほど言いません(笑)

それはさておき。

この歳まで何度もダイエットを行った結論としてハッキリと言えるのは、「運動しかない」ってことです。
もう「絶対にそうだ」と言ってもいい。

雑誌でも、ダイエットと禿ネタは売れるんだそうです。
それは「確実な方法が無いから」ですね。
頑張って痩せる方法はいくらでも有ります。
でも、デブは頑張りたくないんです。
元々頑張れる性格ならばデブにならないんです。
勿論私もデブですから頑張りたくありません(きっぱり)。

基本は「摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする」ということですね。
「食べるな、動け」というわけです。
デブは頑張れないけど食欲は有ります。
動く以上に食べてしまうから太るんです。
こんなことは、誰もが解っています。
でも、解っているようで、本当は解っていないんです。

主食(炭水化物)を食べないダイエットというものが有りますね。
ちゃんとやればダイエットは成功します。

私が以前ブログに書いた「豆腐・野菜中心の食事でダイエット」や「イカリ豆ダイエット」や「糸コンニャク焼きそばでダイエット」をしたとします。
ちゃんとやれば、それなりにダイエットは成功します。
実際に私も痩せました。

じゃあ、何故私はまたデブになったか。

何かを何かに代えるダイエット法なんて、続かなければ意味が無いんです。
美味しいものを食べずに、普段あまり食べないものばかり毎回食べ、3ヶ月で10kg減ったとしましょう。
3ヶ月間は、そりゃもう辛いです。
ありとあらゆる誘惑から逃れ、パワーが無くなってフラフラし、思考回路が鈍り、気を確かに持たないと歩くことさえもままなりません。

私は昔、1ヶ月で10kg以上減量したことが有ります。
その時の食事はこうです。
朝 味噌汁のみ
昼 おにぎり1個とリンゴ1個、もしくはリンゴのみ
夜 アルコールのみか、プラス簡単なおかず

最初の1週間で7kg落としました。
3ヶ月で17kg減。
その後、風疹になりました(笑)
それでも「減量」という意味(だけ)においては、「成功した」と言って良いと思います。
実際に痩せたんですから。

ここで一言。
私は「健康的に痩せろ」なんて言う気は全く有りませんよ。
デブの嫌いな言葉のひとつですから。
勿論私も嫌いです。

ダイエット中は「痩せる為だ!」と気を張っています。
その気持ちは、我慢が足りない私のような人間でも、3ヶ月程度は続きます。
しかし!
生まれつき食い意地が張っている私ですから、例えば外に友達と飲みに出掛けて〆にラーメンを食べたとか、そういうきっかけで「やっぱラーメン美味しぃ~(≧∀≦*)」ということになり、『腹減りスイッチ』が入ってしまったとしますね。
その後2週間くらいは「せっかく痩せたんだから」と気を付けながら食べたとしても、食い意地の張った人間が食べ始めちゃったら止まるわけがないんですよ。
元々デブ要素を持っているわけですからね、太るのは簡単です。
あっという間に1kg、3kg、5kgと増加。
そして思うんです。

「太ったら、また前の方法で痩せればいいや」

よく「若いうちにもう少し楽しみたいから、子供は2年後に予定しています」なんてことを聞きます。
一見計画性が有って素晴らしい考えだな~なんて思われがちですが、ちょっと待って頂きたい。
私はこう思うんです。
「あなたが2年後、子供が出来る体だという保証はどこに有るんですか?」と。

この発想は、ヘタな博打打ちと一緒ですよ。
「昨日15万円儲かったから今日も出るかも知れない」
「7万円使って8万円出したことが有るから、7万円までは使っても大丈夫だ」
今日勝っているからといって、明日勝つ保証はどこにもないんです。

「太ったら、また前の方法で痩せればいいや」というのも同じで、また痩せようと思った時に「前の方法」が通じるかは解りません。
その時は気持ちをしっかりと持ってダイエットに向き合えたかも知れないけれど、次回はそんな気になれないかも知れない。
途中で挫折するかも知れない。
巷に有る「置き換えダイエット法」には、それを理論付ける「医師の説明」や「栄養士の説明」が載っていて、いかにも「これは科学的にも証明出来る方法です」のような方向に持って行き、我々を信用させようとしていますが、その理論には人間として最も重要なことが抜けているんですよ。

ダイエットは、強靱な精神力が無いと難しいんです。
自分のモチベーションをコントロールするのはとても難しい。
ダイエットに成功した時は、モチベーションを高く維持出来たのでしょう。
その時は。
でもね、いつも出来るかというと、そんな人は稀でしょう。
だいたい、モチベーションをコントロール出来る人が、消費カロリーをコントロール出来ずに大デブになるなんて考え難いです。

ストレートに言いますと、何かを何かに置き換える「置き換えダイエット法」はダメだということです。
少なくとも私には「ダメな方法」でした。
「ダメ」というのは「痩せられない」という意味ではありません。
「うまくやったら痩せられるけれど、維持は難しい」という意味です。
「私はずっとモチベーションを高く維持出来るから大丈夫」という人が居るならば、それはそれで良いと思います。
しかし、ほとんどの人はそれが出来ない。
私は出来ません。
だから「置き換えダイエット法」はダメなんです。

前述のように、人間の精神は常に一定では有りません。
脳のメカニズムなんて未だに解明されてないし、これから先も難しいでしょう(脳だって進化しますから、きっと追い付くことは無いでしょう)。
人間の、未だに解明されていない曖昧な部分を抜かして考えるわけにはいかないんです。
極端に食事を制限している期間は、精神的に不安定になりやすい。
それは、それ自体がストレス要因だからです。
要するに、普通の状態ではないんですよ。
毎食、毎食、ストレスを感じて生活しているわけですからね。

万が一「置き換えダイエット法」で痩せたとしましょう。
その体重を維持するには、その置き換えた食事を一生続けなければなりません
それが「置き換えダイエット法」の最大の欠点です。
年々、代謝が悪くなっていきますから、それに応じてもっと食事に気を付けなければなりません。
そんな状態でストレスを感じない人が居るとすれば、それこそ神でしょうね。
いや、神でも無理でしょう。

一生自分が食べたい食事を何かに置き換えなければならないなんて、食いしん坊の私には出来ません。
そんなことより、ちょっとした運動をして普通な食事を取った方が精神的にもいい。
私も今、いつもの食事を何かに置き換えていますが、それはサブです。
毎日の仕事で動きますし(ガテン系ですから)、車に乗っている時でも、工夫して筋肉を動かすようにしています。
筋肉を付けないと痩せにくいからです。
逆に言うと、筋肉を鍛えると「それだけで痩せる」という極端な言い方も出来るかも知れません。
いや、そう思いたい(希望)

例えばですね、腹筋を毎日10日間続けます。
食事制限10日間よりずっと辛くないし、ストレスも感じません。
だって食事は必ず1日3回有るけれど、腹筋なんてたかが10~15分程度ですよ。
それを、自分が無理なく出来る回数やる。
1回しか出来なかったら、それでいいんです。
腹筋を10日やれば、胴回りが(多少なりとも)縮まります。
もしも体重は変わらなくても、それはダイエットと言って良いと思うんです。
筋肉を鍛えたせいで、多少なりともその後のダイエットに良い影響が出るはずです。

面白いな~と思ったのは、ダイエット法ってその人の得意な(比較的ストレスに感じない)方に持って行きたがりますよね。
わりと筋肉体型でスポーツ好きな人は「筋力を強化しよう!」というダイエット法を勧めますし、そうでない人は置き換えダイエット法を勧めます。

それで笑ったのが「辛い・きつい・続かない食事ダイエットは止めて、筋力アップのエクササイズをして簡単に痩せよう!」っていう本(そんな感じの内容っていうことです)。
その著者は「筋力アップのエクササイズ」が「辛い・きつい・続かない」とは思っていないんですよ。
筋力アップのエクササイズを毎日することが、「簡単」らしい。
私には「辛い・きつい・続かない」としか感じないんですけど(笑)

人間の脳って凄いなぁって、ここでも思いました。
だって、逆にこういう言い方も出来るんですよ。
「辛い・きつい・続かない運動ダイエットは止めて、置き換えダイエットで簡単に痩せよう!」
これって、その作者のさじ加減じゃないですか(^-^;

とにかくダイエットは、運動がメインで食事制限はサブ。
食事制限だけのダイエットは維持がモーレツに難しい(限りなく無理に近い)というお話でした。

とりあえず今回は7kg減の、65kgまでは頑張ります。
関連記事


| ダイエット | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/590-4bbb663f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>