<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【カップ麺】日清のレッドショックヌードルが丁度良い辛さで美味しい

うちの母は辛いのが苦手です。
見て「これは辛いだろう」と思ったものは1口も食べません。
色が赤いだけで、実際に食べたら甘い物なんだと解っても食べません。
何を言われても食べません。
辛子も山葵も、胡椒すら食べません。
大人しい性格ですが、かなり頑固なんです。

そんな母親に育てられた私は、やっぱり辛いものが苦手です。
ボンベイのカシミールカレーなんか食べた日にゃあ、3口目くらいで舌が麻痺。
その後は、美味しいのかなんて解らなくなるほど舌がヒリヒリ痛くます。
カシミールカレーとインドカレー、どっちが辛いのか区別が付きませんでした。
それほど両者辛いです。

でもボンベイに行けばいつもカシミール食べます(マテ

日清 韓国チゲ風スープ レッドショックヌードル

日清では2012年12月から3ヵ月連続で、寒い季節にぴったりの「あったかHEAT UPメニュー! 」というものを発売しているんですね。
これは今回の第3弾が最終回で、チーズクリームシチューヌードル(まろやか)→カップヌードル ブラックみそ(ピリ辛)→レッドショックヌードル(激辛)と、徐々に辛さを増していくというシリーズなんです。
第1弾チーズクリームシチューヌードルはまろやかということで食べてはいませんが、第2弾のブラックみそは美味しく頂きました。
私でも美味しく頂ける程度の辛さ、いや、「辛い」ではなくて普通に美味しい。
ペヤングの激辛焼きそばとは比べものにならないほど「辛くない」です(笑)

日清 韓国チゲ風スープ レッドショックヌードル

この「辛くない」っていうのは褒め言葉として使っているんですけど、これは辛いことがウリの商品なので、全く褒め言葉にならないのが辛い(つらい)ところです。
さて、カップに「衝撃の辛さ」と書かれているこの商品はどうなんでしょうか。

日清 韓国チゲ風スープ レッドショックヌードル

うひょ~~~~!
もの凄く赤いです(+_+)
こっ、これは私の口に入れて良いものなのでしょうか。
唇が触れた瞬間、「清川虹子さん」のようになったりはしないでしょうか。

清川虹子さん

清川虹子で検索すると高田純次が出て来るのは、きっとあの番組のせいでしょうね。
あれはお腹抱えて笑いました。
もう一度見たいです。

上戸彩もたらこ唇に入るんですか?
そうなると、私の好きなドナルド唇って、たらこ唇も入るのかなぁ。
もう一度比較検討し直してみるべきだなぁ。

あ、清川虹子さんから脱線しました。

熱々のうちに食べてみましたよ!

1口。
あっちっ!(おこちゃま舌であり、猫舌でもあるワタクシ)

2口。
あ、辛いかも。

3口。
あっ、これ美味しい♪

ということで、衝撃も有りませんでしたし、激辛でも有りませんでした。
単純に辛さだけを求めた激辛カップとは違い、日清のカップヌードルらしい商品でした。

いやホント、褒めているんだってば(^^;

【日清 韓国チゲ風スープ レッドショックヌードル】
製造者 日清食品株式会社
内容量 80g(めん60g)
エネルギー 380kcal
発売日 2013年2月4日
希望小売価格 183円

≫日清食品株式会社ホームページ
関連記事


| カップ麺・袋麺 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/571-37a8e799

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>