<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

『焼肉酒家えびす』だけが問題か

≫焼き肉チェーン食中毒、死者4人に 富山の店で食事の70代女性

現在、ユッケ=焼肉酒家えびすのような状況ですね(ユッケで検索すると)。
あの記者会見。
「牛肉に生肉用は流通されていない!」
この記者会見を見る限り「私の会社は特別違法なことをしていないのに、何故うちばっかり責められなきゃいけないの?」と言わんばかり。

中途半端に頭の良い人って、論点をすり替えれば何とかなると思っているから困ります。
人が死んでいるんですよね?
そこをまず理解しているのか伺いたい。
「自分は悪くない」なんて少しでも思っていたら、とんでもないことですよ。
あの記者会見、反省しているようには思えないんですよね。

ちょっと逸れますが、原発CMで謝罪した勝間和代さんの時と同じ感情が湧きます。

≫原発事故に関する宣伝責任へのお詫びと、東京電力及び国への公開提案の開示

謝罪したい人が書く文章とは思えないし、専門家でもない人間が提案って…

≫勝間和代女史が寝返った件(いい意味で)

↑このページの最後に書かれていた「普通にいままでの経緯や発言を撤回して謝罪するだけで良かったのに」という1文に同意。

おまけで貼り付けておきます。
≫中部電力の原発啓蒙CMに出演した3人は今なにを思う
≫信じるか信じないかはあなた次第 ~原発啓蒙CM出演、原発推進を声高に叫んできた勝間和代の謝罪文~

今回の食中毒事件には、こういう一面も有ります。

★食中毒事件が発生する直前の2011年4月18日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、司会の島田紳助が同社を絶賛していた(Wikipediaより)。

≫直前に日テレ番組で称賛 「大量仕入れ、高級店並み」


原発の広告塔だったからと勝間和代さんが謝罪したわけですから、『焼肉酒家えびす』を絶賛した島田紳助氏も謝罪が必要?



この食中毒事件、被害者の方々は本当に気の毒だと思いますが、実はあまり驚かなかったんです。
「有るだろうな」と。

『えびす』とは違う会社の話になりますが。

仕事で、最近多方面に展開している某チェーン店と契約したわけですが、その店がたった数ヶ月でキャンセルすると連絡して来ました。
値段の見直しをしたという理由です。
ですが、数ヶ月で解約をして来た本当の理由はこれです。

「現在破損している店舗の施設を、我々が指摘したから」

要するに「壊れていますから交換が必要です。交換には○○円費用が掛かります」と申し上げたわけですね。
この時に破損していたのは、そのままにしておくと周囲に迷惑が掛かる部分です。
しかしこの会社は「このままでいい」と言う。
「このまま使う」ということは、「周囲のことなんか関係無い、うちの会社の経費が減って利益が上がればそれでいい」と言っているわけですよね。

勿論商売において経費削減は重要です。
しかしながら、削減して良い部分と悪い部分の見極めが出来なければいけない。
すべきことをちゃんとした上で利益を出す。
それが商売でしょう。
そんなことは、大学を出ていなくても解っていなければおかしい。

最近、若い社長がどこからともなく出て来て会社を興し、短期間にもの凄い利益を上げたりしています。
それはそれで良い面も有るでしょう。
どんな人にだってチャンスは有ります。
そうでなければ、夢が無くてつまらない。
逆に我々お客側も、安価で美味しいものが食べられるならば、そんなに良いことはありません。

しかしそういう企業の中には、とんでもない考え方の企業も有るということを、我々消費者は知っておいた方が良いと思うのです。

実は今回のキャンセル、契約違反なんですよ。
ちゃんと契約書に書かれています。
要するにここの社長、契約書の確認をしていないんですよ。
ですから私は、契約違反の件は言いませんでした。
こういう会社の場合、仕事を続ける方がマイナスになるからです。

私は最初、そのチェーンを「安くてお得」とブログに書きました。
でも仕事で絡んだ数ヶ月間でその会社の姿勢が解ってしまい、今では一切食べに行っておりませんし、話題にもしません。
店舗の施設をちゃんとする気が無い会社が、お客様にまともな料理が出せるはずがありませんから。

なかなか難しいことだとは思いますが、我々お客側は、もっと慎重にお店選びをしなければならないと、今回の件で感じました。
とりあえず私は、新しいチェーンにはすぐ飛びつかないようにしたいと思います。
そして「激安=企業努力」と、安易に信用しないと。

ま、元々チェーン店にはあまり入らないんですけどね(^^;
関連記事


| 日記 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/56-ae1527d2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>