<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【カップ麺】ニュータッチ-ラーメンライス魚介豚骨醤油味

これ、数年前にも出ていましたよね。
その時はちょっと手が出なかったんですが、また出て来たので「流行っているのかな?」と思うと同時に、どんな工夫がされているのかが気になって買ってみました。

ニュータッチ-ラーメンライス魚介豚骨醤油味

まず初めに、かやくの袋を入れてお湯を注ぎ、3分待ちます。

ニュータッチ-ラーメンライス魚介豚骨醤油味

写真右に有る、後入れのスープを入れます。

ニュータッチ-ラーメンライス魚介豚骨醤油味

ふたの裏側に「もうひとつの楽しみ方」という記述が有り、少し食べてからご飯を入れて2~3分後に食べるという「美味しい追い飯として」食べる方法が書かれていたので、今回はその方法で食べてみました。
半分ほど食べてから、ライスの袋を入れます。

ニュータッチ-ラーメンライス魚介豚骨醤油味

すみません。
カメラにまだ慣れていないもので、こんな写真になってしまいました(^-^;

最初、麺にお湯を注いで3分待ち、1分で半分食べて3分待つと、単純計算で最後の麺は7分お湯に浸かった状態で口に入るということになりますね。
私はちょっとズルをして、お湯を注いで2分で食べ始め(そのくらいが好み)、30秒で半分食べ、ライスを入れて1分半で食べましたから、最後の麺は4分経過して食べた計算になります。
正直、そこがギリですね。
これ以上置くと、麺がヘタってしまいますm(__)m

結論を先に言うと、ふたの裏に書かれている食べ方はしない方がいいです(^^;

まず、食事をする時って普通はお腹空いていますから、3分待って「いっただっきま~す!」と食べ始め、半分食べてから食べるのを更に3分も中断しろというのは、もう地獄の沙汰です。
愛犬でさえ、「まて!」と言われて3分も待てやしないでしょう。
よしんば最初の3分はギリギリ待てても、次の3分は無理。
私がその犬だったら、そんなことをさせる飼い主に見切りを付けて翌日逃げ出すと思います(笑)
途中で「まて!」と言われるなら、最初に6分待ってから最後まで食べた方がいい。
私のように1分半程度で我慢の限界が来た場合、ライスは変に硬いままだし、麺がのびるのが気になるしで、美味しい状態で食べるなんて出来るはずもありません。

「更に3分待てば激旨!」というなら待つかも知れません。
でも、この写真の通りのライスですからね(写真が解り難くてすみません)。
ライスというより、硬くて味のないお煎餅みたいなものなので。
私は絶対に「不味い」とは言いませんが、激旨かどうかと言われると、日本語の通じない外国の人になるしかありません。
お腹が中途半端な状態で更に3分間待たされ、結果がここういうことになりますと、人間というのはいったいどこにこの気持ちを持って行って処理したら良いのか、それこそふたの裏に書いておいて頂きたく宜しくお願い申し上げますm(__)m

この商品を一番美味しく頂くには、最初っからライスを入れる方法が(私的には)オススメ。

【究極のB級グルメ!ラーメンライス魚介豚骨醤油味】
製造者 ヤマダイ株式会社(ニュータッチ)
内容量 147g(めん90g)
エネルギー 612kcal
参考料金 199円

≫ヤマダイホームページ






ワタクシ、「B級グルメのB食隊」と自ら言っちゃっていますが、ヘビーユーザの皆様にはご承知頂いている通り、うちの「B級グルメ」という定義は少し違っているのかも知れません。
詳細は、このエントリーの中で言うと語弊が有ると思うので割愛しますが、「方向は違います」ということだけ申し上げて、この項を締め括りたいと思います。

有難うございましたm(__)m



【無関係な補足】

『SIGMA ZOOM 28-80mm 1:3.5-5.6 MACRO改』のテストとして、近くで写真を撮ったので少し貼り付けます。

D80で撮影

最近、キレイな花壇が有る家が減ってきましたですねぇ。
これも全て民主党のせいでしょうか。
鳩山・菅が悪いのでしょうか。

それとも、安倍晋三がアカペラで歌ったからでしょうか。

仕方ないので、その辺をブラブラして来ました。

D80で撮影

同じレンズで色合いがこうも違うものなんですねぇ。
やっぱ、写真って難しいなぁ。

D80で撮影

D80で撮影

私の腕では、ここが限界か…(。-д-。)

早く春が来ないかな~♪
関連記事

| カップ麺・袋麺 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/544-87d5274f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>