びーしょく三昧

飲兵衛B食オヤジの趣味とメモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デジカメ】MFでピントが合わないのは老眼のせい?

今のデジカメは素晴らしく良くなっていて、AFで撮っても「をぉっ!」という写真が簡単に撮れてしまう為、「MFってなに?自分でピント合わせる??」なんて人も居ますね。
うちの子供達は完全にそっちです。
ピントはカメラが自動で合わせるものだと思っているし、「それがカメラだ」と思っています。

先日父にデジイチの入門機として中古のE-410をプレゼントしました。
「これって、自分でピント合わせたり出来るのか?」と聞かれ、MFの話をしながらMFのセッティングをして渡しました。
「昔のカメラはこうやって撮ったんだっけなぁ」と、懐かしそうにピントを合わせていた父ですが、「これ、どうやってもピントが合わないな」って言うんですね。
「自分の目が悪くなったからかな。マニュアルはもう無理ってことか」
「いや、そんなわけないと思うよ」
「いくらどっちに回してもボヤけたままだぞ」
「う~ん、おかしいなぁ。ちょっと貸してみてもらえる?」

あ、そうか。
視度調整していないからか(^^;

≫視度調整のお話は、こちらのページが解りやすいです。

気持ちはわかるなぁ。
老眼になったからMFは無理なんてことになったら、心底ガッカリだもの。
視度調整なんて、言葉自体ご無沙汰だったものですから、すぐ解らなかった(^^;

ブリカマ

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/540-d55f9b78
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。