<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【中華料理】どうしちゃったんだろう…

お気に入りの中華料理のお店が2号店を出したということで、この日は日曜日で女将さんがいらっしゃるのではないかと、嫁を連れて向かいました。

開店して間もない時間なのに、既に結構な人が入っています。
厨房前の座敷に通され、6席有るテーブルの2席が予約、残りの4席は我々が座った時点で満席です。
お客さん達の入った順番は解りませんが、多分、私の裏のお父さん1人、右斜め後ろの家族連れ、右隣の家族連れ、そして我々という順番だと思います。

この日は何故か、店主ご夫婦はいらっしゃいませんでした。
フロアは女性3人、厨房は3~4人で、厨房の男性は大きな声を出しながら仕事をしています。
もの凄く大変そうに見えました。
開店して1順目が1番大変ですもんね。

暫くして私の裏のお父さんの焼きそばが到着し、その次に右斜め後ろの家族連れに1品、右隣の家族連れに餃子が来て、その後動きは有りません。
相当大変なんでしょう、フロアが俄然バタバタして来ました。
1順目のお客さんの会計が間に合いません。
と、その時…

厨房前でフロアの2人が接触て水の入ったコップが倒れ、我々座敷の人達の靴、そして嫁のコートに水がかかってしまいました。
一応すみませんとは言われましたがコートは拭かず、靴も少し拭いただけで、後は床を拭いて終了。
靴の中に水が入ったとすると、サッと拭いただけでは乾かないはずですが…
「やっちゃった」という表情も無く、ある程度水を拭くとスタッフは仕事に戻ります。
この時点で会計3名待ちですから、靴を何とかしている場合ではないのは解りますが、そのままっていうのはいけないような気が…(^^;

裏のお父さんが食べ終えて帰る時に、靴が濡れていることに気付き、それでもお父さんの靴は外側が少し濡れただけだったらしく、会計を済ませてお帰りになりました(「靴にはあまりかからなかったのかも?」と、少しホッとしました)。
お父さんの後に家族連れが座ってまた満席。
日曜日ということで、次々とお客さんが入って来ます。

そこで予約席だったテーブル2席を解放し、ご夫婦客と、家族連れ5人が着席(本当に予約が入っていたのではなく、お客さんの入りを調整する為に予約席の札を置いていた模様)。
その後、餃子1枚で待たされていた右隣の家族連れが、「もう定食はいいです」とキャンセル。
作る順番がメチャクチャになっています。
それも異常なほどに(+_+)
右斜め後ろの家族連れの子供達はかなり飽きている様子でした。

そんな中、解放した予約席に座ったご夫婦の、ご主人の注文したものが到着。
次に、その奥さんの分まで到着。
「あちゃー、ここまで順番がガタガタだと苦情出そうだなぁ(*_*)」
店主ご夫婦が居れば伝えるのですが、居ないのでそれが出来ません。
いつ誰が怒り出すのかと、我々の方が見ていてハラハラして来ました。
そして、待たされた家族連れの靴がどの程度濡れているのかも気になります。

次に、嫁の注文した品が来ました。

中華料理福満苑

我々より家族連れ2組の方が長く待っているのに申し訳なく思いましたが、早く食べないと待ち客にも悪いので、頂くことにしました。

中華料理福満苑

1品料理でも、スープが付いて来ます。
我々は「スープ忘れてもいいから、早くみんなの料理を持って来てあげて下さいm(__)m」という心境で、本当に食べた気がしませんでしたが(^^;

次に右斜め後ろの家族の料理が2品来て、次が私の料理が到着。

中華料理福満苑

「お願いですから、右隣の家族の料理を持って来て下さい(^-^;」
嫁が結構食べ進んでいた頃ですから、私の料理より右隣の家族の料理が先に着いても遅過ぎるくらいなんです。
後から来て予約席に座ったご夫婦はもう食べ終えて会計していますし。
ラーメン専門店でも「つけ麺は太麺をしようしていますから、ご注文が前後する場合がございますことをご了承下さい」という貼り紙が有ったりしますけど、そういうレベルの状態ではございません。
何十分も待たされているお客さんよりも、何組も後から来たお客さんの料理が先に到着するわけですから、飲食店のオペレーションに詳しくない一般の人でも「これは絶対におかしい」と気付くレベルです。
我々のハラハラも、限界を通り越しました。

結局右隣の家族は定食をキャンセルしましたから、餃子と1品料理を食べて席を立ちます。
そこで、一番恐れていたことが…

「これ、靴ビシャビシャなんだけど?!」

なんと一番不愉快な思いをしたご家族の靴が、中までビシャビシャです(T_T)
スタッフは「すみません」と謝っていましたが、これは…
そのご家族がレジに行くと、スタッフは普通に会計をしようとしています。
当然のように、「あのさ、これだけ待たされて靴まで濡らされてんだぞ」というご主人の声が…
「こういう時は、お金取れないよなぁ」と嫁と話していると、スタッフは次回の割引券を渡そうとしています。
案の定「もう二度と来ないからこんなもの要らない!」とご主人が怒り、先に出て行ってしまいました。
奥様は困った顔をしながら、会計を。

難しいですよねぇ。
本店に通っている時はこんなに順番がバラバラになるなんて1回も有りませんでした。
ですからお客さんに出す順番や、トラブルが有った時の対処法等、この2号店を開店する前にちゃんとしていたんだと思っていたんですよね。
ちゃんとしていたんならばスタッフの問題ということになりますけど…
何故こんなに料理の順番が前後するのか、何故迷惑が掛かったお客様から会計を頂くのか、何故一番混雑するであろう日曜日に店主ご夫婦が居なかったのか…悪い条件が重なるというのは、こういうことを言うのでしょうか。
この日のオペレーションは、今まで外食してきて初めての経験かも知れません。
2人で来ても、1人が食べ終わりそう、もしくは食べ終わってからもう1人の料理が届く感じです。

本店はあのキャパだから問題が最小限に済んでいたけれど、2号店のファミレスキャパだと無理だった、ということなんでしょうかねぇ。
難しいですね。
本当に、難しい。

でもせっかく2号店を出されたのですから、早急に改善して頑張って頂きたいと思います!
フレー! フレー!!





私のページ(B食隊含めて)を見て頂いている人は、他の情報ページよりは遙かに少ないとは思います。
その少ない人達の中に、私のページを見て今回長時間待たされ、靴を濡らされ、不愉快になって帰られた人が居たとするならば、もの凄く心が痛みます。
あの中に、一家族でもそういう人が居たら…
何を参考にしてお店を選ぶかは自己責任だとはいえ、もしも、万が一そうだったらと考えると落ち込みます。

それとは別に。
飲食店でこういうことが実際に有ったという事実に、今回はとても驚いています。
関連記事

| 中華・中国料理 | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/534-c94a1df1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>