<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン】煮干中華ソバイチカワへの旅

merさん、とうとう背脂を使いましたね?(笑)
美味しそうだぁ~~~ヾ(≧▽≦)ノ

さて、2012年11月15日に(移転して)オープンした『煮干中華ソバイチカワ』。
年が明けたら伺うつもりで、もう10日が過ぎてしまいました。
「行くなら今日しかない」
そう決意し、野田の仕事場へ。

緊急の仕事が入りませんように(-∧-;)

何せ急に決まった為、お祝いにするつもりだったお酒を用意していない。
ま、お店周辺にも酒屋さんは有るだろうから…
と軽く考えていたが、仕事は思うようにサクサク消化出来ず、初めて行く場所だから近道も解らず、そんなこんなで到着が遅くなったのに加えて、周辺には酒屋かせ無い。
ナビで調べてみるも、酒屋はほとんどコンビニになっている。
「このままじゃ開店している時間に間に合わないかも知れない!」

とにかくグルグル回って酒屋を探すも、「酒」という文字が見えるのはコンビニばかり。
「元々酒屋なんだから、多少は気が利いた酒も置いてあるだろう」とコンビニに入ってみるが、1本1000円以上の酒がない。
これじゃお祝いにも何もならんでしょう(+_+)
何十分探したでしょうか、知らない土地をグルグル回っているうちに泣きたくなりまして、それから間もなく怒りに変わりました(爆)
だって、もう1時半近いんだもの(ーー;)
ここまで来て限定数終了なんてことになったら、国道55号線の真ん中で機動隊呼ばれるくらい暴れそう(マテ

もう酒屋は無いもんだと諦めて、スーパーに入ります。
我が故郷福島の『奥の松』が有ったが、4合瓶しかない。
何故一升瓶を置かない…(:_;)
無いものは仕方ないから、2本持って会計し、サービスカウンターの若いお姉さんに包装をお願いする。

「この2本を包装して同じ紙袋に入れて行きたいんです」
「あ、はい、解りました」
見ると、1本ずつビニール袋に入れようとしている。

「あの、同じ処に持って行くので、2本同じ紙袋でお願いしたいんです」
「あ、はい」
「特別シャレてなくてもいいので、同じ紙袋で」
「料金が掛かりますが、箱も有りますけど」
「あ、じゃあせっかくだから箱でお願いしようかな」
お姉さん、箱を探す。

「箱が無いようなんです」
「えぇ?!(^^; じゃあ紙袋でいいです」
お姉さん、また1本ずつ入れようとする。

「あの、2本一緒でお願いしたいんです」
「あ、はい、解りました」
結局2本一緒に、ビニール袋に入れて渡される。

「やっぱりビニール袋なんですね?(^-^;」
「丁度入る紙袋が無いようなので」
「あ、もうそれでいいですorz」

2人で漫才やっているようで、途中で笑ってしまいましたとさ(;^_^A

ここでまた時間をロス。
何だか疲れ切っちゃって、予定数が終わっていたらお酒だけ渡して帰ろうと諦めました。
しかし!
お店に到着すると、まだやっているではありませんか。
早速車を停めようと少し離れた駐車場に行くと、丁度1台出るところ。
おっと、運が回って来たかも?!

いつもの通り、静かに入店して静かに食券を購入。
もう食べられるだけで感動モノの日なので、券売機なんてロクに見ていません(笑)
左上のボタンをポチッ。
市川さんから「お待ちしておりました~」と声を掛けて頂き、私は薄くなった頭を下げて着席。

食券を渡すと、「どうしますか?」と聞かれました。
これはもしかすると「今日は泊まって行きますか?」ということかな?
じゃあ、持って来たお酒開けちゃって、3人で一杯飲りますかっ!(≧∀≦*)
って、こらこら(;¬_¬)


あっそうだ。
新しいお店のルールを何も勉強して来なかった(+。+)アチャー。
「どっ、どうお願いすれば良いのでしょうか」と、若干まごつきながら聞くと、塩も有るらしい。
前々から塩を食べてみたかったので、塩にして頂いた。
そこで初めて券売機周辺を見ると、黒(醤油)・白(白醤油)・S(塩)が有ると書かれている。
食券を追加して、白もお願いしました。

煮干中華ソバイチカワ

まずは塩。
相変わらずの美しい仕上がりです。
おっと、塩がとってもマイルドですねぇ。
旨い!(≧∇≦)/
菅野製麺の細麺もよく合っています。

煮干中華ソバイチカワ

お次は、白しょうゆ。
うは~、こちらも美味しい、美味しい。
あっという間にスープが半分無くなってしまいました(最初っから飲み過ぎ)。
やはりここのスープは美味しいなぁ。

仕事を放ってここまで来て良かった(^^;

開いてて良かった~~(^o^)

開店して気合い充分だとは思いますが、頑張り過ぎない程度に頑張って下さいませ。
応援してま~す(≧∇≦)b

【煮干中華ソバイチカワ】
住所 茨城県つくば市天久保2-9-2 A101
時間 11時30分~80食限定(最終は17時で夜営業は無し)
定休日 日曜日(不定休有り)
駐車場 つくばリッチモンド2番街共同駐車場を使用


大きな地図で見る

食べ終えた頃には予定数終了でシャッターが閉まっておりました。
一応外観の写真も載せておきます(^^;

煮干中華ソバイチカワ






あまりべた褒めすると「また~、知り合いだからって良いことばっかり書いて~」なんて思われると困るので、ちょっとだけ気付いたことを。

白しょうゆを追加した理由はちゃんとございまして。
私の場合、塩ラーメンのかえしに白醤油を使うものですから、もしイチカワさんもそうだった場合、白醤油のラーメンと塩ラーメンとの区別をどのようにしているのかを勉強させて頂こうと思ったからです。
まろやかな味で、とっても美味しかった~(*^。^*)

これは個人的な好みになっちゃいますけど。
複数のネギをお使いで、私はモーレツにネギ好きなものですから無問題ですが、この日は煮干の出方が優しかったせいか、煮干よりもネギが若干勝っているかな~という印象でした。
塩に使われている柚子も同様で、補助的に使っている素材が出しゃばると煮干の方が「お手柔らかにお願いしま~す(^^;」ってなことになりがちなので、この日のバランスならば(個人的な好みで言えば)塩は柚子無しで、両方共にネギは玉ねぎ半分だけ有れば「ストラーイク!」だったかな~って思いました(^^)

なんてお客側は好き勝手なことを言っちゃってますけど、スープって難しいんですよね~。
よく魚介系は難しいなんて言われますけど、動物系も同様に難しい。
出ない時は、いくら余計に炊いたって出ませんし。

昔、コペ吉さんが「福福(松戸の豚骨系のお店)は、前を通って豚骨臭が強かったら入るんですよ」って言っていました(よく出ているという証拠)。
動物系も魚介系も同じで、出ている日はお店に入った時に解りますよね。
スープがどっち系でも、出ない日にどうやって提供するかという部分にプロの技を感じますし、食べ歩きで勉強させて頂きたい部分でもあります。

今回あらためて感じたのは、煮干中華ソバイチカワさんはセンスが有るというか、この店ならではのバランスに必ず仕上げますよね。
どんなものを作っても味のバランスが取れるのって、ひとつの才能だと思います。
あ、いけねっ、また褒めちゃった(爆)
いや、知り合いだからっていうわけじゃないんですよ。
本当に美味しくなければこんな書き方しませんから(結局褒める)。

料理って奥が深くて面白いですね~(^^)
関連記事

| ラーメン | 14:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

つくづく

毎日店の前に通りがかり、「お、今日は出ているな!」と行列に並ぶ距離にあれば俺だってやるね!と地団駄踏むのです。

久しぶりにコメしちゃいました。

リンク辿って過去の記事にしちゃってごめんなさい。

| 380F | 2013/03/21 19:53 | URI |

380Fさんへ

> 毎日店の前に通りがかり、「お、今日は出ているな!」と行列に並ぶ距離にあれば俺だってやるね!と地団駄踏むのです。

「あのお店が近くに有れば…」という気持ち、モーレツに解ります。
例えば『菜』ですが、近くに有れば最低週一は大塚さんのお顔を見に行くと思いますもの。
良いお店って、なかなか近くに無いものなんですよねぇ。
自分が引っ越すという手も有りますが(笑)

何年前のエントリーでも、コメントお待ちしていまーす!(≧∀≦*)

| たいちょ | 2013/03/22 07:48 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/522-7ebd44e9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>