びーしょく三昧

飲兵衛B食オヤジの趣味とメモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【家ラー】豚の背脂を茹でたお湯をラーメンスープに使ったらどうなるか

前回のエントリーは、自作ラーメンを作る(家ラーする)際の背脂の仕込みでした。
背脂を茹でて取り除いた後の鍋に、茹で汁が有りますね。
さて、これをどうするか。
「茹でた汁だからな」と思って捨てるか、「この濃い~汁を捨てたら罰が当たるな」と思って活用するかで、「アブラー」かどうかが解るというものではございませんでしょうか。

私ですか?
私はもういい歳コイていますし、アブラーじゃないので勿論捨てますよ。
家系に行っても「濃いめ」なんて頼みませんし。
なりたけのギタギタなんてもう食べられませんし。
いくら「自分で作るから残してもいいよね」といっても、チャレンジする気はございません。
私、今年手術入院して数ヶ月前に退院したばかりですよ?
普通、1年間くらいは大人しく生活し、再発しないように気を付けますよね?
そんな状態で脂ギタギタのスープに挑戦するとしたら、ただのバカ野郎ですから。




では、早速作ってみたいと思います(マテ




背脂を茹でた茹で汁を使って、〝自宅で簡単塩ラーメンのレシピ-魚介スープの巻〟から、魚粉・煮干粉・カメリアラードを省いた材料でスープを作ります(塩分は若干高めの設定です)。
ニンニクは、業務用もしくは100円でスーパー売っているチューブ入りのものを使い(生ニンニクよりも合う)、それを丼の真ん中にお好みの分量を置きます。
というか、丼の底に練り付けます(笑)
次に、前回のエントリーで仕込んだ背脂をお玉で1杯入れます(・∀・)
茹でた麺を丼に入れ、出来上がったスープを注ぎます。
(実はグルソーも入れています。これが無いとねぇ)

豚の背脂を茹でたお湯をラーメンスープに使ったらどうなるか

背脂が沈んでいて大人しいヴィジュアルですが、そこが余計に怖いです。

スープを飲んでみました。
おっ、意外に美味しい♪
もっと嫌味な味かと思いきや、ニンニク&グルソーの力添えも有りまして、とてもバランスが良いスープになっています。

でもこれ、スープを飲んでいるというよりも、脂を飲んでいると言った方が近いでしょうか。


でもでも、美味しぃ~(o^_^o)


あ、決して私はアブラーじゃないです、はいm(__)m

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/504-d3320362
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。