<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【リサイクル】HARD OFFは店舗毎に特長が有って面白い

〝HARD OFF〟というリサイクルショップをご存じでしょうか。
最近、テレビでCMやっているらしいですね(私はテレビ見ないので知りません)。
我が家は結構前からリサイクルショップ廻りをして楽しんでおりまして、食べ歩きは遠くまで行きませんが、リサイクルショップならば他県まで足を伸ばします。
・HARD OFF
・WonderREX
・トレジャー・ファクトリー
この3店はよく廻ります。
「巡回している」という感じですかね(笑)

リサイクルショップで電化製品等を購入する場合、注意していることが有ります。
結論から言っちゃいますと「なるべく遠くで買わない」ということなんですけどね。
洋服や靴のように身に付けるものであれば、見て判断が付きます。
しかし電化製品は自宅に戻って使ってみないと解りません。
リサイクル品は新中古品を除いて「使ってあるもの」ですから、ジャンク品でなくてもリスキーです。
そのリスキーな商品を遠くで買うのは、ハイリスクノーリターンですから(東京03のネタ)。

先日、そうと解っていながらもやっちゃいましてね(^^;
あまりにも安かったもので、一か八かパソコン部品を埼玉で購入したんです。
ひとつは‘HARD OFF春日部4号店’で購入したパワーサプライ。
もうひとつは‘HARD OFF春日部店’で購入したDVDマルチドライブ。
使えませんでした。
両方共に返金して頂いたのですが、半日無駄にしました(;^_^A
(今までHARD OFFで返品経験が無かったもので、つい手が伸びてしまったんですよねぇ)

勿論これは予想出来るリスクですから「仕方ない」と考えるべき話です。
特に埼玉や茨城方面は県内よりも回数廻っていませんので、まだそのお店の特長が解りません。
あ、今回はこのお話でした。
同じリサイクルショップでも、店舗によって値段設定が(若干)違うのが面白いんです。
基本の価格は有るんですが、価格を決定する人によってブレが有る。
そこを見極めるのも楽しいんですよねぇ(o^_^o)

そしてもうひとつ私が面白いと思うのは、その店舗毎に得意な分野が有るということ。
例えばHARD OFFの夏見台店ですが、あそこには楽器に詳しい社員さんが居るので(今でも居るかどうかは不明)、楽器関係の値段設定が妥当な線なんです。
でも楽器に詳しい店員さんが居ない店舗では、「え?これがこの値段なの??」と高かったり、逆に「安っ!」っていう値段だったりします。
大部分は高い設定。
知らない分野のものを安く設定するのが怖いんでしょうかね。
給料に響いたりするんでしょうか(笑)

数年前まで、ジャンク品の中に良いものが有りましてね。
息子に持たせた最初のベースはジャンクでした。
キズもほとんどなく、ネックもまだイケます。
何故ジャンクかと店員さんに聞いたところ、「このシリーズはネックが弱いんですよ」という回答。
当時は、見た目や実際に弾いてみてどうかを考慮せずに、「このシリーズはこの値段」という決め方だったんですね。
我々からすると良い時代でした。
ちなみに今のジャンク品は、楽器関係で言うとほとんど「パーツ取り」です。
使えるものは初心者用の小さいアンプくらいでしょうか。
ガリは接点復活剤で直るものが多いです。

ここ2年位でリサイクルショップ人口は増えました。
どのショップも結構なお客さんが居ます。
この楽しさに目覚めたら抜け出せませんよぉ(笑)

ちなみに私は〝アウトレット〟は行きません。
我が家の生活レベルでは「12万円のヴィトンが半額!」とか言われても買えませんから(^-^;
アウトレットは「ブランド品が欲しいんだけど他人が使ったものは嫌」という人が多く、リサイクルショップは「ブランド品に関わらず(日用雑貨でも)安くて良い品が有れば買いたいし、要らなくなったものを売りたい」という人が行き、その使い分けをして楽しんでいる人も居るようですね。
どちらにせよ、安く手に入るという点はステキです(^^)
最近で一番良かったのは、ナイキの靴。
美品で3150円でした♪

行ったことが無いという人、見るだけでも結構楽しめますよぉ~(≧∇≦)b

≫ HARD OFF
≫ WonderREX
≫ トレジャー・ファクトリー
関連記事


| パソコン関係 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/484-9d937a6d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>