<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【粉瘤】お尻に出来た粉瘤の対処法

タイトルに「お尻に出来た粉瘤」とわざわざ書いてあります。
これは、出来た場所によって違いが有ると思うからです。
初めて粉瘤になった時にネット検索すると、「あっ、このページ参考になる」と思ったらお尻じゃなかったり、「あ、お尻だ」と思ったら欲しい情報が書かれていなかったり…
私はお尻に出来た粉瘤しか尻ませんが(シャレかよ)、例えば肩とか背中に出来た粉瘤とは明らかに違うと思うんですよ(勿論他の場所も痛いでしょうけど)。

お尻は特別。

ということで、お尻に出来た粉瘤について、私の経験に基づいたお話をダラダラ書きたいと思います。

【粉瘤は化膿しないうちに取ってしまいましょう】

粉瘤で困ってネット検索した方は、このページを見ているはずです。
http://www.wound-treatment.jp/
特に私のように、麻酔無しで切開した経験が一度でも有る人は見ているはず。
「粉瘤 麻酔」で検索しているからです。

私の経験上(と言っても三ヶ所の病院だけ)、病院の先生やネット検索で仕入れた情報を総合すると、「化膿している状態では麻酔が効かない」ということでした。
しかしこのページの先生は、「化膿していようが自壊していようが麻酔は効きます」と書いている。
その理由は「局麻の方法が間違っている」からだと言うんです。
そして「炎症がひどいときほど切除しやすい。化膿しているときこそ治療しやすい。炎症が治まるまで待つ必要は全くない」とまで言っています。
これを読んだ時、私はモーレツに感動しました。

しかし…
この先生(夏井先生)のページを読んで感動した私は「次に腫れた時は絶対に麻酔の知識の有る、夏井先生のような医師にお願いしたい」と思っていました。
いや、本当は腫れる前に本手術をしようと思っていたら途中でまた腫れちゃったわけですけど、とにかく腫れた箇所を何とかしたいので、2回目は八柱の皮膚科に「相談」に行ったわけです。
治療でなく、あくまでも相談に。
「こういう状態でも麻酔は効くという話を聞いたのですが、いかがでしょうか」と言うと、「化膿していたら麻酔なんて意味無いです、このまま切ります」と言われ、そのまま2度目の麻酔無し切開。
夏井先生の有難いお言葉は、いったい何だったのか(ノ_・。)

これに対する私の結論はこうです。
夏井先生は素晴らしい先生に違いない。
しかし夏井先生は1人しか居ない。
全ての患者さんが夏井先生にお願い出来るわけではない。
他の病院・先生は口を揃えて「腫れたら麻酔は効かない」「腫れたら手術は出来ない」と言う。
でも、痛いのは嫌。
夏井先生にお願い出来ないのならば、腫れないうちに粉瘤を取り除くしかない。
と、こういうことです。

【お尻に出来た粉瘤をなるべく化膿させない方法】

私の場合は、どんな薬(軟膏)を付けても効きませんでした。
腫れだしたらあっという間に(数日間で)ゴルフボールくらいの大きさになります。
何かが触れたり、歩いたりするだけで痛いです。
ドーナッツ枕を下に敷いても痛くて座れません。
出来るだけこうならない、もしくはこうなってからの対処法と言えるかどうか解らないけど、可能性が有るんじゃないかな?というお話をします。

私は現在、絶頂期の8分の1程度に腫れが引いています。
今回(治療と言えるもので)やっているのは『どくだみ茶』のみ。
(どくだみ茶の作り方はこちらへ)
膿瘍はいつも通りの大きさになり、それがここまで小さくなったわけですから、もしかすると私には合っているのかも知れません。

それと同時に、仕事用のズボンを変えました。
「お尻に出来た粉瘤は特別」と申し上げたのは、お尻というのは座っている時に常に体重を乗せ、その状態でグリグリと動くわけですから、「化膿させるのに適した場所」ということになるんですね。
腫れ出したら早いのはそのせいです。
とにかく、患部に圧力がかかる状態がいけないのですよ。
私の仕事用ズボンは、あまり伸びません。
これではしゃがんだ時にお尻が圧迫されます。
ですからこのズボンを、サンキや島村で売っているイージースラックスに替えました。
お腹の所がゴムになっていて、生地が伸びる素材で出来ているものです。
下着も替えました。
ビキニやボクサーは圧力が掛かりますから、ゆったりしたものへ変更しました。
こうしてから、車の運転がかなり楽になりました。

先程ドーナッツ枕の話を出しました。
例えば膿瘍を取る為に切開した後の場合、「患部に体重が乗らないようにして座りたい」という時には、多少ですが有効かも知れません。
ですが、腫れている患部を避けて座りたいということで使用するならば、ほとんど意味が有りません。
ドーナッツ枕は体重が乗るポイントを移動させると同時に、臀部の他の部分を妙に引っ張ります。
ですから患部だけ当たらないようにしても、他の部分が引っ張られて、結局患部に影響が出てしまう。
これ、経験しませんと、書いただけでは解らないかも知れませんね。
こういう理由により、私には逆効果でした。

究極の過ごし方は「寝る」です(笑)
睡眠は体に良いし、体制としてもお尻に負担が掛かりません。
でも、仕事もせずに寝て生活が出来る人って居ませんよね。
「いや、出来る」という人は、寝て下さい(^^;

「腫れてきたかな?」とちょっとでも感じたら、風呂に入って温まらない方が良いです。
温めると、膿瘍は急激に大きくなります。
私はシャワーだけにしています。
逆に冷やしたらどうかと、冷えピタや氷枕を試しましたが、私は全く効果が有りませんでした。
とにかくお尻の粉瘤は「座る」ということがまずダメなわけです。
いくら冷やしていても、座ったら終わり。
だから厄介なんです。

と、ダラダラ書きましたが、今回粉瘤が小さくなったのはやっぱりドクダミなんじゃないかと思っています。
今は夏だから大量に飲めますけど、冬だったら辛いでしょうねぇ。

この粉瘤が完全にしぼんだら、本手術を遅くても10月までには受けようと思います。
とにかく私は、「粉瘤の袋を取らないでの完治は無い」という考えですので。

お尻の場合は特に(笑)
関連記事


| 心と身体 | 22:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます!

とても参考になりました!仲間がいる感じがしてうれしいです!

麻酔なしは相当痛かったこと思います。自分も覚悟して病院に行こうとおもいます。

| 尻尻 | 2015/02/16 09:16 | URI |

Re: 尻尻さんへ

> とても参考になりました!仲間がいる感じがしてうれしいです!

こればっかりは、なってみないと解らないことですもんね。
特にお尻は辛いです(^^;

> 麻酔なしは相当痛かったこと思います。自分も覚悟して病院に行こうとおもいます。

とにかく腫れないうちに、麻酔をして袋部分を全摘するというのが一番痛く無い簡単な方法だと思います。
その部分に限っては完治しますので(これは体質的に出来やすい人が居るようで、他の部分に出来る可能性は有ります)。

腫れてから膿瘍を取り出す手術の場合、ほとんどの病院で麻酔はしません(全然効きませんから)。
逆に、麻酔をしても効果が無いということを知らない先生の方が怖いですね。
経験が無いということなので。

初めて腫れた時に行った「東葛辻仲病院」では、「麻酔をしますから痛く有りません」という話でしたが、実際は全く麻酔が効かず、無麻酔切開と一緒でした。
あの病院は痔が専門らしく、私の選択ミスということも有りますが、どうしても膿瘍を肛門の病気と結び付けたいみたいなんですよね(粉瘤ということすら解らない先生でした)。
そこで次の手術の予約を取らされたわけですけど、すぐ電話で断って良かったと思っています。

確かに麻酔が効かない状態での切開は痛いです。
しかし臀部の場合、他の場所よりはまだマシなんじゃないかと思います。
それよりも…
「東葛辻仲病院」で肛門に指を入れられそうになったのは同じくらい痛かったです(涙)
何故粉瘤で肛門に指を入れられるのか、その意味が解りませんでしたので、頑なに拒否(というか、無意識のうちに力が入ってしまいます)。
なんとか操を守りました(笑)

これから処置ということで不安も有ろうかと思いますが、行く病院や科を間違えなければ良い処置が受けられるはずです。
早い完治、そして少しでも痛みが無いよう、お祈り致しますm(__)m

頑張って下さいね!(^^)

| たいちょ | 2015/02/19 08:52 | URI | >> EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/07/01 18:54 | URI |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/07/01 22:21 | URI |

僕も現在も粉癌に悩んでいます

僕は大量にお尻に粉癌があります。
それは普通の時はなんでもないのにふとしたときに急成長するとたちまち座れなくなります。僕と同じ思いをしてる人を見たのは初めてです。色々な部分に共有が持てました。
今できている粉癌は背筋をまっすぐ伸ばせないのです。一番楽なのは横になることですがそれができず、明日病院に行きますが、3日程度で大きな腫れになってしまって、、。
今まで一番ひどかったのは肉まん位の大きさまで膨れ上がりましたが、今回はゴルフボールくらいです。
どくだみ茶試してみたい!とは思いましたが何をしても利く気配がありません。
この粉癌が治っても僕のお尻にはまだ大量の粉癌があるのです。
中学校くらいからずっと悩まされ、これと共に生きています(大げさだけど)
何が言いたいかわからなくなってしまいましたが、特別共感できたことに嬉しく思ったので書かせていただきました。

| 粉癌が大量にできてる人 | 2017/09/03 23:08 | URI | >> EDIT

Re: 僕も現在も粉癌に悩んでいます

粉癌が大量にできてる人さんへ

> それは普通の時はなんでもないのにふとしたときに急成長するとたちまち座れなくなります。

そうなんですよね。
何の予告も無しにいきなり「あっ、ヤバいかも?」ってなって、もうその時には遅く、
何をしても腫れます(^^;
例外もたまに有りますが、ほとんどの場合は最後まで行くんですよねぇ。

> 僕と同じ思いをしてる人を見たのは初めてです。色々な部分に共有が持てました。

いえいえ、結構居ますよ。
私のように、こうやって公にしていないだけです。
誰も、恥ずかしい話は公表したくないですから。

> 今まで一番ひどかったのは肉まん位の大きさまで膨れ上がりましたが、今回はゴルフボールくらいです。

ありゃ~~!
それは痛かったでしょうねぇ(>_<)

> 中学校くらいからずっと悩まされ、これと共に生きています(大げさだけど)

どの持病も同じだとは思いますが、なってみないと解らない辛さというものが有りまよね。
私も数年間これに悩まされ、手術によっての痛みは有りましたが、今では思い切って良かったと
思っています。

> 何が言いたいかわからなくなってしまいましたが、特別共感できたことに嬉しく思ったので書かせていただきました。

コメント、有難うございました。
全国の粉瘤で悩んでいる人達の、励みになったと思います。

早く完治されますよう、お祈り致しますm(__)m

| たいちょ | 2017/09/05 05:30 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/422-9171b2ba

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。