<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン】井之上屋で嬉しい誤算

この日はリサイクルショップ巡りで埼玉へ。
他のジャンルで他県へ遠征はしないけど、リサイクルショップはちょくちょく行きます。
その店や地方によって色が違うんですよ。
そこが面白いんです(^^)

どうせ埼玉まで行くならば、千葉で食べられないようなもの、もしくはお店で食べたい。
最初はラーメンを食べるつもりじゃなかったんですけどね。
以前行った某本店で、げんなりしましたから。
でも検索してみたら結構美味しそうなお店が有るもんで、それじゃ~ラーメンでしょと。
なにが「ラーメンでしょ」だかよく解りませんが(^^;

決めたんです。
今日は和風でいこうと。
この日の計画でいくと、1店目の後が丁度お昼時になるから、そうなれば春日部の4号線付近だから近いのは『一ノ割大勝軒』だなと。
永福町系だからストライクゾーン間違い無いなと。
でもね、一ノ割駅付近って車を停める場所が無いんですよ(ノ_・。)
グルグル回ってみたんですが、道も細く、コインパーキングも見付からず、そうこうしているうちに12時過ぎてしまったので諦めました。

次なる候補は井之上屋。
しかしネットで検索してみると、敷居が高い感じ。
「最高!」みたいな評価も有るんだけど、ラーメン850円とか、素ラーメンに1000円も出したら、そりゃ旨くなきゃおかしいもんねぇ。
食材にも相当こだわりが有るらしい。
最近は「こだわりの店」っていうのに興味が無く、食材になにを使っているとかって、どうでもいい。
こういう「食材はナニナニ産の…」っていうような風潮って、雑誌等のメディアからきていますよね。
取材している人達って、そんなの聞いて理解出来ているんでしょうか(;^_^A
何を使ったって美味しく作るのが料理人の腕っていうモンじゃないのかなぁ。

なんて言っているうちに到着。

井之上屋

専門店っぽい造りです。
早速駐車場に停めようとすると空いてない。
待つのが嫌いな嫁にどうするか聞くと、「何でもいい」という返事。
「何食うでもいいから早くしろ」と、そういう意味なんだわ、これ(笑)

向側を見ると、家系ラーメンのお店が行列しています。

井之上屋の前のラーメン屋

すっげー人気!(≧∀≦*)

どうしようかな。
これ以上待たせると鬼嫁が発狂しそうだな。
ま、井之上屋は敷居高そうで我が家の味覚には合わなそうだから、今回はラーメンを諦めて回転寿司辺りでお茶を濁そうかな、と思ったその時、店内から2人連れのサラリーマンが出て来ました。
それも、裏の駐車場に向かっています。

「これって、チャンス??」

喜んで裏に行くと、先客が車中で待っていました(涙)
ちょっと待てよ。
駐車場って3台分だったよね。
裏には2台分しかないや。
もう1台は?

お店に掲示されている案内を見ると、離れた場所にもう1台有るという。
行ってみると、なんだ~空いてるじゃんか(^-^;
早速駐車して店内へ。
ここは塩にリキ入れているらしいので、嫁は塩らぁ麺700円、私は醤油らぁ麺700円、そしてサイドメニューの煮豚丼300円。

井之上屋

塩です。
ネットに書かれているように、非常に優しい。
でも旨味が無いという意味じゃなくて、角が取れてまろやかになっている。

井之上屋

醤油が来ました。
見た目、「ちょいとコッテリ系のスープに和風出汁使った感じ」なのですが、スープを頂いてみると濃い!
凄くクリーミーな仕上がりで、塩よりちょっと太い三河屋製麺の麺が美味しい。
嫁は塩の方が好みと言っていましたけど、私は醤油で良かった。
こっちの麺の方が私は好みです。

井之上屋

バラロールチャーシューがトロトロ。
お店の造りはあっさり系和風ラーメンという感じなのに、出て来たのはこってり系。
このギャップは、狙ったものなんでしょうかね。
この丼の味加減も良かったです。

入ってみれば、接客も良いし味も良く、ネットに書かれていたような敷居の高そうなお店ではありませんでした。
ひとつ書きますと、この値段でこのトッピングは残念でしょうか。
繊細な塩スープに水菜というのも今となっては安易だし、何より美味しくない。
醤油のもやし&キャベツも、このスープで食べたいトッピングではありません。
好みの問題だと思いますが、ここまで美味しいスープが作れるならば、もっと違う仕上がりになっても良いと感じました。

結果的に、井之上屋に入ることが出来て良かったです。
スープと麺、感動しました。

ご馳走様でしたm(__)m

【井之上屋】
住所 埼玉県春日部市大沼2-61
電話 048-738-2446
時間 11時30分~14時・18時~21時(土日祝の前半は15時まで)
定休日 木曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 3台分有り


大きな地図で見る






帰宅して再度ネット検索してみたら、その井之上屋の記事、古かったんだよね(^-^;
店内に「こしょう使うな」だとか「味が足りなきゃグルソー20~30杯入れろ」とか書いてあるという記事で、そういう店だという先入観を持つと、「そんだけ言っといて美味しくなかったら、タダじゃおかねーぞ」とかって、構えちゃいますでしょ。
「さー、うめーラーメン出してみろや」みたいな(笑)

きっと以前はこだわりのお店っぽくしていて、今はそれが良い意味で馴染んだっていう感じなんでしょうかね。
ホント、お兄さんの接客も、ラーメンの作り方も丁寧で、美味しいラーメンでした。

もっと色々なページを見て行けば良かった(^^;
関連記事

| ラーメン | 23:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ご無沙汰しております。すっかり真面目になった私です(笑)

「何を使ったって美味しく作るのが料理人の腕っていうモンじゃないのかなぁ」 まったく同感です。

ところで、井之上屋の隣に「日本亭」の看板が見えたので、たいちょさんの事だからてっきり唐揚げ弁当もやっちゃったのかと期待しました。

我々の年代になると何かと身体にガタがきますのでお互い気を付けてガンガン飲みましょうね。

| layla | 2012/07/10 09:12 | URI |

No title

一ノ割大勝軒は無理矢理に路駐するしかないんですよね。
たいちょと違って道徳心が無い私は迷わずそうしました(^^;

| NAO | 2012/07/10 14:49 | URI |

laylaさんへ

> すっかり真面目になった私です(笑)

ご本人が一番良くお解りかと思いますが、以前と変わりないと思われます(笑)

> たいちょさんの事だからてっきり唐揚げ弁当もやっちゃったのかと期待しました。

車中で弁当でも良かったのですが、お客さんが結構待たされていたんですよ。
日本亭は、お店によっては平気で30分近く待たせますんで、それならラーメン屋さんの方が早いかなって思いました。

> 我々の年代になると何かと身体にガタがきますのでお互い気を付けてガンガン飲みましょうね。

この文の前半と後半、一緒にしてはいけないような気が…(^。^;)

| たいちょ | 2012/07/11 07:44 | URI | >> EDIT

NAOさんへ

> 一ノ割大勝軒は無理矢理に路駐するしかないんですよね。

NAOさん、遠征派ですね~、凄い!
私なんか県内だって遠くは行かないのに(^^;

行く前から煮干モードだったので、食べられなくてちょっと残念でした。

| たいちょ | 2012/07/11 07:49 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/391-7d68fcc4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>