<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

お知らせ

先日葬儀から帰って居酒屋弥生さんに行き、帰宅してまた大酒飲んでからお風呂に…

このパターンは鉄板と言っていいでしょう。

湯船で寝てしまい、スマホを落としました(。-д-。)

現在乾燥中。
昔のガラケー使っています。

なので、携帯メールが出来ない状態ですm(__)m


メールが出来ない理由はまた後日。
(理由は追加の文章にて。それでも解らない場合はググってみて下さい。一度スマホに機種変すると、メールの設定はスマホからしか出来なくなります)

っていうか、何故スマホからしか設定出来ねーんだよっ、ドコモ!!(。◣‸◢)
(この文章は誤解が生じるようですので、訂正及び追加の文章を載せました)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓訂正及び追加の文章↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

このようになった場合、メールの設定変更(ガラケーからメールが出来るようにする)はスマホからしか設定が出来ず、わざわざドコモショップへ行ってスマホを借り、スマホに入っていたカードをショップから借りたスマホに入れてメールの設定変更をし、そのカードを自分のガラケーに入れてはじめてメールが出来るようになります。
これは非常に面倒なわけで、そこの所を何とか(例えばパソコンからならば設定変更出来るようにするとか)して頂きたいのですが、どうでしょうか、ドコモさん?(2012.05.04 訂正文追加)
関連記事


| 日記 | 19:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

携帯の水没

たいちょうさん(4/12)よりおしらせ

何故、バスルームに携帯を持って行ったか理解が出来ません。

私が、推測するには、

1.携帯を身体にぐるぐるんと巻きつけていた。

2.泥酔していて、衣服の着用のまま浴室へ行ってしまった。

以外に推測が出来ません。

原因(要因)

1.仮にネックorリストストラップを使用していれば、身体に身につけて   いるので、解ると思います。ただし、我を忘れるくらい、しこたま飲ん  でいた。

2.泥酔していて、記憶がとんでいて我を忘れて、衣服を着用したまま浴槽へ飛び込んだとすると、理解が出来ます。それ以外なら、ただの飲んだくれ親父

結論

 貴殿は、自分のエラーを第三者であるドコモへのクレーム発言をなされている。大の男が、このようなことをブログで発言をすることは、ドコモへの挑発行為(ドコモサイドから見ると名誉毀損として起訴されても、貴方は否定することは出来ないと考えられます。)に値すると思われます。自分のエラーを第三者に、教えていることを理解されて書かれているのであれば問題はないと思いますが、己の恥を理解してください。

最後に

 この件の報告は後日に公表されると書かれていますが、今日(5/3)まで何らか発言、公表、連絡それなどがなされていません。それは何故ですか?間違っても、自分のブログだから問題ない及び第三者には関係がないと判断されているのであれば、何か勘違いをされていると考えられます。このようなことを誰が見たり、読んでいるわけです。仮にも、ドコモ関係者が、この件を見て侵害されたと思われたら、上記のことがなされても、貴殿は何も出来ませんよ。

| Richard Branson | 2012/05/03 23:06 | URI | >> EDIT

Re: 携帯の水没

Richard Branson様>

コメント、有難うございました。
少しお返事させて頂きます。

私はこのエントリーで、水没を他人のせいにする文章を書いたつもりはございません。
携帯を風呂場に持っていったのはお亡くなりになった方の家族にメールをする為でありまして、水没させたのは私のせいです。
そうとしか思っていませんし、書いてもおりません。
しかしながら、文章の表現が美しくなかったかも知れません。
よって、その部分を、誰が読んでも解りやすいようにこれから書き直したいと思います。

結果は必ず後日書きます。
何故今まで書かなかったかというと、「ちゃんとした結果が出ていなかったから」と、「仕事が忙しかったから」というのが大きな理由です。
現在スマホは使える状態ですが、ここまでちゃんと治るまでに時間が掛かりました。
つい先日まではディスプレイ部分に斜線が入り、それが徐々に治っていくという状態だったので、どこまで治るものかと様子を見ていたのです。
物事を途中経過も含めてエントリーするのも良いのかも知れませんが、私は(今回のスマホの件は)ちゃんと結果が出てからエントリーすべきだと考えました。
どういう状況で水没させ、どれをどういうふうにして改善したのか、それに要する時間はどのくらい掛かったのか等、同じことをしてしまった人達へ何かプラスになればと思い、そう考えたわけです。

最後に。
Richard Bransonさんの仰るように、私は元々恥さらしで、ただの飲んだくれ親父です。
そんな私のような人間のブログより、Richard Bransonさんが素晴らしいと思われる方々のブログを訪問された方が、お互いに幸せかと思います。

重ね重ね、貴重なコメントを有難うございましたm(__)m

| たいちょ | 2012/05/04 08:13 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/341-0d13f8f0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>