上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マザーはまだ到着しません。
代わりのパソコン(Ubuntu)で更新します。

先日父が帰省した時に実家のお兄さん(従兄弟)にご当地ラーメンをたくさん頂きまして、ここんとこ毎日ラーメンを作って両親に食べさせています。
今日はこちらの「郡山ラーメン 大地の麺」です。

郡山ラーメン 大地の麺

麺に米粉が入っているそうです。
母には普通に作り、魚が大好きな父には煮干スープにチャレンジしてもらいました。
煮干スープって好みが有りますから、ダメな人は全くダメですよね。
初回なので「煮干度60%」で作ってみました。

郡山ラーメン 大地の麺

炙りチャーシュー・ネギ・海苔という若干寂しいトッピングですが、元々うちの両親は「麺とスープだけ有ればいい」という人達なので無問題。
さて、初のニボニボはどう感じたでしょうか。

父「あぁ、いいじゃない」

おっと、やはり魚好きな父は美味しいと感じるらしい。
「こうすると奥行きが出ていいな」
好評価ですよ、セニョール♪

じゃあ、母はどう感じるの?
ということで少し残ったスープを飲ませると…

母「美味しいよ」

結構好き嫌いが激しい母も、煮干スープは美味しいらしい。
そういえば母の味噌汁はいつも熬子出汁だった。
私の煮干好きは親から来ていたんだなぁ。


Ubuntuは以前も使っていましたが、久しぶりに使うと「あれ?これはどうなんだっけ」っていうことが有り過ぎ。
今回はクリーンインストールで使い始めたから、初めの設定やら必要なものをインストしなきゃ使えない。
いや、使えないわけじゃないんだけど、使い勝手が悪い。
スマホだと思えばなんてことないんだけどね。

古いマシンだけど、結構サクサク動いて満足。
サブマシンとしてこのまま自宅に置いておこうかな。
関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。