<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

カミナリ本店

開店してすぐ、ハナちゃんからメール。
「富田さんプロデュースなので来てみました~」
添付写真を見てみたらカミナリ本店。

げっ! 大丈夫だろうか…

何故そう思ったかというと、ハナちゃんご夫婦は二郎とは無縁の人。
いや、私も無縁なんだけど、ハナちゃんご夫婦はもっと無縁。
どうやって説明したら良いのか解らずに時間が経ち、またもやハナちゃんからメール。
「富田さんのラーメンってこういう感じなんですか~?」

いや、違うんだ、ハナちゃん。
富田さんのラーメンは、もっと魚介が利いていて、いや、まず、二郎っていう食べ物がございましてぇ…
最初から説明したけど、解って頂けたかどうか…説明が難しい(;´д`)トホホ…

というわけで、ずっと宿題にしていたこのお店へGO!

カミナリ本店

何度拝見しても目立ちます(笑)

カミナリ本店

この日はラーメンモードだったんだけど、個人的に二郎系は苦手で、その理由は「歳なので体が二郎のパワーに負けてしまうから」という情けないものなんだけど、富田さんが関係しているお店なんだから一度は行かないと♪という思いで来たわけなんですよ。
でも苦手意識は変わらないでしょ。
だからガクブルで入店したわけですよ、実は。
きっと「やっぱり食べ切れませんでした、ごめんなさい!」って言わなきゃならなくなるなと(^^;

先日も、ブログのレポを見て回ったわけです。
そうしたら「こういう系はもう無理になって来た」とか「濃厚過ぎてギブ」とか、同世代の人達だろうと思われる惨敗日記が書かれているではありませんか。
入店したら、とりあえずスタッフに「ごめんなさい」と先に言ってしまおうかと考えたくらいですよ。
食べる前から逃げ腰という寂しいオヤジ状態(+_+)

嫁は正油にするというので、私は味噌にしてみました。

カミナリ本店

あれ?
思ったほど器がデカくないです。
というか、小さい??
「大瓶が中瓶に見えたらアル中」と言われていますが、小さく見えるというのは「ラー中」なのかな?(笑)

次に私の味噌が到着。

カミナリ本店

やっぱりおばちゃまです(小盛のおばちゃま)。
という寒いオヤジギャグが言えるほど、気が楽になりました。
「これは完食出来るかもっ!(`・ω・´)」

濃厚です。
「普通にしますか?あっさりにしますか?」と聞かれて、初回だから「普通でお願いします」と言いましたが、スープはドロドロに濃いです。
しかし我々はスープ飲みなので、どんどん飲んじゃう。
あ、天地返しを忘れました。

残念ながら麺は我が家好みでは有りませんでしたが、野菜の茹で加減良く、チャーシューも丁度良い噛みごたえ。
食べ進むうちに下からサイコロ状の背脂がゴロゴロ出て参りました。
「これ、あっさりをお願いすると入ってないんじゃないの?」と嫁。
多分そういうことなのかも。
パワーの有るラーメンは苦手なんですがね、背脂は好きなんですよ。
無問題!(この表現で解って頂けるかしら)
背脂もスープや麺と一緒に、半分くらい頂きました。
甘くて旨いなぁ~(^^)

嫁のスープもちょっと貰ってごちそうさま。
このタイミングで言うのも変だけど、スタッフのお姉さんがキレイだぁ(o^_^o)
店主(?)さんも、風貌が富田さんに似ていてカッコイイ♪

余韻に浸りながら午後の仕事を。
ビックリしました。
こういう系のラーメンを食べると、必ずと言って良いほどもたれる私。
しかしカミナリ本店のラーメンは全くもたれない。
胃がスッキリしている。

多分、そういうことなんだと思います、はい(笑)

この系のラーメン、カミナリ本店ならばOKだということが解りました。
それだけでも、今日の収穫は大きかった(^^)v

【カミナリ(雷)本店】
住所 千葉県松戸市北松戸3-1-76
電話 047-366-5455
時間 11時30分~翌3時
定休日 無休
駐車場 有り


大きな地図で見る
関連記事


| ラーメン | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/205-a5224c74

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>