<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

麺家味丸~中華洋食たちばな

『中華料理永福園』といい、この界隈を一周する理由が出来た為、この日はももちちさんのレポを拝見してからず~っと宿題のままだった『札幌麺家味丸松飛台店』へ。
真ん前にある駐車場へ車を停める。

札幌麺家味丸松飛台店

『松飛台店』ということは、チェーンなのかな?

札幌麺家味丸松飛台店

こういうとこ見るとチェーンだけど、中に入ってみるとそう感じません。
左奥に有る券売機で食券を買い、お母さんスタッフに渡します。

この日初めての客だったからか、結構待ってラーメンが到着。

札幌麺家味丸松飛台店

ガテン系の人達が来たり、近所の常連が来たりしているので、この店はそういう客層に支えてもらって続いているんだな~と思いました。
常連さんが居るということは良いことですよね(^^)

【札幌麺家味丸 松飛台店】
住所 千葉県松戸市松飛台112-26
電話 047-387-0248
時間 11時30分~15時・17時30分~翌2時
定休日 月曜(祝日の場合は営業で翌日休み)
駐車場 有り

※正油ラーメンは580円。食券制。家族可。母体は(有)ユウキ。



ここまで来たら、となりの『中華洋食たちばな』にも寄らないと♪

中華洋食たちばな

この店は『東京らぁめんちよだ』の丹羽社長に教えて頂きまして、それからのお付き合い。
丹羽社長が「普通のラーメンなんだけど、とっても懐かしくて味わい深いんだ」と仰った通り、昔ながらの味を守り続けているお店です。

中華洋食たちばな

この店のスープを頂くと、何故か『ちよだ』を思い出します。
遠くの方に魚介系の風味を感じ、それがどこか『ちよだ』っぽい。
丹羽社長のラーメンは永福町大勝軒系なんだけど、この店の流れも感じられる。
それもそのはず、この店の暖簾には「東京ラーメン」と書かれていて、ちよだの名前ににわざわざ『東京らぁめん』と付けたのは、ここに理由が有ったわけですよねぇ。

私があっさりスープを作ったら、ちよだの流れを感じるスープになるんでしょうか。
そしてコッテリ系なら、『麺屋花形』(闘魂ラーメン)の流れ。
この2店のラーメンは、数え切れないほどの杯数食べていますから~。

そうなんだ。
私がこの店に来る時は、いつも昔を思い出したくなる時なんだ。
原点に戻って考えなければならない時、たちばなのラーメンを食べに来る。
そしてこう思うんだ。

「よし、前を向いて頑張ろう!」

【中華洋食たちばな】
住所 千葉県松戸市松飛台112
電話 047-387-0554
時間 11時30分~22時30分(日曜日は20時30分まで)
定休日 なし(年末年始・お盆休み有)
駐車場 有り

※昔ながらの中華・洋食のお店。我々の世代にはとても懐かしく、しみじみとした美味しさを感じます。
関連記事


| ラーメン | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/202-c95ed885

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>