上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流山にロピアが出来てからというもの、すっかり洗脳されてしまった我が家。
全体的に安い。
お魚類がある程度充実している点も好き。
とにかく毎週通っています。

その洗脳に一役買ってるのが、ロピアで流れている歌です。
最初聴いた時、「何故このうたはブラブラ言ってるんだろう」って思ったら、ブラブラじゃなくて「Love Love」だったんですよね。
それからというもの、あの歌の歌詞がどういうものかという点が気になりまして、行く度、あの曲が流れる度に買い物の手を止めて曲に聴き入るようになりました。
一時は、あの曲が聴きたいが為にロピアに行っていたものです。

ボイスレコードは持って行きたくないんですよ。
そこは変なこだわりが有りましてね。
耳だけで勝負したい。

で、正解かどうか解かりませんが、とりあえずこんな感じかと…

ラララ Love Love ラー(もしくはララ) ロピア
ラララ Love Love ラー ロピア
ラララ Love Love ラー ロピア
ラララ Love Love ラー ロピア

いただきます
おいしいね
ごちそうさま
ありがとう

ロピアで始まる暮らし ロープライス ユートピア ロピア

ラララ Love Love ラー ロピア
ラララ Love Love ラー ロピア
ラララ Love Love ラー ロピア

ロピアで始まる暮らし食生活Love Loveロピア


これらの歌詞(のパーツ)を使って色々なヴァージョンが作られていて、ナレーションが入っています。
この歌詞の中でも一番洗脳力が高いのがこの部分。

ラララ Love Love ラー ロピア
ラララ…


このメロディー、最初に聴いた時に鳥肌立ちましたね。
よくあのコードからあのメロディ出たなと。
いや、それよりも、よく、あのホラー映画に使われるような歌声になるように演出したなと(笑)
正直、怖いですよね、あれを連呼されると。
とてもスーパーに流す歌声ではありません(;^_^A

で、「ちょっと聴いただけだと何を行っているのか解らない」というのも特徴です。
初めて聴いた時、「ラララ Love Love」の部分でさえ、どうやって単語を切ったら良いのか暫く考えてしまいました。
「ラララ Love Love」の後に「ロピア」を繋げればスムーズなのに、何故かその前に「ラー(もしくはララ)」を入れるものだから、余計に複雑になっています。
初めてロピアに行った人は「何をブラブラ歌っているんだろう…」って思うはず。
悪く表現すると、所ジョージ。
良く表現すると、ミスチル。
字余り入れまくりの歌詞になっております。

歌う時に難しい部分。
(1)「ラー ロピア」の「ラー」を歌った後、間髪をいれず「ローピーアー」を歌わないと間に合わなくなります。
(2)「ロープライス ユートピア」の「ロープライス」の後、繋げて「ユートピーア」を歌わないと収まりません。

このように、ロピアの歌にはたくさんの研究材料が含まれているんですよ(笑)

「あいうえアイラブ ラブラブラリルレ(ラブラブ)」の歌の方は、また研究してから発表ということで♪

では、今日もロピアに行ってきます!(≧∇≦)
関連記事

Tag:ロピア

コメント - 8

川口  2017, 06. 28 (Wed) 09:09

ヨークマートで流れているBGM(たぶん閉店近く?)の正体をずっと前から知りたいんですよね〜。
めっちゃ上質なピアノフュージョンなんですよ。
ソロがかなり素晴らしくて。
もしかしたらオリジナルの書き下ろしかもしれないけど…。

編集 | 返信 |  

たいちょ  2017, 07. 03 (Mon) 09:55

川口さんへ

> ヨークマートで流れているBGM(たぶん閉店近く?)の正体をずっと前から知りたいんですよね〜。

もしかして同系列店で流れる、星空のピアニスト(リチャードクレーダーマン)ですか?

編集 | 返信 |  

川口  2017, 07. 14 (Fri) 13:54

iMacが壊れていま戻ってきたので返信遅れました〜m(_ _;)m。
違いますね〜。
星空のピアニストって知りませんでした(^_^;)。
情報ありがとうございます!

編集 | 返信 |  

たいちょ  2017, 07. 15 (Sat) 09:25

川口さんへ

> iMacが壊れていま戻ってきたので返信遅れました〜m(_ _;)m。

川口さんもMacユーザだったんですねぇ。
私の友達、結構Mac多いなぁ。
維持費が高くて、私は途中で挫折しました(´;ω;`)

> 情報ありがとうございます!

お役に立てずm(__)m

川口さんが知らないんですから、やっぱりオリジナルなのでは??
聴いてみたいんだけど、最後まで居る機会が無くて(^^;

編集 | 返信 |  

酒屋パワー  2017, 08. 05 (Sat) 13:51

研究内容、楽しく拝読いたしました!
うちの近所(東村山です)にも、先日、ロピアがオープンして、我が家の食材調達先が、すっかり様変わりしました。
「あいうえアイラブ〜」の研究報告も、楽しみにしております!

編集 | 返信 |  

たいちょ  2017, 08. 07 (Mon) 11:12

Re: 酒屋パワーさんへ

> 研究内容、楽しく拝読いたしました!

コメント、有難うございます(^^)

> うちの近所(東村山です)にも、先日、ロピアがオープンして、
> 我が家の食材調達先が、すっかり様変わりしました。

ですよね~。
我が家も現在、ほとんどの日はロピアで買い物をしています。

> 「あいうえアイラブ〜」の研究報告も、楽しみにしております!

あの怪しい歌と安価な商品のギャップが素晴らしいですよね。
また次回も宜しくお願いしま~す(≧∇≦)b

編集 | 返信 |  

あ  2018, 07. 06 (Fri) 10:59

あー 

やっぱアレ引っ掛かりますよねぇ。

そこのあたり計算づくで作られていたとしたら天晴れとしか言いようないくらい

僕個人的には不安になるボーカルです

商品は大丈夫でしょうか

編集 | 返信 |  

たいちょ  2018, 07. 16 (Mon) 10:23

Re: あー 

あーさんへ

> やっぱアレ引っ掛かりますよねぇ。

ロピアに始めて行った時から、メチャメチャ気になりました。
かなりな時間、立ち止まって聞いちゃいましたもの(笑)

> そこのあたり計算づくで作られていたとしたら天晴れとしか言いようないくらい
> 僕個人的には不安になるボーカルです

私のボーカルと同程度の、素人っぽいレベルです。
それに、あの「ラララ Love Love」の方のメロディは、黒魔術か何かのオドロオドロしさを
連想させる合唱で、最初薄気味悪かったんですよ(^^;
「あいうえアイラブ」の方の、ノリは素晴らしいのに。

> 商品は大丈夫でしょうか

商品に関しては、私は安心して購入しています。
ただ、安かろう…という商品も置いてある為、目利きは必要ですね。

元々お肉屋さんということで、お肉が安いのかと思ったらそれほど安いというわけでもなく、
「良い肉まで売っているよ~」という感じ。
全体的に、品物の質から考えると安めの設定という感じでしょうか。
セレクションのように「安い商品がメインとして置いてある(アルコールを除く)」というお店
ではないです。

スーパーの歌で言いますと、私的にロピアより不安になるのが、マミーマートですね。

『フレッシュ!MYマミーマート』
歌 - 久米奈津子
作詞 - 山本秀行
作曲 - 池田洋子
編曲 - 菅家健

柔らかい朝日が差して新しい一日
翼を広げる さあ行こう はるかな風の中へ
夢に見ていたこと 出会えるといいね
飛び立てばきっと 何かが目覚める
いつでもフレッシュ 季節を感じながら
どこまでも ハートにあふれてる
オーフレッシュ ソーフレッシュ myマミーマート

まぶしい日差しを浴びて新しい一日
翼で旅する さあ行こう きらめく風に乗って
夢に描いたこと 忘れたくないね
飛んで行けばきっと 何かが始まる
いつでもフレッシュ 季節を抱きしめて
微笑んで ハートに届けたい
オーフレッシュ ソーフレッシュ myマミーマート

この情報、以前どこかのブログで見つけたんですけど、マミーマートで始めてこの歌を聞いた時、
この絶妙なフラット加減に取り憑かれてしまい、それから毎日マミーに通いましたもの。
今ではマミーでこの曲を聴かないと、残念な気持ちにさえなります。
何が好きったって、「いつでもフレッシュ」とか「どこまでも」の部分の「フレッシュ」と「も」
の、おんぷでは表せない程度のフラット加減ですよ。
「フレッシュ」が微妙にフラット(以下「ビフラ」と表記)しているもので、次の「季節を」まで
影響出ちゃっていて、そこがたまらなくラブリーなんですよ。
それが進行すると、もう全体がビフラしているように聴こえてしまうんですけど、聴けば聴くほど、
「オーフレッシュ ソーフレッシュ myマミーマート」の部分だけビフラ感が薄く、残念のような、
そこが有るからビフラが目立ってよりラブリーなのか、私程度のファンになりますと、何がどう
転んでも大好きです(爆)

私の予想では、お店側が経費削減又は素人っぽい感じを出す為、社員の中から選択して歌を担当
させているのではないかと思うんですね。
下手か?と言われると、そうではありません。
全然音痴ではなく、歌として完成しているんだけど、全体的にビフラしている。
まぁロピアに関してはメロディがオドロオドロしいので、曲を作成したのも社員という気がしま
すが。

「曲を作ったのが社員」というつながりで言えば(あくまでも予想です)、長谷工のCMもそういう
感じがします。
最低でも作詞は社員か社長でしょうね。
「住優師」という、文字を出さなければ何を言っているのか分からないような言葉は、歌詞には
使いません。もしもプロに依頼して作ったとするならば、社長辺りが「住優師という言葉は必ず
入れてくれ」とタダを捏ねたに違いありません。

「最初変拍子(混合拍子でもいいけど)で途中から4拍子」っていう部分も気になるところです。
これを作曲した素人さんは、昔プログレが好きだった人ではないでしょうか。
で、「変拍子にしたい!」とこだわったと。
でも、複雑にはしなかったんですね。
その理由として「CMだから」とか「そこまでプログレは聴いていなかった」と予想します。
もっとコアなファンだとすれば、部分的に変拍子を入れるとか…

そして最後の部分ですよね。
最終的に4拍子の連続で終わるようにした為に、「タラタタッタタ」で終われば振り付けも腕を
振り下ろした状態で力強く終われたんですが、「タラタタッタタッタタ」と4拍目まで入れること
によって、腕を振り下ろす前の「バックに上体を反らし、まさにこれから拳を振り下ろさんとする、
気持ちが爆発する前の息を吸い込んだ状態」という頼りない所で曲が終わります。
ここに、作者の苦悩が垣間見れるわけですねぇ。

あっ、つい熱く語ってしまいました。

長文にて、失礼致しますm(_ _)m

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。