| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【家ラー】タンメンは家で食べる派です

「家で作れるものは外で食べない」というのが、ポリシーでございまして。
「家で作れるものまで外食したんじゃ~、お金が大変」というのが本音だったりしますが(^^;

痛風発作が出るまでは、一時期回転寿司がマイブームでした。
マイブームって、死語ですか?(笑)
ワタクシ、寿司は握れないんですよ。
おにぎりになっちゃうんです。
角がないと言いますか、丸い感じの握りになっちゃうんですね。
ですから外で食べるしかありません。

あとは、何でしょ。
レバ刺なんかも自宅で食べられませんので(売ってないですよね)、外で食べます。
お刺身(生のお魚)も基本的に外で頂きますね。
美味しい刺身を仕入れるのは難しいですから。

例外として。
ラーメンを外で食べるのは、「勉強の為」です。
中華料理を外で食べるのは、「無難だから」です。
大好きな蕎麦をあまり外で食べないのは、「高くて食べられないから」です(^-^;

幸楽苑の店舗は、最近になって「野菜」という字を付け加えましたよね。
緑色のバックに変えたりして。
きっと売上げに繋がるからだと思ったんでしょう。
外観を直した費用分、売上げが向上したのかは、今後温かく見守るとしまして(福島頑張れ~!)

我が家の場合、ラーメンは食べますが、タンメンは外食しないんですね。
タンメンって、不味く作れないじゃないですか。
適当にお肉と野菜炒めて、スープ入れて味を調えれば、まず失敗はしません。
野菜とお肉の味がスープに出て、実に美味しい♪

我が家の食卓 - タンメン

家で作るラーメンで一番難しいなぁ~と思うのは、醤油です。
醤油ラーメンほど誤魔化しがきかないラーメンは有りません。

試しに、今回のタンメンを味噌味にしたらどうか。
ちょっと物足りないかも知れませんけど、胡麻油なり、何かの油をプラスして若干濃い味噌味に仕上げれば、何となくラーメンっぽくなります。
塩味に関しては、皆さんご承知の通りです。
失敗しようがありません。

しかしこれを、醤油で作ったらどうか。
野菜とお肉を炒めてお水を入れ、中華スープの素を入れて醤油を入れる。
塩だったら炒める際にコショウを入れれば満足のいく味に仕上がりますが、醤油の場合はどうしたって味がまとまりません。
スッカスカ(^-^;
これはいったいどういうことなんでしょうか。

この件を、食文化史研究家の永山久夫先生に聞いてみました(嘘)

もしかすると、これは材料の問題なのでは?
塩と味噌はちゃんと造っているのに、醤油だけちゃんと作っていない??
いえいえ、そんなことは絶対にございません。
醤油だって、手間暇かけてちゃんと作っています。
どちらかというと、塩が一番簡単そう(マテ

まぁ、結論を出さないのが私なので、ここも曖昧にしておきます。
ラーメンを食べる際、日本人が醤油味を一番多く食べているからなのか、味噌と醤油が日本ならではの調味料だからなのか(似たようなものは有りますが)、答えはその辺りに関係しているのかも知れません。
とにかく、ラーメンは醤油ダレが一番難しいと思いますし、上手に出来れば、一番味わい深いように感じます。

ところで皆さん、体調は万全でしょうか。
私は1月から風邪でダウンしております。
3日目ですが、全く治る気配が有りません。

薬、効かねぇ~~~~~(。-д-。)
関連記事


| 家ラー | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1251-412749f5

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT >>