<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【福島】帰省3日目

福島に着いて3日目、もう帰る日になりました。
楽しい時間は早く過ぎてしまうものですねぇ。

白石温泉

とにかく景色が良いです。
空気が美味しい♪

白石温泉

朝食はバイキングでした。
普段あまり朝食を摂ることは無いのですが、せっかくですから頂きました(^-^;

白石温泉

ソーセージと肉団子の食べ放題は嬉しいなぁ(だからデブ)。

白石温泉

ここでは、しらすおろしだけ頂いて湯豆腐はスルー。
湯豆腐って、いったいどんな時に食べるものなんでしょうかねぇ。
美味しいですか?(^-^;

白石温泉

頂いて来たのはこれです。
私にしては食べた方なんですよ。
朝からソーセージも肉団子もしらすおろしも肉じゃがも食べませんもの。
でもこんなに食べられたのは、東北に来たからなんでしょうねぇ。
私の体はこの地方の空気に合っているんだと思います。

朝食を美味しく頂いた後は、露天風呂へ。
素晴らしい景色を拝見しながらの露天風呂は、また格別です。
お風呂大好きなので、ギリッギリまで浸かっていました(^^)

名残惜しい気持ちで白石温泉を出まして、向かったのは蔵王チーズ「蔵王酪農センター」でございます。

蔵王チーズ

何だか、有名らしいんですよ。

蔵王チーズ

もう、店内チーズだらけ(当たり前だ)。

蔵王チーズ

おっと、うーめんも忘れてはいけません。

蔵王チーズ

おぉっ!
昨日お兄さん達が浴びるように飲んでいた日本酒が有りました!
私も一口頂いたんですけど、美味しかったですよぉ~(o^_^o)

蔵王チーズ

どこに行ってもアイスを食べる嫁。
2日目、白石温泉に向かう時も、途中のコンビニでアイス食べておりました(ーー;)

このアイス、濃くて美味しかったですよ♪(結局お前も食べたのか)

ここでお別れの予定でしたが、一緒に昼食でも…という話になり、その前に若干の運動を。

白石城

白石城でございます。
えぇ、歴史を全く勉強して来なかった私には、ここがどういう城なのかが解りません。
解りませんが、こういう景色は大好きです。

白石城

素晴らしい。
こんなに素晴らしい景色は何年ぶりでしょうか。
高所恐怖症ですけど、これを見たいが為に、我慢して一番上まで行きました。

白石城

こんな恐ろしい階段は、何処以来でしょうか。
ちょっとだけ足が震えたりして(爆)
年配の方は口を揃えて「降りるのが怖い」と言っていました。
こんなに急で狭い階段では、再訪する気になる人は居ないと思うなぁ(^-^;

白石城、階段が一番印象に残りました(マテ

白石城

あと、紅葉が美しかったですね。
こんなに見事な写真、近所では撮れないもんなぁ。

さてお待ちかねの昼食。
やっぱり白石ですから、うーめんでしょうか(^^)

うーめん番所

奥州街道うーめん番所というお店に行きました。
ここはお兄さん達も初めてだそうで、お客さんとして吉永小百合さんがいらっしゃったり、結構有名なお店なんだそうです。

入ってまず思ったのが、暑い!(;´Д`)
半袖でも暑く感じるほど、暖房が効きまくりです。
「これじゃ暑くて食わんに」ということで、暖房を調整して頂きました。

それぞれ食べたいものを決めまして、注文をします。
「○○○を1人前と、○○○を2人前、そして○○○を…」と我々が注文している最中に、
「全部同じじゃないと時間かかるよぉ~」と、注文を取りに来たおばちゃんが言います。
いやいやいやいや、飲食店で一番言っちゃいけないヤツじゃないですか、それ~(;^_^A
このお店の個性っていうことで、サラッと流したいと思います。

実はこの後、「おばちゃんの言うことを聞いていれば良かった」と思うことになるわけで…

このお店、本当に時間が掛かるお店だったんですよ(笑)
途中で社長さんがうーめんの説明に来たんですが、その社長さんが他のお客さんの所をグル~っと回り、またこちらに来て色々話をして帰ったのですが、まだ1人前も出て来ないんです。
待ちくたびれた頃にやっと出て来たのは、父が注文した蕎麦(いわゆるもりそばで670円)。
次に、ざるうーめん600円。
そして私が注文した、こちら。

うーめん番所

「からみ大根付板そば温麺 720円」なんですけど、メニューには「蔵王高原産の辛味大根がめんの旨味を引き立ます。」と書かれているのに、この日は辛味大根が無いから普通の大根なんですって(笑)
このメニューの売りの部分が品切れとは…(;^_^A

この3品以降、また暫く休憩が入って、嫁以外の数品が来ました。
私と父は、少し待ってから食べ始めたのに、半分近く食べ終わっています(待っていたら完全にのびてしまうので)。
でも嫁の「冷し二色うーめん 820円」だけ来ません。
私と父はすっかり食べ終わり、他の人達もほとんど食べ終わった頃に、嫁のうーめんが来ました。
このお店、オペレーションが…(;^_^A

注文時に同じの頼めって言っちゃうし、社長さんも何度もお客に話し掛ける時間が有るならば厨房を手伝って少しでも提供を早くすべきだし、妙に曲がった変形のテーブルはオシャレだとしても、旅行客も受け入れたいならば荷物置き場が無いのは辛いし、最初に書いた通りに店内の温度設定が変だし…
おもてなしという意味から考えると、真逆と言っても良いかも?
というか、これが白石流のおもてなしなのかも??
この日だけで、普段はそんなことは無いお店なのかも知れませんが。
いや、逆に突っ込み所が満載で、面白かったかも(;´∀`)

しかしこの「うーめん」という食べ物。
コシが有って確かに美味しいは美味しいんだけど、これって乾麺ですよね。
通販でも1人前50円程度だから、仕入れるとしたらきっと半額程度。
例え1.5人前だったとしても、その乾麺を茹でて、つゆ少しと薬味、少しの佃煮付けて600円って…(^-^;
このお店、吉永小百合さんを宣伝文句に入れているので、「吉永小百合料金」が加算されているのかも?(笑)

冗談はさておきまして。

体に優しい食事をした後は、気を取り直して高速に乗ります。
お別れはいつの時でも悲しいものですねぇ(T_T)

一部事故渋滞が有りましたが、その後はスムーズに…
行くはずだったのが、結構な渋滞。
途中で高速を降りてみても、やっぱり渋滞。
でも父が楽しんでくれたから、長時間運転するのも、全く疲れませんでした。

父は、あと何回帰省出来るのか。
もしかしたら今回で最後になるかも知れません。
そう考えると、早い時間に福島を出るなんてことが出来なかったんですよね(いつもは朝食後に帰ります)。
今回は渋滞覚悟で、昼まで楽しんだわけです。

実家のお兄さん達には、本当にお世話になりましたm(__)m
そして、有難う白石温泉!

そして、そして、有難う福島!

また会う日まで、さようなら。





今回の帰省で一番美味しかったのは…

「名倉山大吟醸」でした ヾ(≧▽≦)ノ

外食は全体的に残念でしたが、次回福島行きが有れば、自分で調べてから行きたいと思います。


しかしビックリしましたねぇ。
東北→濃い味だと今まで思っていたのに、今回3回食べたランチとか、実家のお兄さん達が食べていた食事は、本当に薄味だったんですよ。
それも、例えばキノコを使ったものだったら、そのキノコの味がとても良く感じるほど薄味で、それがもしもパスタだとするとバターがはっきりしているわけでなく、コショウが利いているでもなく、ちゃんとキノコの味がします。
うーめんの汁にしても、伊達屋のラーメンにしても、出汁さえも薄く感じてしまうほどあっさりとしているんですね。
いつからこんなに健康志向になったんでしょうか(^-^;

というか、我が家の舌が、しっかりと出汁の利いたパンチの有る味に犯されてしまったんでしょうね。
味付けの面で、とても勉強になった3日間でした。

関連記事

| 日記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1237-bc185638

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>