<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【イタリアン】オホホとムフフの和イタリアン食堂Humtonで神保彰



個人色の強い趣味のページになると、いきなり「Kill the king」が先頭に来てしまうという、良い例(?)です(笑)

ここの所、何度も市場に通う用事が出て来まして、当然ランチも市場内で頂くわけですが、そこで楽年オープンしたイタリア料理店を発見したわけです。

オホホとムフフの和イタリアン食堂 Humton

イタリアのバンドと言えば…



……

ま、私の知識からすれば、こんな感じでしょうかね(全く知らない)。

とにかく、すご~く居心地の良いお店を見付けてしまったわけです。

オホホとムフフの和イタリアン食堂 Humton

この料理をイタリアのバンドに例えると… って、知らないのにどうやって答えるつもりなんだか(^^;

弟が現在スペイン料理のシェフでございまして、元々はイタリア料理のシェフでございます。
聞けば、イタリア料理とスペイン料理は似ているんだそうで、どちらかの基本が出来ていれば、すぐ慣れるとのこと。
私は基本が出来ておりませんので、どっちもダメですね、はい(^-^;

オホホとムフフの和イタリアン食堂 Humton

チェーンになる前のサイゼリアに在籍していたことが有りましてね。
その時に「イタリアンというのは元々家庭的な料理であって、かしこまって食べるものではない」と教えて頂きまして、いちいちマナーなどという堅苦しいものがついて回るフランス料理店がモーレツに苦手な私は、すぐイタリアンの虜になりました(単純な脳内構造)。

この日も、どちらかというと近所の〝めんぱち〟辺りが似合いそうなオジサンが、「この豆腐みたいなの、何?」「パンナコッタでございます」というような会話を楽しんでおられまして、何だか親近感がわいたわけですが、「私のような人間でも入って良いお店」ということが確認出来て嬉しかったです。
実はこのお店の前は何度も通っていまして、その都度「私の入って良いようなお店ではないな、うん」と何度も頷いて通り過ぎるということを、数日間繰り返しておりました。
ガテン系のオジサンが作業着で入っても嫌がられない、とっても居心地の良いお店です。

オホホとムフフの和イタリアン食堂 Humton

アップの写真をどうして撮ったか。
これもあっちで書いた通り(知らない人はどっちか解らないでしょうけど)、スパゲッティの中でもナポリタンというのは特別なものであって、ボンゴレやカルボナーラ、ましてミートソースなんていうものは全く寄せ付けないほど底力を持ったメニューなのですよ。
ですから、ナポリタンが大好きな人にこの写真を見せるやいなや、場合によっちゃーパンツ一枚でツッカケも履かずに家を飛び出して行ってしまうかも知れない。
「たいちょの欲しいもの上げますよっ!(≧∇≦)b」なんていう人が出て来るかも知れない。
いやいや、「とっくにジジイ」の私には「すっかり忘れ去られた欲望」なわけですが、もしかすると、ナポリタン好きなハナちゃんが見て「たいちょ、一等前後賞の当たりくじをあげますよぉ~」なんて言ってくれるかも?という強欲さ加減は、いつの歳になっても忘れたくはないものです(違)

っていうか、こういう場合は金じゃないだろ?(マテ

とにかく。
ナポリタンにはそれほどの〝魔力〟が有るということで、この説明は終わりますm(__)m

「パスタは家で作るので、外では食べません」と公表している私が、今回どうしてお店でナポリタンを食べてしまったか。
その理由が、ここに有るわけですねぇ(前置きが長すぎて、どこに有ったか解らないですか)。

「前置きが終わったと思ったらすぐに終了」というブログが有っても面白いと思うので、ここで終わります?
いや、やっぱりもうちょっと書きましょうか。

このお店に、神保彰さんのスティックが飾ってあります。
それも、片方だけ。
神保彰さんがスティック1本で叩くドラマーかというと、違います。
というか、そんなドラマー居るのかしら?

オホホとムフフの和イタリアン食堂 Humton

どうして1本なのかは、実際にお店に行って聞いてみて下さい。
行ったら、きっとHumtonのファンになると思いますよ。
私もなりました。
どうしてかは、実際に行けば解ります。

行って解らなかった場合、責任は取りませんけども(笑)

それに、私はこのお店の回し者でも有りません(≧∀≦*)

Humtonと神保彰さんの繋がりは何か。
ズバリ、有りません(爆)
しいて言うなら、このお店のマスターが神保彰さんファンということでしょうか。

マスター、フュージョンドラマーだったらしいですよ(`・ω・´)

それにしても、「赤羽のロニー」さんクリソツ!(また脱線)
気になる方は「赤羽のロニー(NHK松本和也アナ)」で検索して下さい。
本当にそっくりですm(__)m
一気にファンになりました♪

最近、外食は大当りが多くて嬉しいです。
何だか味のことをあまり書いていなくて失礼なので、最後になりましたが一言だけ。
「イタリアと日本を行き来している友達にナポリタン作ってもらった」という、良い意味で素朴で、優しさ溢れる料理でした♪

ご馳走様でしたm(__)m

【Humton-はむとん】
住所 千葉県松戸市松戸新田30 松戸南部市場内
電話 047-365-8838
時間 10時30分~16時30分
定休日 水曜・日曜
駐車場 松戸南部市場内駐車場を使用

≫Humtonホームページ







最後はやはり、これを。



この第5期の公演、見に行きました。
感動でした~(o^_^o)

私としては、この後コージーが抜けた時点でレインボーファンは終わり。
Deep Purpleのコピーバンドから始めた私でしたが、結局は最後までリッチーを好きになれず、これ以降のリッチーの曲はほとんど聴いておりません。

どうせ才能無いんですから、こんな難しいバンドのコピーをしなきゃ良かったのに、勘違いしちゃったんでしょうねぇ。
並行してツェッペリンファンやってましたが、そちらのコピーも中途半端で終わりました。
いつも目標がデカ過ぎる(爆)

この第5期の頃、私は常にジャケットにサングラスという格好をしていました(笑)
関連記事

| イタリア料理 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1226-84ef20c3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。