<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【居酒屋】南九州うめえもん北小金亭で宮崎名物チキン南蛮

この日は嫁の職場で歓迎会(柏駅前)が有るので、私は嫁を駅まで送り、家の用事を済ませてから北小金へ。
今年2/2にオープンした〝南九州うめえもん北小金亭〟に入ってみました。

南九州うめえもん北小金亭

この場所は以前〝炭火焼だいにんぐテング松戸北小金店〟が有った場所。
結構長く続いていまして、昼から飲めるお店がこの界隈に無いものですから、貴重なお店でした。
南九州うめえもん北小金亭は夕方からだそうで、ちょっと残念(^^;

チャージ料は300円で、生キャベツとキュウリ(味噌付)。
ホッピーセットは390円と、飲み物は頑張った値段設定だと思います(全て税抜)。

南九州うめえもん北小金亭
霧島どりレバーレア焼き(ハツ付) 680円

飲み物の値段が安いのは良かったのですが…
実は我が家の特別な体質なのだと思うんですけど、ある焼酎が体に合わないんですね。
合わない焼酎を飲むと急にお腹が重くなり、何も口に入れたく無くなってしまうんです。
全く不便な体質です(+_+)

南九州うめえもん北小金亭

付属の焼酎は諦めて、霧島20度をお願いすることにしました。
〝霧島どりレバーレア焼き〟は絶妙な火の入れ方で、好みでした(^^)

南九州うめえもん北小金亭
刺身三種盛り(勘八・鯛・鰹) 980円

この勘八、味が濃いですねぇ。
こんなに主張してくる勘八は、生まれて初めて食べたかも知れません。
甘口と普通の2種類の醤油が使用出来まして、お好みに合わせて楽しめるサービスは嬉しいです。

南九州うめえもん北小金亭
宮崎名物チキン南蛮(ハーフ) 400円

川口さんが喜ぶかも知れない、チキン南蛮をハーフサイズで注文しました(笑)
外側は所々歯応えを感じ、中はジューシー♪
ただ、この大きさだと女性は無理かも知れませんね。
調理を考えれば大きい方が私も好きでして、でも外食として考えると、ここまで口を大きく開ける女性は少ないのではないかと…
ジューシーを取るか、食べやすさを取るか(;^_^A

私は勿論ジューシー派ですよ、セニョール♪

ここで、歓迎会が終わった嫁が合流。
生グレープフルーツサワーが300円ですよ、奥様!
逆に、料理は若干高めという設定でしょうか。
最近北小金に出来たお店って、〝や台ずし北小金駅南口町〟を含めて高めの設定になっていますね。
これも時代の流れなんでしょうか。

嫁が来てもお通しが出て来なかったり(どうせ食べないのでOKなんですけど、当たり前ですが、ちゃんと料金は乗っかりますのでね)、生グレープフルーツサワーとレモンサワーを間違えたり、今年2月オープンということでまだバタバタしているのかも知れませんが、料理を選んでお願いすれば、結構満足する物も有ると思います。

やはり嫁も割り焼酎にギブだったので、私もあまり飲まずに帰宅。
次回来る時は、ホッピー外(単品)と、焼酎銘柄指定にしたいと思います(割高にはなりますが)。
本当に面倒臭い体質だわ(T_T)

店内はわりと大きな声が飛び交っていて、活気が有りました。
以前のテング(天狗)は結構高齢のお客様も居ましたし、メニューが豊富だったので若い人達も居るという、年齢層の幅が広かったのですが、この雰囲気からすると、若い人をターゲットにしたお店なのかも知れません。
母体は調べても解りませんでした。
直営店を持たないフランチャイズなのかも知れませんね。

【南九州うめえもん 北小金亭】
住所 千葉県松戸市東平賀313-2 松本ビル2F
電話 047-701-7016
時間 17時~
定休日 不定休







歳を取りすぎたんでしょうけど、やっぱり「お通しが美味しいお店に通いたいなぁ」と思っちゃうんですよ。
我が家にはピンと来なかった塚田農場の影響も有るのか、今回のお店のように生キャベツみたいな手の掛からないものを提供するお店って、多くなりましたでしょう。
生キャベツが美味しいと感じる食べ合わせというか、「こういう時に生キャベツ囓りたいよね~」っていう瞬間も有るんだけど、お通しに出すということは、「いついかなるときでもそれを食べてね」っていうことだから、お店としては調理要らなくて楽なんでしょうけど、その「楽」っていうのがこちらにも伝わって来てしまい、なんとなくトーンダウンしてしまうんですね。

これはチェーンだから仕方ないのか、でもそう言ってしまったらそのお店が抜きん出ることは無いわけで。
以前のテングのようなお店だったら全く期にならないんですよね。
全体的に値段は頑張っているし、メニューは多いし、昼時間からやっているし。
そういう、他店には無いサービスが有るから問題にならない。
でも食材にこだわったり、産地にこだわったり、それなりの値段を設定したいというならば、まず最初に口に入れるお通しで納得させないというのは、個人的に「?」なんですよね。

「うちのお店は産地にこだわっています」と言いながら、お通しが冷凍枝豆とか。
「このお通しに出している生野菜は、こだわりの野菜です」と言いながら、それに付ける味噌の食感が悪いとか。
食材が高級志向なのに、実際に営業している所を見ると、安い居酒屋と同じとか。
逆に、接客だけ丁寧で、全ての料理がイマイチとか。
最近、どうもこういうアンバランスなお店が多いような気がします(チェーンだけでなく個人店においても一緒)。

「そのアンバランス感を楽しみに変換して下さい」なんてことをもしも言われるんならば、そりゃもう、「時代が変わったのね」としか言いようが有りませんね。
我々ジジイには(笑)

今度は鳥貴族に行ってみようかなぁ(o^_^o)
関連記事

| お酒を楽しむお店 | 21:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんかちょいちょい僕の名前が出ますねw!
最近は筋トレで鶏胸肉ばっかり食べてるので、鶏肉は見たくもありませんw。

安い居酒屋は僕の場合鳥貴族一択です。
カウンターが横並び席になってるところが多いので、女の子とくっつけるんですよねw。
軟骨唐揚げとかチューリップとかつくねとかよく食べます。
ただ、焼き鳥店なのになぜか日本酒の種類が少ないんですよねぇ…(-_-;)。

| 川口 | 2016/05/31 02:42 | URI |

川口さんへ

> なんかちょいちょい僕の名前が出ますねw!

うちのパソコン、「川口さん」が単語登録されていますから(笑)

> 安い居酒屋は僕の場合鳥貴族一択です。

うわ~~~! 実にタイムリー!!(≧∀≦*)

> カウンターが横並び席になってるところが多いので、女の子とくっつけるんですよねw。

うむ、そういうことになりますと、嫁は置いて行った方が良いかも知れませんね(マテ

> 軟骨唐揚げとかチューリップとかつくねとかよく食べます。

えぇっ?!
チキン南蛮じゃないんですね??(・∀・)

> ただ、焼き鳥店なのになぜか日本酒の種類が少ないんですよねぇ…(-_-;)。

今や、日本酒を飲む人が少なくなりましたもんね。
私は好きなんで、ある程度飲むと日本酒をお願いしちゃいますけど。
一種類というのは少なすぎますよねぇ。
せめて3種類、これから暑くなりますから冷酒なんかもお願いしたいところです(^^)

| たいちょ | 2016/06/01 09:56 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1219-711a59c3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。