<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【餃子】大阪王将習志野店で王将定食を50円引きで♪

5月5日は、端午の節句。

子育てが一段落付くと、〝こどもの日〟なんていうのは全く関係無くなってしまいます。
元々〝こどもの日〟っていう名前で、大人には無関係なんですが、一般的に親というモノになりますと「こどもの日に何かしてあげる側」という時期が来まして、「鯉のぼりを手配しなきゃ」とか「何かイベントを考えなくては!」なんてバタバタしたりする。
このバタバタする時期が終わりますと、一部の人達を除いては「親の世話をしなければならないドタバタ期」というものが来まして、私は今そこです(;^_^A

GWに入り、前日の4日までほとんど母の病院に通っておりました。
機嫌の良い日もあれば、悪い日も有り、最悪の日に当たりますと「せっかくのお休みを潰してまで来なければ良かった」とガッカリするわけで、それでも次回の面会日をいつにしようか、一緒に昼食でも食べることにしようかなんてことを考えてしまうのは、親子だからなのか、単純に私がおバカなのか、ドMなのか、それら全部なのか。
母と私の関係というのは実に微妙なもので、その微妙な関係の母の世話をしていると、たまには「親の世話をしない人達って、羨ましいなぁ」なんて思うのですが、しかし私は一人っ子ですから、どこにも逃げ道なんていうものは有りません。
どうせ逃げられないならば、一生懸命やろうじゃないか!(-_☆)キラーン

そんな綺麗事で済むお話でもないんですけどね(^-^;

さてと。
やっと一日休みが取れたので、この日は八千代→船橋→松戸と回りました。
八千代市から船橋市に入った時に昼となりましたので、宿題だった〝大阪王将〟へ。
昔、南柏店に入ったことが有りまして、でもどんな味だったのか、餃子の王将と比べてどう違ったのかを忘れてしまった為、宿題となっていたわけです。

気になっている方もいらっしゃると思うんです。
何故同じ出の“餃子の王将”と“大阪餃子”が有るのか。
似た物を提供する2店は勝ち負けが生じる可能性が大きいんだけど、両者共に頑張っています。
“珍來”とか“しちりん”等も同じですね。
私はゴタゴタともめる会社が苦手なので、そのゴタゴタは置いておき、味がどう違うのかに集中したいと思います。

大阪王将習志野店

ここはパチンコ屋さんと同じ敷地内なんですね。
パチンコ屋さんの建物にも、大阪王将側に出入り口が設けて有りまして、打ち合わせて設計したのかな?と思えるほど、お店に入りやすくなっています。

大阪王将習志野店
王将定食 1080(全て税込)
※この日は「餃子の日」で1人前260円→160円だった為、「中華そばセット870円」+「餃子160円」=1030円で頂くことが出来ました(50円お得)。

この「餃子の日」で50円お得というのは、知らずに注文した私に、スタッフが教えて下さったんです。
なんて優しい女性スタッフなんでしょうか(^^)

大阪王将習志野店
担々麺 760円

こちらの担々麺は、辛さに重点を置いたと言いますか、我が家の好みでは、もう少し胡麻が利いた担々麺の方が美味しく頂けたのでは?と思いました。
しかし760円という値段分は、ちゃんと楽しませて頂ける一杯でした。

大阪王将習志野店

今日頂いたメニューは極一般的なものでしたので、簡単にご紹介させて頂きます。
ラーメンは昔のラーメンそのものという感じで、それ以上特筆すべき点はございませんでした。
昔のラーメン店によく有った、さっぱりラーメンがお好きな人ならば、きっと気に入ると思います。
ラーメンが好きな人ならば見た目で判断出来ますよね。
油っけもほとんど無く、魚出汁が出ていることもございませんでした。

大阪王将習志野店

チャーハンは、チャーシュー・ネギ・卵以外にも材料が使われていまして、さっぱりとした味に仕上がっています。
香ばしいというよりは、ちょっとだけ炊いたピラフ寄りに向かった感じでしょうか。
ここは昔ながらのチャーハンとはちょっと違う部分です。

大阪王将習志野店

そう、この餃子がどう違うかが気になっていたんですよね。
両店共に店名に「餃子」が使われていて、メイン料理ということで宜しいかと思います。
そのメインの餃子に、どれだけ力が入っているのか。
誰もが注目する部分ではないでしょうか。

余談ですが…
私が昔ほど餃子の王将に行かなくなったのは、ある時期、ある店舗で食べた餃子があまりにも包みが甘く、全部開いたまま出て来たことが連続で有ったのと(もう何年も前のことです)、ラーメンが私の中の京都ラーメンという定義とは別物であるという理由からでした(単純に好みの問題)。
最近の「餃子の王将」の餃子はきっちりと作られていまして、でも結構な人達が仰るような「特別に美味しい」という感じではなく、至ってシンプルな、「普通に美味しく頂ける餃子」というのが我が家の印象でしょうか。

両方のお店で頂きまして、結論から言いますと、大阪王将も似た印象です。
味は、両店共に、値段に見合った味だと思いました。
一般的に手作り餃子を外で食べると、一人前400円前後すると思いますので、260円で食べられる両店の餃子はリーズナブル。
気軽に外で餃子を頂くお店として、ファンも多いのではないかと感じました。
「気軽に入って食事が出来る」というのは、B食(びーしょく)では大前提ですもんね(^^)

最後にもう一度。
「今日は餃子の日なので、こういうセットにした方がお得なんですよ」と教えて下さった女性スタッフさん。
本当に有難うございました。
そう言って頂かなかったら、気付きませんでした。
世の中にはまだまだ良い人が居るなぁと、心が温かくなっただけでも、このお店に訪問して良かったと思います。

ご馳走様でしたm(__)m

【大阪王将習志野店】
住所 千葉県船橋市習志野4-7-2
電話 047-409-3363
時間 11時~23時
定休日 無休
駐車場 有り







またまた余談になりますが。

これは50年以上生きて来ての私の統計で、根拠としては薄いものになってしまいますが(汗)
私が出会った人達で、家で頻繁に自家製餃子を作る家族は、余程の理由が無い限り外で餃子を食べませんね。
あ、たまにしか作らない家庭ではなく、年に何回も作る家庭限定のお話ですよ。
私は、独身の頃は(餃子大好きですから)外でよく食べていましたけど、結婚して自宅で作るようになってからは、ほとんど食べなくなりました(今回のように比較の為や、勉強の為に頂くことはします)。
父母も含めて、うちの家族は全員同じ。
食べたくなったら、自分で作ります。

いつも書いているお話ですが、私が外食しないジャンルが有るのは、自宅で食べられるからなんですね。
お好み焼きもたこ焼きも、焼売も餃子も、そういう理由です。
天ぷらもとんかつも、ハンバーグもパスタも、ほとんど食べません。
これは当たり前のお話で、家庭料理というのは自分の好みに合わせて作りますから、美味しくないはずが有りませんよね。
その(自分にとって)美味しい料理が自宅で(外食より)安く食べられるのですから、外で食べる意味が有りません。
あ、高級料理の場合は、高過ぎて食べられないんですけどね(≧∀≦*)

余談、ここで終わりますm(__)m

今回は、餃子の王将も大阪王将も、ランクを付けさせて頂けるならば「一緒」という結論になりました。
実はこれは、食べる前から予想していたことでございまして…
何故ならばこの両店、出は一緒ですよね。
元々は両店共、餃子の王将。
出が一緒で同値段の餃子を作っていたら、当然同じような仕上がりになりますよね。
どちらかが餃子の有名店に行って修行し直したとか、違う料金設定の餃子を考案したということならば別ですが。
でも両店はお互いを意識しているようで、料金設定も同じ。
ならば、同じようなものが出て来ねのは当然のような気がします。

あっ、食べ方としての違いは有りました。
大阪王将は、色々な調味料を駆使して、普段とは違った味で食べて頂こうと考えているようで、これがまたお得なんですね。
実は私、昔ながらのラーメンの味というのが苦手で、何かひとつでも出汁の味を強く感じた方が好きなんです。
ちょっとずつ何かの出汁をバランス良く…というならば、どれかひとつをハッキリと出して欲しい。
ですから申し訳無いのですが、今回のラーメンは苦手な部類になりました。

ここからは、通常の食べ方とは違ったものになりますので、読まないで頂ければ嬉しいです。
どうしてもという理由で読んでしまった方は、実行しないで下さい。
何が有っても責任取れませんのでm(__)m

誰にでも苦手な食べ物が有ります。
今回はラーメンのスープでした。
餃子も注文しまして、このお店が勧める数種類の食べ方のうち、最後の「幻の味噌だれ」で食べましたところ…
なんとこのタレ、味噌というよりは芝麻醤の味を感じるでは有りませんか。
「おっ、美味しい…」
このタレとラー油をラーメンスープに入れてみたところ、なんと、ちょっと酸味の有る担々麺に早変わり♪
苦手なスープも完食でございましたm(__)m

「卓上に調味料を置かないお店はこだわりのお店」なんてことを囁かれたりもしますけど、私は、そういう選択肢を頂けた方が嬉しいです。
だって、こだわっているのはそのお店の店主であって、我々お客側に立ってこだわっているからではないからです。
勝手にこだわった料理を出され、「それがもしも口に合わなくてもそのまま食べなさい」って言われたら、それはもう拷問ですよね。
だったら色々な調味料が置いてあって、たまたま口に合わなかった場合に、自分好みの味にして食べるという自由が有った方が良いと思うんですよ。
そういう意味で、今回大阪王将には感動致しました。
普通のラーメンを、無料で担々麺風に出来るなんてステキじゃないですか(o^_^o)

本当に、ご馳走様でしたm(__)m
関連記事

| 中華・中国料理 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大阪王将とパチンコ

大阪王将とパチンコ屋さんが同じ敷地にあるのは、パチンコ屋さんと大阪王将が同じ会社が経営しているからなんですよ~(^ω^)
なのでどちらも同じ駐車場なんです!

| パートのおばさん | 2016/06/30 15:28 | URI | >> EDIT

パートのおばさんへ

> 大阪王将とパチンコ屋さんが同じ敷地にあるのは、パチンコ屋さんと大阪王将が同じ会社が経営しているからなんですよ~(^ω^)
> なのでどちらも同じ駐車場なんです!

なるほど~、それであんなにパチンコ屋さんとの行き来がしやすい造りになって
いるんですね。
見た瞬間、「あれれ?」って思っちゃいました(^^;

コメント、有難うございました~(^^)

| たいちょ | 2016/07/02 11:00 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1214-875ca3a9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。