<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【おにぎらず】どこをどう評価したら良いのかが解らない

最近こっちより、あっちの方が更新頻度が高いじゃないかとお叱りも頂くわけですが、今年に入ってちょっと考えてみたんですけど、私のブログを長年見て頂いている、100000人に1人居ないと思われる貴重なユーザの皆様は、私が「歯に衣着せぬ評価を堂々と書くこと」を主義としているから見て頂いているのではないかと思っておりまして、「それにしてはここ最近このブログだって甘っちょろい事しか書いてないじゃないか」と思われているんじゃないかという不安も有り、「じゃあ、あっちは歯に衣を着せ過ぎる事ばかりを書き、こっちは本音ばっかりを書こうかな」という方針に勝手にしようかと思った次第です。

いつもながら長いセンテンスで、申し訳ございませんm(__)m

とにかくこちらのブログは、以前と同様に、好きなことを垂れ流して行きたいと思います。
ですから、残念ながらこのブログを読んでしまった皆様、あまり真剣に読んで真面目にリアクションをするのは勘弁して下さいませ。
ど~せ私も、それほど真剣に書いてはおりませんので(マテ

本題に行く前に、ちょっとした音楽ネタを。

私はB'zは嫌いでは無いのですが、特別好きかと言われると困ってしまいます。
売れた曲しか知りませんし、松本孝弘さんのギターも稲葉浩志さんのボーカルも凄いとは思いますけれど、ではアルバム全曲聴きたいかと言われると微妙。
なんとなく、どこかで聞き覚えの有るアレンジで…。

ここで〝SURFACE〟という音楽ユニットを出させて頂きます。
ちょっと前、お笑いの〝コロコロチキチキペッパーズ〟の卓球ネタで使われました「さぁ」というのは、SURFACEの曲です。
あれも勿論良い曲ですが、実はSURFACEの曲にはもっと良い曲がたくさん有ります。
えぇ、それほどべったりではありませんけど、ちょっとしたファンです。

コロコロチキチキペッパーズがこれからもSURFACEの曲を使ってネタを作って行くならば、ずっとファンになってもいいかなと思っております(≧∀≦*)

SURFACEのメンバーはB'zと同じくギターとボーカルの2人で、これがまたB'zの陰になってしまった原因のひとつだと思うのですが、私個人的な好みで言わせて頂ければ、SURFACEは面白い歌詞に素晴らしいギターカッティング(バッキング)で押すタイプのバンドであって、決して「あの曲に似ているんじゃないの?」なんていう噂も出なかったし、でもB'zと編成が似ているから「B'z信者なの?」みたいな位置に置かれて陰に隠れてしまったという、実に惜しいバンドだと思います。
曲はSURFACEの方がずっと好きですね、私は。
〝それじゃあバイバイ〟なんかの、ブラスセクションの奥で鳴っているギターの音は、切れがあって素晴らしい♪

B'zの松本孝弘さんがナルチョとかと組んでいた〝うるさくてゴメンねBAND〟は、もしかすると永谷喬夫さんの方が合っていたのでは?と考える人は…居ませんかね(;^_^A
チョッパーベースの神であるナルチョに、ドラムがそうる透さんですよ。
永谷喬夫さんのギターの方が、絶対にファンキーでしょ…まぁHRみたいな曲が多かったから松本さんでいいのかな。

こっちは、こんな話をダラダラとするブログにしたいと思います(笑)

さて、今回は超変化球のおにぎりについて。

〝おにぎらず〟っていう食べ物が流行っているみたいですね。
〝サンドおむすび〟なんていう商品名でも出ているらしいです。
どこから流行って来たのかというと、私がどのレシピを真似して作ってもまともに作れなかった〝うえやまとち〟さんの本が発端だそうです(誤解の無いように書きますと、彼のどのレシピを真似して作っても美味しく出来なかったのは、私の調理スキルが足りなかったからではないかと思っております)。
クッキングパパはたまに拝見しておりましたし、別冊も数冊買って持っておりました。
ま、どこから出て来たにせよ、そんなに美味しいと言うならば是非勉強の為に食べてみないといけないというのが、長年の私のスタンスです。

サンドおむすび

某コンビニで買って食べてみました。

まず、具材とお米の間が開きすぎています。
一体化しているというよりは、別々のものが遠慮しながら離れて寄り添っているという感じ。
従来のおにぎりは具材とお米、そして海苔が一体化しているから食べやすいし美味しいわけですよね。
それが全く一体化していないので、食べてもボロボロこぼれるし、一体どの部分を評価対照にしたら良いのか解りませんでした。

あ、「歯に衣着せぬブログ」だとしても、フォローは必要ですので書きます。

ネットで作っている人達の意見を拝見しますと、まず簡単だという意見が多いんですね。
これは解ります。
某巨大レシピサイトでも、「手間と時間を掛けない簡単料理」というのが一番人気ですから。
「前日から煮込んで…」なんていうのは全くダメです。
〝つくれぽ〟は来ません(笑)

フォローしようと思ったら出来なそうなので止めますね(爆)

これはもう考え方の違いというしか無いんでしょうか。
ちゃんと手間を掛けて美味しい商品を出すのならば話が解るんですが、これは米と具がアンバランスで、私には美味しく頂くことが出来ませんでした。
この写真を見て頂ければ、お解りになりますよね。
具の周辺が、スッカスカです。
よく、出来損ないのカレーパンにこういうの有りますよね(;^_^A

と、誰に嫌われようが、こういう本音のお話というのをここで出来ればと思っております。
若干のフォローも加えながら。








なんだ、結局フォローするのか(爆)
関連記事


| 思うこと | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1190-0244fa25

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>