<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【家ラー】カツカレーつけ麺

前々から「レシピの分量はアテにならない」と言っているワタクシですが、「それじゃ何故クックパッドにラーメンレシピ載せているんだ?」という疑問を自ら投げかけている理由は、他人にそれを言われたくないからです(マテ
クックパッドへのアクセスが徐々に伸びているようで、本当に有難うございますm(__)m

昔から、私のレシピは人気が無い(爆)
「これ、どうやって作るの?」って聞かれて答えると、「うわー大変なんだね」で終わってしまう事がほとんどです。
多くの材料をみじん切りにして2日寝かせるタレとか、結構手間が掛かるものが多いんですね。
クックパッドで人気が有るメニューというのは、手間が掛からない簡単料理なんですよ。

私的には、「美味しいものを手間を掛けずに簡単に作ろう」というのは、魔法か何か使えないと無理という気がするんですよね(^^;
だって、料理って、一手間加えるから、より美味しくなるんでしょう?

カツカレーつけ麺

手間を掛けることって、そんなに難しいことではなく、むしろ簡単だと思うんですよ。
特別な技術を要するのではなく、ただ手間を掛けるだけなんですからね。
それよりも、何年も修行しなければ会得出来ない技を見せろって言われる方がよっぽど難しい。
そっちの方が、私には出来ないです。

ですから私の料理のレシピは、たったの1分や2分で出来るような簡単レシピではなく、どちらかというと30分は掛かってしまう料理ばかりだと思います(手早にやれば20分程度でしょうか)。
その一手間をサボったが為に間が抜けた味になるならば、私は一手間掛けたいんですよね。
今回のカツカレーつけ麺にしても、カレーのルーだけではなく、ちょっとスパイスを自分好みにプラスすると、更に美味しくなります。
その一手間を省略したいとは思わないんですよ。

カツオ出汁をたっぷり利かせました。
これも一手間。
その和風出汁とカレーのスパイスのマッチングがモーレツに好きで、たまに食べたくなっちゃうんですよね~。
今回はカリッと揚げたトンカツをつけ汁に入れてみました。

カツカレー、最高!!(≧∇≦)/





最初、あまりにも人気が無いので、レシピの題名に「簡単」という言葉を付けてみたんです。
そうしたら、数名から〝つくれぽ〟が来ました。
つくれぽを下さった皆様、本当に有難うございますm(__)m

きっとですね、「簡単」と言いながら、簡単でないと思われていると思うんです、あのレシピ。
もっと簡単でないと、真似して作ろうという気にならないようで。
例えば「これと、これと、これを入れて、チンすれば絶品ラーメンの完成」とか。
そんなことで美味しいラーメンが出来るわけがない(笑)

考えたんですけれども。
「簡単に作りたい」という人が検索して私のレシピに当たってしまったら申し訳ないなと。
だって、手間というのは時間ですから、時間をかけたくない人が時間の掛かるレシピを読んでいるという、その時間が惜しいという人なわけですよね。
だから、手間の掛かる料理に「簡単」なんて付けてはいけないなと(私的には「手間が掛かる」なんて思っていなくて、逆に簡単に作れるレシピだと本当に思っています)。

ですから私のレシピの題名には「手間の掛かる」とか「じっくり作る」とか、そういうマイナスイメージの文字を入れようか検討中です。

どうせ私は、レシピ載せて人気者になろうとか全く思っていないし、「こういうレシピって何人くらい作りたいと思うのだろう」という興味が有るのと、他の人が同じレシピで作るとどうなるのかということに興味が有るだけですから。
例えば私がどこかのお店に入って、新人さんにレシピを教えたとします。
その時に、どこまで教えて、どの程度の完成度になるのかが解りますよね。
「もう少し突っ込んで説明しなければ同じ料理にはならないな」とか、そういうさじ加減が学習出来る。

時間が有りましたら、クックパッドのレシピの名前を全部変えようと思います。

「とても手間が掛かる味噌ラーメン」とか。
「簡単に出来ない本格油林鶏のタレ」とか。

味噌ラーメンは、味噌玉作って寝かせる所から書きましょうかね(笑)
関連記事

| 家ラー | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1160-f778dea3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>