<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】すし勢我孫子店でまったりとランチ

まったく、シルバーウィークなんて誰が考えたのだろうか。
子供が小さかったら絶対にどこか連れて行かなければならず、我が家のような貧乏家庭には迷惑な話である。

我が子が皆成人になってからで良かった(^-^;

すし勢我孫子店

じゃあ、初老の夫婦が大型連休を何もせずに過ごすのかというと、そんなことは出来やしない。
何か嫁をちょっとでも楽しませなければいけないと考えるのが、一般的な旦那だ。

すし勢我孫子店

しかしこの歳になると、出掛ける場所も限られて来る。
歩かない、列ばない、遠出しないという嫁の場合は、もっと限られる。

ということで、我が家のレジャーは「食べ歩き」になっている。

すし勢我孫子店

食べ歩きをしているのに「歩かない」というのは、デブまっしぐらということだ。
我が家もその定義に沿ってデブまっしぐらになっているのだが、今の所さほど嫁は気にしていないようである。

本当は、とっくに気にしなければいけない体系なのに(両方とも)。

すし勢我孫子店

前に書いただろうか、私は回転寿司に通うようになって〝痛風〟というものになってしまった。
今の所は「焼酎をメインに飲み物を決める」のと、「水を毎日1.5~2リットル飲む」ということで何とかやり過ごしてはいるが、何れはザイロリックだのベネシッドだのというものにお世話になるのだろう。
今まで数十年、ずっと食べ歩きを趣味として来た私が、今更それを止められるわけがない。

寿司は旨いのだ。

すし勢我孫子店

さて、こちらの「すし勢」というお店。
ずっと前から気になっていて、週末は必ずと言って良いほど行列しているから入れなかった。
今は以前より行列が少なくなった為、昨年初めて入ってみたところ、その日は新人さんの前に座ってしまったので、非常に残念な思いをした(あまりにもまごまごしていて、気の毒で見ていられなかったというのが正直なところ)。
あれから一年以上経ったので、何か変化が有ればと訪問してみたというわけ。

すし勢我孫子店

このアボカドは頂けなかった。
はっきり言うと、商品として出してはならないというレベル。

以前も感じたことだが、このお店はプラス面とマイナス面の落差が激しい。
前回は、寿司はほとんど満足したのに、スタッフが全く頂けなかった(我々の座った席だけだったと思います)。

すし勢我孫子店

今回は、カウンターで握っている板さんは良いのに、奥が良くなかった。
この他にも巻物や、奥のスタッフが作っていうお皿も頂いたわけだが、仕事がイマイチ。
アボカドの鮮度も気にしない、巻物の作り方も残念という、百円寿司と何ら変わりが無いレベルだったので、きっと奥はアルバイトなのだろう。
ネタや板さんが素晴らしいだけに、非常に勿体ない。

前回一月に頂いたしめさばは、わりとしっかり目に〆てあったが、今回は生さばっぽく、トロっとしていて美味。
蟹軍艦も盛りが良く、海老はきちんとした海老の味がしてとても良かった。
嫁はよく、大好きな海老を食べるとそのお店のレベルが解ると言う。
当たり前だが、生臭いのは以ての外で、逆に海老の匂いや味が薄いのもダメだそうで、美味しい海老はちゃんとした海老の臭味(良い意味で)が有るのだそうだ。
確かに安い回転寿司は、その魚が持っている匂いや味が薄く、若干誇張して言えば、何を食べているのか解らない。
美味しい魚は、その魚が持っている個性を感じるのが当たり前で、それが「旨味」というものの正体なんだと私も思う(強烈な個性は別として)。

今日は板さんが良いということが解ったので、それからは板さんが握る寿司だけを注文することにした。
どれもこれも美味しく、特に〝まぐろ三昧〟や海老・蟹関係が良かった。
勿論、しめさばも。

最近はそれほど列ばない為、マイナス面を考えたとしても、美味しいお寿司が食べられるお店として、また訪問したいと思います。

ご馳走様でしたm(__)m

【すし勢 我孫子店】
住所 千葉県我孫子市我孫子新田白山下9-5
電話 04-7181-8383(予約用は050-5872-9166)
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 有り







今回はいつもの口調とは違った方向で書いてみましたが、実に面倒なのでもうしません(爆)

【すし銚子丸南柏店の混雑時はカウンター席のみのご案内になります】
私のように「狭い空間で食事が出来ない」という病(?)を持っている人は、要注意です。
世の中に同じような人がいらっしゃると思うのですが、私は、隣の人との距離が近いという狭い空間で食事をしていると(ただそこに居るだけでダメなのですが)、段々と冷や汗が出て来てしまい、そこから早く違う場所に行きたくなってしまう体質です。
これは「贅沢」という意味の「広々としたところでゆっくり食べたい」のではなく、狭い場所に長く居ることが出来ないという、もしかすると何かしら病名が付いているのではないかという症状なんですね。

回転寿司はそれほど隣と接近しているわけではないのですが、私は極度の「肩オバケ」でして、普通の人が隣と触れない距離でも、私の体は触れてしまうという特殊な体なんです。
そこへきて、「狭い空間で食べることが出来ない病」ですから、ほとんどのカウンターで美味しく食事が出来ないわけですね。
例外として「特別に狭いカウンターで無ければ、知り合いならOK」なんですけど。
それか、端っこならばOKとか。

ま、私の病の話はこの辺にしてと(^-^;

あれだけ通っていて初めて言われたんですけど、すし銚子丸南柏店では、〝混雑している時には家族しかテーブルに座れない〟ということらしいんですね。
多分これ、四人で来たお客様だけテーブルに座れるという意味だと思うのですが、気持ちはもの凄く解るんです。
例えば極端な話をしますと、混雑している週末のお昼時に、たった一人でテーブルに座られたら困りますよね。
その分、家族四人のお客様に使って頂いた方が、商売的に回転が良くなります。
そこは充分理解しております、はい。

しかし今回は…

明らかにお客さんがいつもより少ないんです。
もう数え切れないほど通っていますので、このお店の混んでいる状態というのは、駐車場に入る前に、もしくは入った瞬間に解るんですね。
でもこの日は駐車場に結構な空きが有り、順番が遅くなってもいいからテーブル席をお願いしたい我が家は、だからこそ入店したわけです。
結局待ち客も少なくてすぐに呼ばれたんですが、それでも「混んでいる日はカウンターのみのご案内になります」と言われると。
でもそれは、そのスタッフの判断で「混んでいる」と感じたんだから仕方ないことなんですよね。

ここで、「狭い空間で食べることが出来ない病」の人はどうすべきかというと、「でしたら、遠慮致します(^^)」と言って帰るのがベストです(笑顔を忘れずに♪)。
それでも強引に我を通すのは人として間違っていますし、お店に多大な迷惑を掛けることになります。
そのお店に入ったら、そのお店のルールに従わなければなりません。
それが常識というものだと思います。

だからといって「狭い空間で食べることが出来ない病」の私が冷や汗を出しながら嫌々食事をし、その上お金を払うというのは非常にバカバカしい。
ならばテーブルで食べさせて頂ける他店に行ってお金を使った方が、お互いに良い関係で居られます。
よってその日は、「でしたら、遠慮致します(^^)」と言って帰りました。
スタッフは怪訝な表情をしておりましたが、そういう理由ですので、申し訳ございませんでしたm(__)m

お店の要望と、お客の希望が合わないことはよく有ります。
その場合は、選択肢から外れるというのが一般的。
当たり前な話ですけど(^^)

今まですし銚子丸南柏店を利用させて頂きましたが、「混雑時(今回のように実際混んでいなくても)カウンターのみのご案内」ということになりますと、我が家はもう選択肢に入れることが出来なくなりましたので、今後銚子丸に行く際は、別の銚子丸を選択するしか無いようです。

私と同様な体質の方がいらっしゃいましたら、〝すし銚子丸南柏店〟ではそういうことだそうですので、お気を付け下さいませ。

ホント、変な体を持って生まれて来てしまい、困っております(×_×;)

ちなみに〝すし勢〟では、〝すし銚子丸南柏店〟と同じ程度の客入りでしたが、一席置いて案内されましたので、カウンター席で無問題でした。
いや、ここのカウンターは圧迫感を感じずに食べられるんですよね。
すし勢さんのカウンター、ちょっと広く出来ているんでしょうか?
居心地良く、ゆったりと食事が出来ました(^_^)v
関連記事

| 寿司・回転寿司 | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1155-faa89e14

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。