<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【海鮮丼】すし酒場海ぼうずで三色丼と大漁丼とおまけ

あちらにも載せたけれど、こちらだけの皆さんにもこのお店の情報を。

すし酒場海ぼうず

ランチが凄くお得らしい。

すし酒場海ぼうず
大漁丼 1000円(税込)

アップで。

すし酒場海ぼうず

もう、見たからにお得なのが解りますよね。
あと気になるのはお味でしょうか。

すし酒場海ぼうず
本日の三色丼(ワラサ・カツオ・イワシ) 700円(税込)

私はこちらをチョイス。
アップも載せます。

すし酒場海ぼうず

写真ってやっぱりいいですよね。
こうやって載せただけでどういう丼か解りますもの。

先程言いました「お味」なんですが、シャリは我が家の好みにドンピシャでした。
我が家は冷たすぎるシャリは好きでなく、こういう温もりを感じるシャリが好きなんですね。
食べ歩きが好きな人の中にも、シャリが温かいと変だとか、生ものに温かいシャリを合わせるのはおかしいなんて言う人が結構多く居ますが、私はその辺りの理屈はどうか解りませんけど、食べた時に美味しいのは、圧倒的に温もりの有るシャリだと思っているんです。
ホント、化学的にどうかということではなく、食べてどう感じるかという話になっていて、証明は出来ないんですね。
ただ、「その方が美味しい」とだけ思っています。
っていうか、美味しいお寿司屋さんに行って、冷たいシャリが出て来たっていう経験が無いんですけど(^^;

もうひとつシャリについて話をしますと、私はシャリが軟らかい方が好きなんです。
よく、シャリは東の方が硬く、西の方が軟らかいと言われているようですが、そうであれば私は西のシャリの方が好みということになりますね。
シャリは適度に温もりが有り、硬く炊いたご飯で作ったシャリよりも、若干軟らかいシャリの方が、ネタ(タネ)と一緒に口に入れた時に「エロ美味しい♪」ということになるというお話です。

これは本当に私個人の好みですから、食通の方に言わせると、とんでもない話なのかも知れません。
なので、皆さんは真似して他で話さない方が良いと思いますよ(;^_^A

とにかくこのお店のシャリは、好みにドンピシャでした(≧∇≦)b

すし酒場海ぼうず
プラスうどん 150円(税込)

なんて事を考えていたら、欲張って注文したうどんが到着しました。
ここのシャリの量は結構有りまして、もうお腹一杯。
でもうどんも来ちゃった。
食べなきゃ(^-^;

うどんのツルツル感はちょっと残念だったけど、何だかあっさりしていて食べやすく、気が付いたら完食。
ということは、美味しかったのかな??
とにかく完食。
またまた、お腹一杯以上食べてしまいました。

このお店、安いわぁ~~ヾ(≧▽≦)ノ

また来ます!

ご馳走様でしたm(__)m

【すし酒場海ぼうず】
住所 千葉県柏市旭町1-4-11インシュランスビル1階
電話 04-7147-7155
時間 11時30分~14時30分・16時~23時30分
定休日 無休
駐車場 なし

※席を譲って頂いた優しいお兄さんの話は、あちらに書きましたので割愛させて頂きました。でもホント、有難うございました。このお店に来るお客さんは皆良い人なのかも知れませんね~(^^)







シャリの温度のお話は、ホント、好みだと思って下さいませ。
多分私が「温もりが有るシャリが好き」という理由は、東葛地域に初めて出来た回転寿司「三味寿司」のシャリが、何時に行っても同じく温もりが有るシャリだったのと、その後初めてカウンターに座った(私が26歳の頃)お店「菊鮨(六実)」のシャリも同じく、実に美味しかったからだと思います。
それからというもの、鮨のシャリは「若干温かいもの」だと思っていて、そうでないお店には再訪しません。

この話、食通の方から言わせると「バカじゃないの?」と言われるようなお話かも知れませんので、絶対に外で言わない方が良いと思いますよ~(;^_^A
関連記事

| 寿司・回転寿司 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1152-06b0ad24

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。