<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】無添くら寿司新柏店でシャリカレー

テレビでまで宣伝している、無添くら寿司のシャリカレー。
それはそれは、こだわって作っているらしい。
百円寿司卒業を公表した私ですが、一度は食べて勉強する必要が有りそうです。

無添くら寿司新柏店

入口からして既に「シャリカレーに力(リキ)入っています!」という感じ。
この日は空いていたので、テーブル席に案内されました。
いやはや、贅沢させて頂いてすみません(^-^;

無添くら寿司新柏店

いざ、実食!!(`・ω・´)

【初シャリカレー】
ご飯は寿司用のシャリです。
でも、全体的なバランスが取れているせいか、全く気になりません。
酢が際立っているわけではないし、塩が飛び出ているわけでもない。
このお店のしめさばを食べた時のような、もっと酸っぱいバランスを予想していました。

無添くら寿司新柏店

カレーには、何も入っていません。
あ、これは、例えば野菜がゴロゴロ杯っているとか、お肉が入っているとか、そういうものが「入っていない」という意味です。
本当は入っていて、煮込むうちに細かくなっているのかも知れません。
でも、そういう細かなニュアンスを感じることは出来ませんでした。
というのも…

無添くら寿司新柏店

このカレー、結構辛いんですよ(^-^;
「最初に甘さが来てからの辛さ」というものではなく、最初っから「ピリッ」とします。
で、その辛さが持続する。
多分この辛さがもう少し穏やかだったら、酢飯が際立っているのかも知れません。
全てがこの辛さでバランスを取っていると言いますか、酢飯の個性を隠していると言いますか。
とにかく辛いカレーが苦手な私には、この「ピリッ」とする辛さだけが口に残ったという印象です(シャリと具無しカレーだけなので、この程度しか書きようがなかったり…)。
好きな部分を言いますと、このスパイシー感と、具が入っていないというところでしょうか(私は具がゴロゴロ杯っているカレーが苦手)。

無添くら寿司新柏店

【シャリカレーのターゲットはどこなのか】
くら寿司は、百円寿司の中でも子供に重点を置いた営業戦略ですよね。
「ビッくらポン!」にしてもそうですし、「全てサビ抜きで卓上にワサビ入れが置いてある」のはくら寿司だけです。
そのくら寿司が、この「ピリッ」と辛いカレーを出した理由は何でしょうか。
ホントこれ、普通の子供は食べられないような辛さという気が… (;^_^A

無添くら寿司新柏店

某話題を集めて褒めまくる情報ページに、「子供には寿司を食べさせていればいい」って書いて有りましたけど、もしもこれを大人向けに発表したとすればちょっと物足りないような気もしますし、どの辺りがターゲットなのかがちょっと解らない感じですかね。
味は、普通に美味しいと思います。
とにかくこれは、「寿司屋でカレーを出したい→寿司屋といえば酢飯でしょう→じゃあ、カレーの味をどう作ろうか」という順序で考えられたカレーで、「酢飯の個性をカレーでどう隠すか」ということに力を注いだ新商品であるという認識でございますm(__)m

無添くら寿司新柏店

回転寿司にカレーが出て来ると、「このシャリカレーに合わせる寿司ネタは何?」という楽しみも出て来るわけで、そういう人達にも楽しめる新しい寿司ネタを発表して初めて完結する商品じゃなかったかと思います。
まぁ今回はそこまで出なかったようですので、お客側で考えると楽しいかも知れませんね。

【シャリカレー、私ならばこうする】
「CoCo壱かよっ!」と突っ込みが入りそうですが(笑)
トッピングに揚げ物は外せませんよね。
〝ちびころチキン〟、〝オニオンリング〟、コーン好きな人は〝とうもろこしのかき揚げ〟。
握りを合わせるならば、〝あぶり豚カルビてりマヨ〟、〝あぶりチーズ豚カルビ〟という炙り豚系は合います。
定番握りですと〝ハンバーグ〟、〝旨だれ牛カルビ〟、〝とんかつ〟というオコチャマ握り系とも相性が良いです(とんかつがシットリしているのがとても残念なんですよねぇ)。

有ったら嬉しいものとして。
先程書きました、カレーに合わせる商品として、一品物で例えばほうれん草とか、エビフライとか、フィッシュフライとか、揚げ茄子とか。
チーズとか、温泉卵とかをトッピングすると辛さが抑えられていいかも。
それと、変化球として「バニラボール」なんてどうでしょう。
わりと小さなバニラアイスをトッピングすることにより、辛さも緩和されますし、猫舌対策にもなります。
「バニラボールダブル」なんていう子供さんも出て来るかも知れませんね(笑)

無添くら寿司新柏店
※一応書きますけど、写真はイメージです(笑)

私ならば、いっそのこと「カレー皿」を出しちゃいます。
それを、好きな握りや軍艦にかけて食べる。
巻物なんか、絶対に合うと思いますねぇ。
たまごサラダ巻や納豆巻にカレーをちょっと付けて食べるとか、うどんやラーメンに「ちょいがけ」して食べるとか、全部かけて「冷やし讃岐風カレー釜玉うどん」とかにしても美味しいです。
カレーを単品で出すと、食べ方が無限に広がって楽しいと思います。

何に合わせてもOKだと思いますよ。
だって、シャリに勝つほどインパクトの有るカレーですから(≧∇≦)b

【無添くら寿司 新柏店】
住所 千葉県柏市名戸ヶ谷888-1 PAZ新柏2階
電話 04-7165-0610
時間 11時~23時(土日祝は10時20分~)
定休日 年中無休
駐車場 有り(PAZ新柏の駐車場を使用)

この企画、ふたつに分けるべきだったと私は思いました。

あ、もうひとつ気付いた事を。

無添くら寿司新柏店

前述のように、この日はひとりでテーブルに座ったんですが、そういう場合はお皿が自分の方向に流れて来るように(見やすい方向に)座りますから、この写真の方向を向いて座ったんですね。
そして↓を書いた所が、丁度テーブルの真ん中です。
でも上の特急レーンで届いたお皿は、写真の位置。
自分の座り位置よりも、はるか遠くの位置に毎回到着します。
凄く体を伸ばしてお皿を取るか、少し立ち上がって取るか。
結構大変です。

これ、何とかならないでしょうか(;^_^A





くら寿司がシャリカレーを出したということで、他の企業も乗っかって来るようで。
私はさほど良い影響は出ないという予想です。
それによって売上げが上がっても、それは一時的なものにしかならないと。

ネットの普及による影響で、良い部分と悪い部分が有るということは誰もが承知の助ですよね(笑)
情報がゲットしやすくなったということは良いのですが、読み手に「その情報が信用出来るものかどうかを見極める能力」が必要となります。

〝有名グルメサイトを作る方法〟として以前書きました「美味しいを連発すれば良い」というお話。
実際に、情報サイトではそういう記事が多くみられます。
「○○○のカレーが激旨!」とか「○○○のカレーが美味しくてカレーだけ食べに行きたいレベル!」とか、とにかくエントリーの題名からして激褒め状態。
少なくとも我が家は、そういう商品を食べて美味しかったという経験が有りません。
こういう記事というのは、記事を書く側も楽しんで書き、見る側も楽しんで読むという、結果はどうであれその新商品を真ん中に置いて、皆でワイワイ楽しめれば良いという感覚なわけです。
それはそれでひとつの楽しみ方ですし、「美味しい」と書くことは自由で、本当に美味しいかは別として、読み手に不快感を与えないという意味では、とても良いと思っています。

そういう楽しみ方は良いとして、その手の記事を仕事として情報収集してしまう(鵜呑みにしてしまい、それをその商品の正しい評価として受け取ってしまう)のはどうかと思うわけですね。
企業の企画部か何かの担当がネットで評価を見て、それを集めて「これだけ美味しいと評価されているのだから我が社でも新商品として出そう」とするのは、ちょっと違うのではないかと。

面白いお話が有りましてね。
詳細は書けないのですが。
某企業で新商品の企画をしている人の中に、実際に居たんですよ。
私はこういうことに関して嘘はつけない性格なもので、「正直、それほど良い企画にはならないと思います」と言いましたm(__)m

ネットには、こういう「煽られただけの商品」というものがワンサカ有ります。
他社の真似をするのは当たり前のことになっているようですけど、実際に何度も足を運んでみずに、ネットの評判だけで判断しようとすると、ろくなことにならないと思う今日この頃でございますm(__)m

そんな簡単に、良い情報が転がっているはずがないですもんねぇ(^-^;
関連記事

| 寿司・回転寿司 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1151-9adf773b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。