<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【中国料理】陳建一さんの愛弟子のお店薫風飯店がいい!

美味しかったので、こちらにもご紹介。
料理の鉄人、陳建一さんの愛弟子のお店です。
予備知識も無く、たまたま入ったお店が美味しいと、何倍も得した気分になるものですね(^^)

中国料理薫風飯店

駐車場はお店の周りに有ります。
自宅の1階という感じでしょうか。
テーブル・座敷・カウンター席が有り、1人からファミリー、団体と、どんなほとんどのお客様に対応出来るレイアウトです。

中国料理薫風飯店
担々麺(ゴマ味噌入り辛味そば)

陳建一さんのお弟子さんだとは、帰宅するまで知りませんでした。
ただ、嫁の好きな担々麺が有り、私の好きな酸辣湯麺が有ったので、注文したというわけです。

中国料理薫風飯店
酸辣湯麺(酸コショウ入り辛味そば)

モーレツに好きなんですよ、酸辣湯麺が。
唐辛子の辛さに対してはヨワヨワというオコチャマ舌なんですけど、胡椒はかなりの量まで大丈夫という変な舌。
これは多分、私の父がボブ・マーリーではなく、ジミー・ペイジだったということが関係しているんだと思います。
えぇ、特別な意味は有りませんm(__)m

おそらく、千葉県内で一番胡椒を食べているのは私かと…
と言ったら大袈裟になるほど、私は胡椒好きなんです(じゃあ大したことないわね)。

ですから、「酸辣湯麺」といっておきながら胡椒の使用量が適正でないと、もう「プンプンッ」ってしますね(これも大したことない)。

こちらの酸辣湯麺はどうだったか。
それがですね、完璧と言っても良い位に、素晴らしいバランス。
酸っぱさといい、胡椒の加減といい、この上ないハーモニーでございます(≧∇≦)/

そこに合わせた麺がまた素晴らしい。
細いながらもコシが有り、とろみの付いたスープが丁度良く乗っかって来まして、ここもまた抜群のバランスです。
具材の切り方が丁寧過ぎるほど丁寧。
そして各食材の食感に工夫がされていまして、食べていてとても面白いんです。

これは素晴らしい酸辣湯麺です♪(o^_^o)

一度は通り過ぎたこのお店。
「やっぱりあのお店に入ろう」と、戻って来て良かった~(≧∀≦*)

また別の料理を頂きに行きます!

ご馳走様でしたm(__)m

【中国料理薫風飯店(くんぷうはんてん)】
住所 茨城県守谷市久保ケ丘4-17-1
電話 0297-46-3507
時間 11時30分~14時・17時30分~21時30分
定休日 月曜日
駐車場 有り

≫中国料理薫風飯店ホームページ

関連記事


| 中華・中国料理 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1135-f1db979f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>