<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【回転寿司】北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店でふくらぎ

現在、百円寿司のトップは〝北陸富山回転寿司かいおう〟で決まりです(我が家の場合)。
スシローが一位の時代から、私は「くら寿司が一番!」と言い続けて来た人間ですが、どうも最近くら寿司の酢飯の香りが鼻について来てしまい、あれほど食べていたシメサバが食べられなくなってしまいました。
それと、食後の喉の渇きがどうも気になりまして、歳も歳ですから、体のことを考える方向に向かおうじゃないかと。
「がっつり食べるぜっ!」という以前の私には考えられない決断でございます(笑)

ここ数年、くら寿司がトップでした。
しかしそういう理由で、ちょっと前から北陸富山回転寿司かいおうがトップです。
どのネタを比べてもかいおうは負けておりませんし、食後の喉の渇きも有りません。
〝魚べい〟も良いんだけど、千葉にはフレスポ稲毛店しか無いから頻繁に行けないんですよね。
と言いつつ、何度も通っていますが(^-^;

以前書きましたように、我が家は百円寿司巡りを止めましたが、もしも行くとすればこの3店です。
・北陸富山回転寿司かいおう
・魚べい
・魚卸回転寿司ダイマル水産(しかしここはお店によって当たり外れが大きい為、上記2店とは差があります)
これは、我が家が長年回転寿司を食べ歩いて出した結論です。

今回はそのうちの、北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店へ。

北陸富山回転寿司かいおう

この日も出が(出発が)遅くなり、我々が着いたのが2時近かった為、あまりお客さんが居ませんでした…と思ったら、店内は満席でした(゜o゜)
人気有りますねぇ~♪

北陸富山回転寿司かいおう

貝ひもと言うと〝もりいち〟を思い出します。
もりいちの酢飯がまた美味しいんだよなぁ。
でも最近行く機会が極端に減りましたねぇ。
うちの嫁も含めて体重増加傾向にあり、もりいちのお店の狭さが苦になって来たからです(爆)
ま、ヤセりゃ~いいっていう話なんだけど、もうちょっとお店を何とかして頂けると嬉しいですねぇ(;^_^A

北陸富山回転寿司かいおう

以前は、百円皿だけのお店と、百円~だけど高価な皿も有るお店を分けて考えていました。
価格に考慮しての感想というのが私の基本だからです(費用対効果)。
でも今は一緒にしています。
その一番の理由は、面倒だからです(笑)
というか、「もう百円で美味しい寿司を出すという時代は過ぎた」というのが持論なので、百円でイマイチな商品を考えるならば、ちょっと高い美味しい皿も加えてお客さんに選択させるという方法は「有って然るべき」だと思うし、もっと言えば「無くてはならない」と思っています。

北陸富山回転寿司かいおう

こっ、このトロタクは…
もうちょっと切り方勉強しましょうかねぇ(^-^;

高い皿も置いて選択させるのは良いとして、私は最近のくら寿司の天丼・豚丼・鰻丼等のメニューには全く興味が有りません。
イベリコ豚丼なんかも食べましたけどね。
でもあれに432円出そうとは思えないなぁ(^^;
専門は寿司なんですよね?
丼飯屋じゃないし、まして鰻屋でもない。
ならばその専門である寿司の部分に力を注いで行かないと、あれだけくら寿司を応援していた私が現在飽きているんですから、たまに行くお客さんだってそのうちに同じ感想を持つと思うんですよね。

北陸富山回転寿司かいおう

まぁ私はコンサルタントでも何でも無く、ただの「客」ですからそんなことはどうでもいいって言われればそういうことになるんですけどね。
どのお店だって、味が落ちたら行かなきゃ良いわけで。
ただ、あれだけ応援していたお店なので、ちょっとだけ書きました。
挽回の可能性は充分に有ると思っていますp(^^)q

北陸富山回転寿司かいおう

タコの唐揚は大好きですが、これはちょっと失敗したかも(^^ゞ
でも、この値段ですからセーフということで♪

北陸富山回転寿司かいおう

さて、タイトルにも有ります〝ふくらぎ〟です。
ふくらぎというのは出世魚のブリのことで、北陸では「ツバス、ツバイソ→ツバス→コズクラ→ハマチ→フクラギ→ガンド、ガンドブリ→ブリ」と名前が変わって行くそうです(Wikipediaより)。
なるほど、富山での呼び名ということなんですか。
同じ〝ふくらぎ〟でも三陸は30センチ未満で、北陸では60センチ未満と、全長が倍も違うのは面白いですね。
しかしこのふくらぎ、他店のブリとは違ってクセが無く美味しい♪
いつも2皿は頂きます(^^)

北陸富山回転寿司かいおう

他店ではほとんど頂かないマグロ(中トロ一貫)を。
ちょっとスジっぽいかも?と思ったら、全くそんなことは有りませんでした。
ネタもボリューミーで美味しい♪(o^_^o)

野田店があっという間に閉店してしまった時はドキッとしましたが、ここ千葉八千代店は元気に営業していました。
千葉県内は千葉作草部店と2店舗しか有りませんし、我が家からは千葉八千代店の方が近いので、頑張って頂きたいですっ!!(≧∇≦)/

ご馳走様でしたm(__)m

【北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店】
住所 千葉県八千代市大和田新田41
電話 047-458-8611
時間 11時~22時30分
定休日 無休
駐車場 有り

≫北陸富山回転寿司かいおうホームページ







ここの書いているランキングは我が家だけのもので、どこかに記載されているものを引っ張って来たわけではございません。

元々私は、そういったランキングは全く信用していませんし、参考にもしません。
何故ならば、これはもう書かなくてもお解りの通り「人それぞれ好みが有る」という理由と、「我が家と同じくらい回転寿司を食べ歩いている人がそんなに居るとは思えない」からです。
人は、その食べ歩きをした回数によって(も)評価は変わります。
1年に4回程度しか回転寿司を食べない人と、我が家のように何十回と通っている人とでは評価が全く違って来ますし、第一年間4回しか食べていない人に、他店との比較評価が出来るはずが有りません。

ラーメンでも同様で、「あのお店美味しいよ、今度行ってみなよ」という意見が何%程度信頼出来るかと考えた場合、これは私の場合ですが、その人の好み・何系のラーメンが好きか、いつもどういう時にラーメンを食べるのか、昼食で食べるのか、それとも飲んだ後によく食べるのか、チャーシューはバラと肩ロースだとするとどちらが好みなのか、麺は細いのが好きなのか太麺が好きなのか、多加水か低加水どちらが好きか、そして重要なのは、その人がラーメンを年間でも月単位でも良いけれど、どれだけ食べているのか、その範囲はどうなのか、少ないお店に何回も通っているのか、それとも広範囲に食べ歩いているのか、そういう部分を聞き出さない限りは「解らない」と思うのです(長いセンテンスですみません)。

美味しいかそうでないかを決定する時に、皆さん色々な方法が有るとは思いますが、私の場合はまず基準となるお店を1店決めて、そこよりも美味しいかどうかを比較して点数を出しています。
点数はおおよそ、このように分けています。
0~30点、31点~69点、70点~100点。
これを点数の高い方から、「美味しい・普通・それ以外」に分けて考えます。
「普通」の範囲が38点で一番多いのは、「普通のお店」が一番多いからで、「このお店はどっちに入るんだろうか…」と悩まないようにする為です。
どうせ迷ったお店はまた行くので、毎回時間を掛けて悩みたくないんです(笑)

なので。
その点数を決定する能力を鍛える為、と書くと大袈裟ですね、「食べ歩きをして学習をする為」と言いましょうか、多方面に、回数も出来るだけ多く行った方が、正確な情報になると思っているんですね。
実際に食べ歩いていて、新しいことに気付かされることが有ります。
「あっ、この味は…そうなると、先日行ったお店のあの味はこういう説明が付くんだなぁ」とか。
ですから私は以前から「一期一会」という言葉を間違った方法で振り翳し、客側の権利ばかりを強調するグルメ気取り達の言い分が理解出来ないのです。
と同時に、「一期一会」という言葉自体も好きで無くなりました。

話を戻します。
とにかく「比較」というのは、それをする為の条件というのがとても難しいわけで、その条件をなるべく揃える、結果の誤差を出来る限り少なくする、そういう理由で、何かのデータを取る際には例えば1000回取って平均値を出すわけですね。
たった1回でその本質が解るなんていうのは、嘘っぱちでしか無いと思うんです(一期一会という言葉は素晴らしいと思っていますが、使っている人の中に「?」という人が居るのも現実。「そういう意識で何事も行いなさい」という意味は好きです)。
ですから、そのお店の評価を出すならば、何度も何度も通ってようやく出て来るものだと、私はそう思っています。

ランキングを信用しない理由は、そこに有ります。
「その食べ物を年間どの程度食べて、今まで何店舗に足を運んでいるのか」
その人達の味覚がどうかという細かい話は別としても、最低でもそこは抑えておかないといけない部分だと思うんです。
要するに、どういう人達が参加したランキングなのかが全く解らない。
ほとんどのランキングがそうなっていますよね。
「そんなことを言ったら、参加出来る人が居なくなっちゃうでしょ」
はい、そうなります。
ですから元々、そういうランキングは必要無いんですよ。
だって、今までたった1店しか行ったことの無い人に調査した場合、その人はその1店を書くしか無いんですよね。
それ、何の比較もしていないし、評価の価値無いもの(^^;
回転寿司だとすると、百円寿司のお店とそうでない高いお店を同じ土俵に上らせるなんていうのも、お話になりません。

結局、自分で足を運んで、お金を使って、食べて判断するのが一番良いということでございますm(__)m

食べログの評価を参考にしてお店を選ぶなんていうのも同じことだと思いますが、これがまた結構な人数いらっしゃるようで。
それで外れた時に、何も思わなければ良いですけどね。
勝手に信用して「何だよ!美味しくないじゃないかっ!!」とか、逆ギレなんて有りそう(笑)
大切な人と食事をする時に、食べログなんかで検索することがまず間違っていますよね。
大切だと思うならば、他人任せに出来るはずがない。
自分で探したいというのが普通ですもの。

他人の情報なんて、これっぽっちもアテになりません。
ですから、私の情報も信じないで下さいね(笑)
関連記事

| 寿司・回転寿司 | 13:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サイト掲載の件

たいちょさん。はじめまして。

突然のご連絡失礼致します。
わたくし、HUNTERS株式会社の光安と申します。

美味しそうなグルメ写真がたくさんあったのでご連絡しました^^

この度、グルメブロガーさんをご紹介するグルメ情報サイト「umashi」を今月公開することとなりました。

FC2ブログさんのグルメブログの中でもひときわ記事の内容などが気になるブログさんで、宜しければぜひ当サイトに掲載させて頂けないかと思いご連絡させて頂きました。

まだテスト段階ですが、
http://umashi.jp/
こちらのサイトになります。


掲載しても大丈夫でしたら、大変お手数ですが。
ご返信にて掲載了承の旨だけ頂けますと嬉しいです。

これからも美味しいグルメ情報のご提供を楽しみに拝見します。
ご検討宜しくお願い致します。

| umashi2015 | 2015/06/01 21:53 | URI | >> EDIT

Re: サイト掲載の件

umashi2015様へ

> FC2ブログさんのグルメブログの中でもひときわ記事の内容などが気になるブログさんで、宜しければぜひ当サイトに掲載させて頂けないかと思いご連絡させて頂きました。

ご連絡、有難うございます。
綺麗なページですね~(^^)
私のブログ・ホームページは(悪意が無ければ)リンクフリーなので、リンクして頂くのは無問題です。
しかし今回は「掲載」ということで、どのように掲載されるのか詳細を教えて頂けると助かります。

誠にお手数ですが、下記のページよりご連絡を頂いて宜しいでしょうか。
http://b-shoku.com/b_blog/mail

宜しくお願い致しますm(__)m

| たいちょ | 2015/06/03 09:32 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1123-2a7a3597

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>