<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【我が家の食卓】ソーセージの串焼きは簡単で美味しい

ソーセージが余る。
こういうことは我が家の場合、ほとんど有りません。
我が家にはソーセージ大魔神が居るからです。
大魔神が2日ほど泊まりに来た時には、「こりゃ~いくら何でも食べ切れんでしょ」という量のソーセージを買っておいたとしても、全て無くなります。

あ、市販のソーセージはどうやって食べますか?
茹でる派?
それとも、フライパンで調理派?
まぁそれ以外にもたくさん食べ方は有りますけれど、大魔神は生で食べます(笑)
普段、例えば我が家に居る時にそうやって食べるのではなく、一人の時にそうやって食べるそうなんですね。

仕事で疲れて帰って来て、男の一人暮らしですから何を作って食べようという気にもなりません。
でも毎日コンビニからお弁当やお総菜を買って来るのも飽きるし、何か別のものは無いかと探したところ、ソーセージが有ったと。
「でもこれ、そのまま食べられるのだろうか…」
そう考えて初日は見過ごしたわけですが、日に日に「食べられるんじゃないか」と思えるようになって来て、最終的には「絶対に食べられる」という、何の根拠も無い自信に満ちあふれた人になったそうなんですよ、うちのお兄は(爆)

で、食べたと。

それから何度も食べているんだけど、一度も体調が悪くなったことが無いので、お兄の中では「ソーセージは生でOK」という食べ物になったらしいです。
でも、絶対に真似しないで下さいね。
油分が冷えたままで食べたら、体に良いわけが有りませんので(私の見解)。


そんなお兄の一番好きな食べ方は、生ではなく「ボイル」だそうです。
私はフライパンで熱し、皮が弾けたくらいの感じが好きかな。
でもたまには違ったヴィジュアルで楽しみたくなりますよね。

ソーセージの串焼き

何てことありませんね。
ソーセージを串に刺して網焼きしただけです。
好みの調味料で食べるわけですが、カラシとか、柚子胡椒とか、塩コショウとかが多いのかな。
マヨネーズは勿論のこと、カラシマヨなんか付けたらもう他のおかずは要りません(有れば欲しいけど)。

同じ食材でも、一手間かけるだけで新鮮に感じるのは不思議ですよねぇ(o^_^o)





今回は急性胃腸炎のようですね。

5/3の午後嘔吐と下痢。夜は何も食べず。
5/4は無理して幕張のフリマに出掛ける。夜は過ぎない程度に食事。下痢は続く。
5/5、朝から調子が悪く、昼食・夕食共にあまり食べず。水様便ピーク。
5/6、昼からちょっとずつ食べるも、嘔吐しそうで食べられず。水様便続き、38度の熱。
5/7、インフルエンザを疑うが、何かが違う気がして、とにかく何も食べずに水分だけ摂って1日寝る。
5/8、朝・昼とうどんを少々。まだ上がって来る感じ。水様便は止まったが、逆に何も出なくなり腹部膨満感が強くなる。夜はバナナ半分。
5/9、仕事の約束が有り、これから船橋へ。

こうやって書きながら考えても、急性胃腸炎のように感じます。
たまにやるんですよ、私。
まぁこれだけ食べ歩いていればなりますわね。
元々体が頑丈なほうでは有りませんし。
最近寝不足で抵抗力落ちていそうだったし。
「これが原因」ということではなく、積もり積もった結果だと思います。

そろそろ食べ歩きも控えないといけない歳になってしまったのかなぁ。
月に2回とか、決めなければいけないかしらん?(^-^;

とにかく今回は症状が重く、長引いているので、いつもより余計に気を付けないといけません。
勿論禁酒でございますよぉ~♪
いくら酒好きな私でも、ご飯食べる元気も無いのにお酒は無理ですm(__)m

早く治って油っこいもの食べたいなぁ…
関連記事

| 我が家の食卓 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1117-8da0d29e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>