<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【音楽】イアン・ペイスのYou Fool No Oneのシンバルの止め方

そういえば今聴いている「Kill The King」、スタジオ版なのに結構走っていますね。
最後の方(3分40秒過ぎ辺り)はハッキリと走っています。
ま、私は走った演奏の方が好きだったりしますが…もたるより(^^;

前回の「BURNのイアン・ペイスのドラミングが好き」で書きました、「ユー・フール・ノー・ワンのフレーズで、ずっとハイハットだと思っていたのが、動画を見てそれがシンバルを止めている音だと解った時、大笑いしました」というお話。

カタカナで書きますと「コンココココッ、コンココココッ」(この赤字「ン」の所はスネアを叩いているのでお休み)とカウベルを叩いていながら、バスドラとスネアは「ドンドドタドンド ドンドドタドンド」となっていて(常にじゃない)、そこにプラスして4小節に1度「ドンドトタドンドドンドドタツー」という「ツー」というシンバル系の音が入るのですが、この「ツー」をハイハットと思っている方が多くて、実はこの「ツー」はトップシンバルを叩いてミュートしていて、それも手の指でミュートしているのではなく前腕(手首というか手のひらの腹の部分と言えば解りやすいかな)でミュートしています。
これを発見した時は、開いた口がふさがりませんでした(^^;

この曲のカウベルについては、たまに「ココココツココッ(強弱付)」とか「コッココンコココ」と聞こえる時も有り、イアン・ペイスはカウベルの中にスティックを入れて叩いているという説も有りましたね。
しかしそう叩くとすると、4小節に1度出て来る問題の「シンバル前腕ミュート」のシンバルを叩くタイミングがズレそうな気がします。
だって、スティックをカウベルから抜く手間が掛かるでしょう?(実際にMade In Europeではそのシンバルだけ若干溜めたような叩き方になっていて、それがまた良いアクセントになっていますね)
っていうか、プロはそんな手間が掛からないのかな(笑)
いや…
もしかして「コンココココココ」って叩こうと思った時だけスティックをカウベルに入れている?!
いやいや、考えれば考えるほどビックリする回数が増えそうなので、この辺で止めておきましょうかね(^^ゞ

イアン・ペイスのYou Fool No Oneのシンバルの止め方

本当はこの画像より解りやすい動画を持っていたんですが、VHSビデオを全部処分してしまったのでご紹介出来ません。
とにかくイアン・ペイスはユー・フール・ノー・ワンの曲において、ドンドドタドンドドンドドタドンド+カウベルを叩きながらシンバルを4小節毎に前腕で止めていたわけで、このドラムパターンを聴いて、当時のハードロックバンドの中でイアン・ペイスのようなドラミングをする人が他に居たとは(私の狭い知識の中では)思えないわけです。
少なくとも、日本には一人たりとも居なかった。
Deep Purpleは確かにハードロックバンドでした。
しかし、このトリッキーなイアン・ペイスのドラミングが無ければ、Deep Purpleのサウンドは無かったと思うわけです。

本心を言えば私は、Deep Purpleは好きだったけれど、リッチーのギターはイマイチでした。
Yngwie Malmsteenのように、リッチー命というファンでは有りません(まぁ私の場合は「ギターをやっていた」というよりは「ギターを触っていた」程度ですが)。
で、私はギターを触っていたにも拘わらず、ドラマーによってそのバンドの好き嫌いが決まっていたように思います(いつも聴いているのはドラムの音)。
そしてもっと言うと、リズム体(ベース&ドラム)は動きが有るものが好きでした。
もしもトリオバンドだったとすると、ギタリストは弾きながら歌を歌い、バックのリズム体が小刻みに動いてノリを作っていく。
そんなバンドが好きだったんだと思います。

ですから私は、Deep Purpleで一番好きなのは第二期ですが、フレーズというかスタイルというか、ロジャー・グローヴァーのベースよりも第三期のグレン・ヒューズの方が好きでした。
音質にしても、ロジャー・グローヴァーのモコモコした音質よりも、グレン・ヒューズのパキパキの方が好きだったし、同じリッケンバッカーを使うならば、ブリブリした音のクリス・スクワイアのような音が好き(日本公演の時、モーレツに良い音出していましたよね)。
勿論RushのGeddy Leeも大好きです。
どちらかというテクニシャン系の人がよく使っていて、リッケンバッカーは硬い音質ですよね。
そういう意味では、何故Paul Mccartneyがモコモコした音で使っていたのか全く理解出来ませんが(ファンの方、すみませんm(__)m)
話を戻して、ロジャーはリッケンバッカーというよりはジャズベースという印象でしょうか。
音の出し方においても、どうもリッケンバッカーを使ったことによるプラス面が見付かりません(でも、ロジャーのベースラインは大人っぽくて好きです)。

とにかくイアン・ペイスは、You Fool No Oneでこの忙しない基本フレーズをずっと叩きつつ一拍ずつ体を上下に動かしながら叩いているわけで、もうそれだけで私は感激してしまうわけです。
何故かというと、普通はイアン・ペイスのようなフレーズを叩く場合に、上半身は動かさないですよね。
ましてイアン・ペイスのようなトリッキーなドラミングをする人は、動かさないというより「動かせない」というのが正しいと思うんですよ。
国内でも、無駄に体を動かしながら叩くドラマーはたいしたフレーズを叩いていませんし。
実際You Fool No Oneを叩きながらあの動きが出来るかというと無理ですから。

そして、Lay Down Stay Downですよねぇ(笑)
もう解説要りませんね。
Deep Purpleのお話はまた今度♪

忙しないドラマーと言えば…



これは笑いました(^-^;
関連記事


| 音楽 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

躍動感と言うべきなのか…

YouFoolNoOne、叩けませんねえアレは。右手か右足、若しくは
両方つりますよ(右利きの場合)。タマにスタジオなんかで
試してみても、すぐ乱れますし。もちろん、ツーのところは
シンバルなんかでやったりしません…。

この人って突っ込み気味の上に、割とハネたビートっていう
のも感じますね。特に一期の若かりし頃とか。ストレートな
ビートに無理やり音符を押し込むようなフィルがカッコいい。

ところで、動画の人、笑わせていただきました。完全に
フロントマン食ってますよね。しかし、これやりながら全く
リズムが狂わないのもスゴイですわー。ある意味むっちゃ
ウマイのかも知れません…。

| ふじつぼだんき | 2015/03/30 21:54 | URI | >> EDIT

Re: ふじつぼだんきさんへ

> この人って突っ込み気味の上に、割とハネたビートっていう
> のも感じますね。特に一期の若かりし頃とか。ストレートな
> ビートに無理やり音符を押し込むようなフィルがカッコいい。

もう、仰る通りでございますm(__)m
もの凄く乱暴な言い方をすると、全部シャッフルに聞こえる(笑)
あのノリが無ければ、Deep Purpleで無いと言っても良いほど
個性が有りますよね。

> ところで、動画の人、笑わせていただきました。完全に
> フロントマン食ってますよね。しかし、これやりながら全く
> リズムが狂わないのもスゴイですわー。ある意味むっちゃ
> ウマイのかも知れません…。

ドラマーには向いていなかったのかも知れませんね。
ギターやボーカリストが良かったのかも?(≧∀≦*)

見直すと、何度でも笑っちゃいます(;^_^A

| たいちょ | 2015/04/02 10:18 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1105-b1137da5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>