<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【石油ファンヒーター】トヨトミLC-32AFのエラーコードE-0を自分で解決する

※このページ全般に言えることですが、記事を信用して何かを行う場合は自己責任でお願いします。

父が「石油ファンヒーターがすぐ止まってしまう」と言う。
すぐに行って私が電源を入れてみると、5分程度で止まってしまった。
エラーコードは〝E-0〟で、「フィルターが詰まっていますよ、このままじゃ危険だからエラー出してストップさせますよ~」ということだそうだ。

父はきれい好きなので、年中掃除をしているせいか、ほとんど埃は無い。
しかし「フィルターが詰まってますよ」と言われたので、早速吸入口周辺を清掃。
細かい網も外して、清掃。
清掃と言っても、本当にほとんど埃は無い。

スイッチオン。
また同じ。
今の段階で出来ることはもう無いので、ネットで調べることにした。
と、低温で動作させると内部清掃が出来るらしい。
最低の温度設定で動作させてみた。

おっと、今度はストップしない。
そのまま20分ほど動作させ、一旦止めてから17度設定にしてオン。
やっぱり止まった。
そういうことでは無いらしい。

またまた検索すると、こちらのページに良い情報が有りました。
この方は3年未満という保証期間内だったので、対策部品を付けてもらったらしいです。
え? 対策部品??
要するに裏の部分にフィルターを新規に付けてもらったようです。
だってこのファンヒーター、フィルターと言えるようなフィルターは付いていないんですよ。
この構造だと、内部にガンガン埃が入ってしまいますよね。
これ、父の家だから5年もエラーコード出なかったけど、掃除嫌いの家だったらすぐ出ると思いますよ。
対策部品が有るということは有る意味欠陥が有る商品と言っても良いと思うし、普通はリコールでしょ、これは。

ネット検索してもリコール対象にはなっていないようで、しかしメーカーを呼んで出張費だの新規にフィルター設置だのを払ったら、もう1台新しいファンヒーターが変えてしまいます。
昨年嫁が空焚きしたストーブを直した延長で、今回も自分で分解することにしました。

結局、こういうことだと思ったんですよ。
〝E-0〟のエラーコードは、フィルター詰まり。
でもフィルターはキレイ。
だったら内部の埃に反応しているしかないでしょうと。
これは、エラーコードが正しかった場合に限られますけどね。
必ずしもエラーコードが正しく出るとは限りませんので。
パソコンと一緒ですね(^-^;

分解してキレイに清掃し(でもたいして汚れていませんでした)、組み直してスイッチオン。
予想通り、直りました。
もうエラーは出ません。
(分解は、基本的に同じ形状のネジで何ヶ所か止まっているだけですから簡単。プラスドライバー1本でOKです。掃除の際に静電気がおきないようにお気を付け下さい。それと、必ず電源コードは抜いて行うこと)

よく友人のパソコンが遅くなったと連絡を貰い、勿論HD内の点検もするんですが、ケースを開けて中の埃をキレイに取り去るだけで、かなり速さが戻ったりします。
石油ファンヒーターも(思ったよりは)結構ゴチャゴチャと配線がしてありますから、埃に弱いのかも知れませんね。
「フィルターの自作」というのも考えたんですが、私ではなく父の部屋で使っているので、それは次回に持ち越します(何か有っても困りますから)。

これ、メーカーさんの方で何とかして欲しい問題ですねぇ。
関連記事


| 生活 | 23:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ファンヒーターの使用方法について

前略 御免ください。突然変な質問を送付し、恐縮です。
事情がありまして、トヨトミ制のファンヒーターを使うことになりました。
使用説明書等何にもなく、時刻合わせ、タイマーセット等どうすればいいかわかりません。
変な質問で恐縮ですが、御教授いただければ幸いです。お忙しいなかよろしくお願いいたします。

| 中嶋 晴己 | 2016/01/29 21:53 | URI | >> EDIT

Re: ファンヒーターの使用方法について

中嶋さんへ

> 使用説明書等何にもなく、時刻合わせ、タイマーセット等どうすればいいかわかりません。
> 変な質問で恐縮ですが、御教授いただければ幸いです。お忙しいなかよろしくお願いいたします。

型番が解らないので何とも言えないのですが、トヨトミ製品の取説がダウンロード
出来ますので、そちらのページからお使いの型番の取説をゲットして頂き、見て
頂くのが一番早いかと思います。

http://www.toyotomi.jp/products/old_products01/

すぐ見付かるといいですね(^^)

| たいちょ | 2016/01/29 22:31 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1103-537e72b3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。